やっぱり若い投手を潰せなかったカープ打線。龍馬の一発を参考に。

やっぱり若い投手を潰せなかったカープ打線。龍馬の一発を参考に。

 「巨人3-2広島」(23日、東京ドーム) 広島の西川龍馬内野手(25)が先発の戸郷から七回に右翼席へ特大弾を放った。

情報源: 広島敗戦も西川のバットは好調 特大の今季1号ソロ「ミスショットせずに」

やはり巨人戦というのは気合が入る。twitter仲間から無観客なのに東京ドームはうるさい。実況アナもうるさいという苦言のツイートが多かった。気合入れてみているのに耳障りだよな。だからアタクシは音消しで見ている。特に巨人戦はね。

せっかく音消しで見ているのだが、我が家にはもう一人うるさいのがいる(笑)。5歳の息子なんだけど、とにかくおしゃべり(笑)。その日観たアニメや読んだ漫画なんかを何度も見ているうちにあらすじ、セリフまで覚えちゃう。その説明を永遠とやってくる。こっちは野球観ているのにその目の前に来て「あのね、きょうね、鬼滅の刃の7巻でね…」と始まる。まぁ生返事でもして聞いているふりをして心は野球なんだけどな(笑)。

さて巨人戦。一つ負けると連敗した昨季の開幕直後の苦い経験から、カープがどういう戦いをするのか?そして初対戦の戸郷を「顔」で潰すことができるのか?昨日の記事一つ負けた後、どうするか?が開幕ダッシュのカギになる。打線が巨人若手先発陣に襲い掛かって潰すべし。で懸念を書いたんだけど、残念ながら悪い方向の予感が当たってしまった。こういうのを繰り返していけば万年Bクラスに転落していく姿が目に見えてくる。

確かに戸郷は先発ローテに入ってくる投手らしくいい投球を見せてくれた。相手がよすぎた。そういう同志もいるだろうねぇ。

でも、優勝するためには、こういう若いのは最初に叩いておくことが肝心。なんか中学生の1年生イビリみたいだけど、目の上のたんこぶは負けられない戦いになる前に少しでも多く取り除いておいた方がいいに決まっている。この日の好投で巨人ベンチもカープ戦で使える。となるだろう。次は叩き潰してほしいもんだよな。

戸郷対策なのか、菊池が開幕からノーヒットだからなのかよくわからんけど、スタメンは安部が2番、菊池8番。この2番に安部が起用された意図がよくわからん。まぁあれだけバットに当たらんということは戸郷対策ではなかったことが証明されたわけだけど(笑)

今季初スタメンで張り切りすぎたのかわからんけど、何でもかんでもバットを出していた。あれじゃぁ戸郷はラクよ。

むしろ「顔」で戸郷を潰すのなら2番菊池の方がよかったかもな。まぁ結果論だけど。

試合は岡本のタイムリーで先制されるもカープがノーヒットで同点。しかしそのあとは戸郷にまんまと抑えられた。情けない話よ。

戸郷がカープ打線を手玉に取るのを横目でみていたジョンソン。5回炭谷に粘られた後、自ら崩れてしまったよな。

この試合、スタメン起用の選手が明暗を分けた。巨人は1番に若手の北村を起用。左のジョンソン対策といったところか?しかし、北村はタイムリーを打つ前は完全にジョンソンに手玉に取られていた。外角のチェンジアップにはタイミングが合わなかった。あそこに投げていれば絶対に当たらんかったと思う。

ただ打たれたのは真っすぐ。炭谷に粘られてカリカリ来ていたのかもな。待っていたストレートを見事に打ち返した。結局原監督のスタメン起用に応えた形になった。

片や2番に起用された安部はピーゴロと2三振で3タコ。この違いが勝敗を分けたようにも思える。

さて、話を対戸郷に戻そう。

まずはスライダーが非常にいい投手。内に真っすぐ、外にスライダーとこのコンビネーション。シンプルなように見えるけど、真っすぐのスピード、キレ、スライダーのコントロール、キレは抜群だった。抑えられても仕方ない。と、言ってしまえばそれまでよ。

アタクシはカープのV奪回を願っている。なので、それを前提にこんな野球をしていたんでは…と思うゲームやプレーに関しては批判させていただく。

何度もいうけど、こういう若手が出てきたときには早めに「潰さなきゃダメ」よ。その潰し方は色々あるけど、カープ打線が戸郷に放つ「オーラ」というものが全く感じられなかった。「どんな投手か?」探り探りやっていた。これでは相手にナメられるのがオチよ。

練習試合だったけどルーキーの森下がソフトバンク戦でつかまったよな。ソフトバンク打線の鋭い振りや、ボールの見逃し方一つでも「威圧感」があった。さすがの森下もコントロールが甘くなり痛打されていた。さすが連続日本一のチームよ。「顔」で潰すというのはこういうこと。カープにはこういうのがない。

ようやく「顔」で戸郷を引きずり下ろしたのは7回。龍馬の一発だよな。

打った瞬間それとわかる豪快な一発。それでも龍馬はニコリともせず「へっ こんなもんよ」(みのもんた風に)みてぇな態度で1塁方向へ歩き始めた。この一発で戸郷の投球内容がガラリと変わったよな。

これまでスライダーに翻弄されていたメヒアがそれを見極め始める。腕が振れなくなり、キレが落ちた。龍馬に真っすぐを完璧にとらえられたので、それを投げるのも怖かっただろう。會澤にも真っすぐをはじき返される。明らかにこれまでの内容と変わっていたよな。

こういう攻撃をせめて打順二廻り目くらいから仕掛けてほしかった。こういう野球ができるチームが優勝できるチームよ。龍馬には助演男優賞を贈りたいね(笑)。

さて、これで連敗。何とかここらで止めておきたいし、巨人が突っ走るのも止めたいよな。

先発は九里。練習試合では内容が良かったので期待したい。気合入りまくりで巨人打線を抑えてほしいよな。

菊池のノーヒットばかりが目立つけど、メヒアも完全に打撃が狂っている。開幕スタメンは手にしたけどな、今シーズン、このメンバーで戦っていくってのはまだこれから作り上げていく部分が多い。色んな選手を使って形を作っていってほしいよな。

にほんブログ村・ブログランキング参加中!ポチッとお願いします!
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
このエントリーをはてなブックマークに追加