「メジャー移籍が既定路線」を感じさせる誠也の言動と変化

「メジャー移籍が既定路線」を感じさせる誠也の言動と変化

記事「鈴木誠也のメジャー挑戦は“既定路線” 活躍できる要因と不安材料は?」より

情報源: 鈴木誠也のメジャー挑戦は“既定路線” 活躍できる要因と不安材料は?

2月1日のキャンプインを前に自主トレの情報がいろいろ入って来ているねぇ。

昔はキャンプから体作る選手も多かったけど、試合数も増えて開幕が早くなり、おまけに今年は五輪の影響でシーズン中断がある。いつもに増して選手は急ピッチでの仕上げを余儀なくされているよな。

実戦練習が早い段階で組み込まれるようになったよな。この辺もプロ野球の考え方が変わってきたんだろう。第二クールからの実戦を重ねて実戦向きの選手、今季使えそうな選手を見極める方向になってきたよな。

かつてはレギュラー選手と若手の線引きがしっかりされていて、レギュラーの選手には「特権」みたいなものがあった。

カープは比較的現在のように「競争」を意識したキャンプを早い段階からやっていたけどな、やはり高年俸を抱えるチームというのは、なかなかそういうしがらみから抜け出すのに時間がかかっていたよな。

そんなこんなで選手の仕上げもキャンプインの時には完璧にしておかなきゃ乗り遅れてしまう。自主トレに重きを置くようになったのもこのせいだろうねぇ。

去年首位打者に輝いた誠也。もう「カープの4番」ではなく「日本の4番」の看板がつくようになった。うれしい限りだよな。

その誠也も「チーム野間」の一員として充実した自主トレをやっているようだねぇ。高校の後輩の永井や曽根といった若手を引き連れてある意味手本になりながら鍛えているようだねぇ。

カープが強くなったものそういった「生きた見本」が若手まで降りてきて色々と経験や知識をこういった自主トレの場で伝えてきたというのも大きな要因になっているし、黒田さんや新井さんがやってきたことをその時に若手だった選手がその後輩たちに伝授していくという伝統ができつつある。これは非常にいいことだよな。

そんな誠也の数年後の姿をすでに色んなマスコミやファンの間で妄想を膨らませている。これも一流選手になった証だろうねぇ。

かつては東京出身の巨人ファンということで国内FA取得後巨人への移籍という噂が大半を制していた。

しかし、昨秋に行われたプレミア12で誠也自身も周りの見方もどうやら変わってきた。

その時に、アタクシもこんな記事誠也の成長を見ているとFAで巨人入りなんてすごく小さいことのように思えてきた。を書いた。まず本人にこの大会の活躍で「メジャーでもできるのではないか」という自信が芽生えてきたんだろう。アタクシは誠也の契約更改の会見を見て、ピンときた。そう感じた同志も多いんじゃねぇかねぇ?

それと何かと揚げ足をとって巨人入りを印象付けるような報道や意見に対し、遠回しだけど否定するようになった。もちろんカープファンのFA⇒巨人入りというのは丸の例をとってもわかるようにその拒絶反応、アレルギー反応の凄さとうのは十分解っているってのもあるんだけど、それだけではない「何か」を誠也の言動から感じ取ることができるようになった。

その「何か」というのがメジャー挑戦ということなんだろうと思う。

誠也にとっては新たな「目標」「目指すところ」ができた。例年のホークス内川との合同自主トレを「卒業」し、若手を誘い伝えることは伝え,遺すべきものは遺す。かつての黒田さんや新井さんが若手にしてくれたように、誠也もそういった役割を担う自覚というのが芽生えてきたんだろう。そう行動させたのが「目標」に向かって自分が何をすべきかという自分への課題でもあるように思うんだよな。

自分のことだけではなく、チームの為、若手の為に動くことで色々なことが見えてくるだろう。そうした経験もメジャーを目指す誠也にとっては成長の材料みてぇなもんと捉えているだろう。まだまだこの選手は成長しそうだよな。

契約更改も結構時間がかかった。まだ国内FA取るには3シーズン必要。まぁその前にポスティングでという青写真の確認も球団としたんだろうと想像する。カープ球団も了承したのだろう。ここで「メジャー移籍が既定路線」となったんだろう。

そうなれば、誠也自身も今までやってきたことから新たな目標に向けて準備するのは自然なことだよな。プライベートでは結婚をし、自主トレにも変化を求めた。五輪代表にも非常に前向き。すべてのものを自身の成長には必要なことと非常に前向きにストイックに行動しているような印象を受ける。やはり、人間、目標を持つというのは大事なんだなぁと感じたな。

球団も「アフター誠也」に動き始めたよな。来季のドラフトには投手はもちろん「パンチ力のある右打者」獲得に本腰を入れるようだねぇ。まぁ助っ人の選別ももちろんだけど、やはり4番は日本人の右打者ってのが一番しっくりくる。この辺の動きを見ても誠也のメジャー移籍は既定路線になったことをうかがわせるよな。

もう「カープ一筋」で収まるようなスケールではなくなった。ちと、寂しい気もするけどな、やはり誠也がメジャーで活躍する姿ってのは絶対見たいよな。

今季の誠也にも目が離せない。楽しみだよな。

にほんブログ村・ブログランキング参加中!ポチッとお願いします!
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
このエントリーをはてなブックマークに追加