新たに3人の戦力外通告。ここから見える来季のカープの戦力図。

新たに3人の戦力外通告。ここから見える来季のカープの戦力図。

 広島は21日、マツダスタジアムの球団事務所で庄司隼人内野手(28)、船越涼太捕手(25)、長井良太投手(20)に来季の契約を結ばない旨を伝えた。 庄司は09年度ドラフト4位で常葉学園橘から入団。入団5年目に初めて1軍に昇格し、プロ初安打は17年10月1日のDeNA戦で放った。広島では10年の現役生活をおくった。来月の12球団合同トライアウトを受ける予定はなく現役を引退する意向。「きのうまで普通に練習をしていた。ここ3年くらいは勝負の年だと思って1日1日を大事にしてきた。悔いはないです」と話した。通算は22試合で1安打、打率・050。

情報源: 庄司、船越、長井と来季契約結ばず 長井は「このままでは終われない」

通常、オフの戦力外通告ってのは2度に分けて発表される。なんでいっぺんにやらんの?選手がかわいそうなんてぇ声も聞こえてきそうだけどな、1度目はフロントが「もう潮時」と判断した選手に下される。

二度目はドラフトでの補強状況でダブついた戦力を調整する意味がある。1度目と2度目では通告を受ける選手の反応も微妙に違う。

二度目の選手にはまだ現役をあきらめきれない選手が多い。その後トライアウトを受けたり、他球団からのオファーを待ったりね、それでもだめなら独立リーグでプレーしながら来期以降のオファーを待つ選手もいる。

今回通告されたのは3人。まずは10年選手、庄司だよな。今村、堂林と同期。故郷静岡のお茶畑を手伝い足腰を鍛えたなんてぇエピソードが紹介されたのを思い出す。指名された時は堂林と庄司がカープの内野の中心と夢を見た。

庄司がプロの水に慣れ、レギュラーを狙うスタートラインに立とうとしたところで菊池が入団、その後に広輔が入団。この辺から1軍への壁がかなり高くなってしまったよな。

同じように2軍でくすぶっていた安部も成長し1軍定着、上本も足と持ち前の明るさを生かして1軍入りと同じポジション争いのライバルたちに後れを取った。特にこれといった特別なアピールポイントのない庄司にとってはなかなか1軍に食い込むチャンスがなかったよな。

もし他球団なら菊池、広輔クラスの選手が入れば、25歳くらいで戦力外となっていただろう。それでもカープは10年、見てくれた。まぁこういうところがカープの良さなんだろうねぇ。

ドラフトで韮澤くんを取れなければ、もう1年となったかもしれん。ルーキーの羽月もいいアピールをしている。まぁこの辺というのは本当に「運」というのもある。それでもプロ生活10年というのはなかなか経験できるものではない。庄司本人は野球をサッパリ諦めるらしいけど、この経験というはきっと財産になるだろう。第2の人生、エールを贈りたいよな。

船越も入団した時と今ではかなりチーム事情が変わってきた。そのとばっちりを受けた感じだよな。石原、會澤の次の候補として入団したわけだけど、やはりこれと言った特徴がないのが弱みになった。その後打撃で高卒の坂倉、中村奨と次々入団。「會澤の後」の席を磯村と争う形になったけど、やはり「打撃」という部分で後れを取ってしまった。

會澤が残留、そして天理大の石原くんを指名できたということで、捕手が溢れてしまった。この辺もドラフトの影響だろうねぇ。

イケメンで女性にも人気があった。まだ25歳。もう現役には未練がないようだねぇ。こちらもエールを贈りたい、頑張ってほしいよな。

長井に関して言えば、カープの割には案外、早く見切った印象がある。この辺、ファンにはわからない何かがあるのかもしれん。

ファームではいい投球をするんだけど、上に上がるとグダグダな印象。同じことの繰り返しといった印象だよな。それとカープの若手には似たタイプの投手が多い。

その中で遠藤、アドゥワの台頭というのが大きいのだろう。この手のタイプでこの二人が勝ち残った印象だし、フロントも別の部分の育成に力を入れていくような方針転換もうかがえる。

年齢が若い分、まだやれるという気持ちも強いだろうし、この年齢での戦力外は受け入れがたいだろう。その反骨精神で戦力外通告をしたカープを見返すくらいのつもりで、頑張ってほしいよな。

まぁこうしてみるとやはりプロの世界は厳しい。毎年のことだけど戦力外通告の時期には改めて感じるよな。

内野陣に関しては、菊池、広輔のあとを曽根、羽月や韮澤といった選手を意識していこうということか?この辺は来季当たり1軍に来る可能性は十分にあるよな。

捕手は會澤残留で坂倉、中村奨成のコンバートも十分あり得る。特に坂倉の打撃はやはり使いたくなるよな。磯村だって内野の練習をしていると聞く。悩ましいよな。

さて、あとは助っ人の補強と、トライアウトでいい選手がいるかどうか?また、トレードなどの動きがあるか?まさかFA戦線に名乗りを上げるってことはないだろうから、補強となるとこの辺に注目だよな。

特にブルペン。ここは結局助っ人頼みになるんだろう。まぁ助っ人はドミニカンで形成するのだろうか?まぁドミニカンの場合は実戦経験という部分では乏しい印象がある。対打者、そしてピンチの切り抜け方、駆け引きなどまで身に着けてマウンドに上がっている印象が薄い。とにかく馬力で勝負といった選手が多いよな。この辺、3Aやメジャーで「経験」のある投手を引っ張ってくるのも手かなぁと。ヘルウェグのパワーも魅力だよな。さて、来季のカープの戦力補強、どうなりますかな?

にほんブログ村・ブログランキング参加中!ポチッとお願いします!
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
このエントリーをはてなブックマークに追加