カープドラ1は明大・森下くんを公表!ライバルはDeNA??

カープドラ1は明大・森下くんを公表!ライバルはDeNA??

 広島が16日、都内でスカウト会議を開き、17日に開催される「2019年プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD」(17時開始)で明大・森下暢仁投手(22)を1位で指名することを公表した。佐々岡真司新監督(52)が即戦力投手の獲得を要望し、球団も賛同した。競合した場合は佐々岡新監督がクジを引く。2種類の勝負パンツで一世一代の大勝負に挑む。 スカウト会議終了後の午後5時18分、佐々岡新監督がドラフト1位を公表した。明大・森下と、大船渡・佐々木が1位候補に挙がる中、「自分の意見を聞いていただきまして即戦力のピッチャーで行くことになりました。明治(大学)の森下君で行きます。高校生にも素晴らしいピッチャーがいますけど、森下君で行きたい」と公言した。

情報源: 広島・佐々岡監督 明大・森下を引き当てる 大学ナンバーワン右腕の1位指名を公表

しかし、1年というのは早いもんだねぇ。緒方監督が小園を引き当てた去年のドラフトから1年。ついこの間のような気がするけどな、まぁ歳をとるたびに1年が短く感じるってのは本当よ。若者諸君はぜひ今を大切にしてほしい。人生、あっという間よ。

カープのドラ1は高校生の佐々木君や奥川君の声もあったけどな、明大・森下君と公表した。

なんでも佐々岡監督の一声で決まったそうで、さすが投手出身の監督だけあって即戦力投手というのが最大の補強ポイントだということを理解している。

今季はとにかく投手一辺倒でいいと思う。以前にも書いたけど薮田や岡田はもうあてにしない方がいい。復活してくれば儲けものくらいで考えておいた方がいい。先発タイプと速球派の投手は何枚でも欲しい。そんな感じだよな。

以前は左腕不足というのもあったけど、床田が出てきて、中村恭平がブルペンで出てきた。塹江にも期待をかけていいだろう。高橋昂也も復活が待たれる。

なのでこのドラフトは左腕補強よりも投手陣の安定化をテーマにする方が、V奪回の近道とアタクシは思う。高卒投手というのは、田中将大のようなスケールの大きい投手でない限り、1年目から戦力というわけにはいかんだろうし、カープの育成方針としても高卒は1年間は3軍で鍛えるのが通例。時間がかかっちまうよな。

その中で大卒の即戦力・森下君を1位というのは佐々岡監督の来季に対する意気込みが伝わってくる。

パリーグはこぞって佐々木くん。ヤクルトは奥川くん。中日は地元・東邦高校の石川くん。巨人・阪神・DeNAが未公表だってな。

森下くんに触手を伸ばしそうなのはDeNA。ドラフト上手というかねぇ、先発左腕タイプをこれまでも何度も一本釣りしてきた実績がある。

今季のドラフト候補生は全体的に小粒感は否めない。なので1位重複という流れになるだろう。ちょっと1本釣りを狙う環境ではないよな。

と、あれば競合覚悟で森下指名というのは十分考えられるよな。

しいて言えば、JFE西日本の河野投手を一本釣りしてくる可能性は捨てきれないけどな。

阪神も公表を避けている。奥川君か佐々木君と競合の度合いによって決めるみたいなムードだよな。

巨人は先発投手が欲しいだろう。野手はよそから取ってくればいいって考えているみてぇだからな。まぁしいて言えば、あとはキャッチャーかねぇ?

いずれにしてもカープが上手く森下君を一本釣りできれば、このドラフトは半分以上は成功だろうねぇ。

あとは下位でいいから、将来の大砲候補を取ってもらいたい。誠也もFAまであと3年位かな?それまでに4番候補を取っておきたいよな。

基本、アタクシはアマチュアはあまり知らんのでこの辺にしておくけどな、とにかくカープのV奪回には投手力の補強が絶対よ。佐々岡監督、競合の時は勝負パンツで頑張ってほしいよな。ま、田村スカウトから大瀬良引き当てた時のパンツ、借りてもいいんじゃねえか?(笑)

にほんブログ村・ブログランキング参加中!ポチッとお願いします!
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
このエントリーをはてなブックマークに追加