菊池、ポスティングでメジャーの夢開く。不調ならカープ残留容認でみんな納得!?

菊池、ポスティングでメジャーの夢開く。不調ならカープ残留容認でみんな納得!?

 広島は8日、米大リーグ挑戦を希望する菊池涼介内野手(29)について、ポスティングシステムを利用しての移籍を容認すると発表した。同選手は昨オフの契約更改交渉時に移籍希望を公表。数日前に申請の要望を申し入れ、受諾された。今後は球団がNPBに申請手続きをし、交渉解禁を待つ。 夢の扉が開かれた。この日の午後、広島はポスティングシステムを利用しての米大リーグ挑戦を目指していた菊池涼について、希望を容認すると発表した。鈴木球団本部長は「これまで球団に多く貢献してくれた。彼のチャレンジを尊重したい」と球団を通じてコメントした。

情報源: 菊池涼 メジャー挑戦 ポスティングでの「チャレンジ尊重」 残留も“容認”

 シーズンオフに入った段階で主力のFAラッシュが予測されたカープファンにとってはまさに今回の全員FAせず残留の結果に胸をなでおろしたことだろうねぇ。

 會澤の早々の残留というのが個人的には結構効いている気がするし、まぁ以前にも書いたけどFA資格を得た選手が會澤以外は成績を落としているのも影響しているだろうし、チームもBクラス転落ということだからな、そういったものが絡まっての結果だろうねぇ。

 それと佐々岡新監督のアプローチも影響したんだろう。もし、緒方前監督だったら残留ラブコールなんて粋なことができだろうか?なんて思っている同志も多いことだろうねぇ。

 ただ、FAというのは選手がこれまで頑張って手にした権利。これを誰も行使せずに残留というのはファンや球団はハッピーなんだろうけど、選手にとっては本当にハッピーなんだろうかという疑問は残る。行使せずに残留で複数年契約をしているわけで、ある程度、生涯カープという道を選択はしたけど、複数年契約が切れた時に自分がどんな環境に置かれているかによっては「後悔」する選手も出てくるだろう。本当に難しいよな。

 FAすれば争奪戦が必至であった菊池も行使せず残留。昨オフにはポスティングでメジャーという希望を発表しての今季FA取得になったんだけど、ポスティングは球団が容認しなければ始まらないわけで、もし容認されなければFA行使のニオイも確かに感じられた。このドサクサに紛れて巨人が出し抜く可能性、危険性はアタクシの頭の中にあったし、同じような考えも持っていた同志も多かったと思う。

 それでも菊池は行使せずに残留を発表。まぁこれが菊池のカープに対する「誠意」と球団が受け止めたんだろう。ポスティングを容認することを決めた。非常に大人の対応というかね、お互い感情的にならずスマートに事が運んだよな。

 これはアタクシの想像の域を出ないけど、恐らくかなり早い段階でカープ球団と菊池の間で大体の方向性が出ていたんだと思う。松田元ももともと容認するつもりでいたというコメントを出しているし、球団は容認を前提で菊池と話していたと思う。

 FA宣言の期限が迫りつつある中、菊池はプレミア12の合宿中で球団に電話してみま~すみてぇな感じでね、カープは菊池を手放すのか?もっとちゃんと交渉しろ的な意見も出るくらい、切迫感というか「決めなきゃ」というムードがなかったのをみると、大体、こんな方向性でみたいな話が大筋まとまっていたことを想像させる。

 しかし、丸が昨オフに残留に傾いていたのを巨人に方向転換したように、何が横やりを入れてくるかわからん中、菊池の答えを球団は待っていたんだろう。その答えがまさに「FA行使せず」なんだと思う。松田元もFAを行使しないのはカープに対しての誠意と受け止めた。

 その菊池の誠意に対してカープもきちんと「ポスティング容認」という形で誠意を示した。非常に大人の対応と評価したい。

 個人的にはまだ「ウルトラC」があると考えていた。それはもしポスティングで入札がなかった場合の菊池の所属先。

 不調になれば基本、所属していた球団と再契約というのがこれまでの例。でも、必ず所属球団でなければだめというルールはないはず。そこを突いて菊池をかっさらう球団が出てくるのではないか?そんな心配もしていたんだよな。

 これまでの例で行くとポスティングシステムというのはある意味「選手のわがまま」を球団が聞いてやる的な構図があった。大谷はメジャー志望だったのを日ハムがポスティング容認で強硬指名し入団させたあたりから、少し考え方が変わったように思うけど、その前まではポスティングが不調に終わった選手に対して球団は結構冷たい対応を取っていたと記憶している。

 だから、菊池のポスティング容認をカープ球団が渋々認めたような流れになれば、もしかしたら入札がなかった場合に菊池がカープに戻りづらい環境になったらヤバイと思っていた。それだけに今回のカープと菊池の関係は非常に大人の対応だったことに胸をなでおろしているんだよ。

 入札なしだった場合はカープに戻っておいでというムードで容認できたというのはカープファンにとって本当によかったんじゃねぇかねぇ。

 こういう環境でのポスティングでメジャー挑戦というのは一番いい形だろう。菊池が抜けるのは本当に痛いけど、是非入札する球団が出てきてほしいよな。

 何球団かは目をつけているという話も聞くし、守備だけの選手に手を上げるチームはないだろうという話もある。

 ただ、菊池のあの守備は間違いなくメジャーの球場を沸かせるだろう。アメリカ人は「ニンジャ」が大好き。菊池にあこがれるちびっ子ファンも絶対に出てくるだろう。人気者になると思うよ。

 ようやく温めてきた想いが実現する扉の鍵を得ることができた。菊池にとっていい結果が出てくれることを祈るばかりだよ。

にほんブログ村・ブログランキング参加中!ポチッとお願いします!
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
このエントリーをはてなブックマークに追加