2020年キャンプ

2/3ページ

遠藤・山口は残念な紅白戦。味方のミスも抑えなきゃ「信頼」は得られない

 「広島紅白戦、紅組-白組」(9日、天福球場) 今キャンプ初めての紅白戦が行われ、白組の先発だった遠藤淳志投手は2回4安打4失点(自責点1)。紅組の先発・山口翔投手も2回3安打3失点だった。 情報源: 広島・佐々岡監督「ちょっと残念」期待の遠藤、山口が打たれる いよいよ紅白戦が始まったよな。ここから沖縄に行ける選手が選別されてくる。若手にとってはとにかく結果を求められることになるよな。 大体、紅白戦やオープン戦の初戦というのは今シーズン期待のかかっている投手が先発したり登板する。 となれば、この […]

ミスター赤ヘルが闘病生活からの復活!とにかく元気になってよかったよ。

 元広島監督の山本浩二氏(73)が7日、ぼうこうがんと肺がんの手術を受け、闘病していたことを明らかにした。宮崎市で行われている巨人のキャンプ地を訪れ、取材に応じた。山本氏は昨年4月16日に鹿児島で行われた巨人-広島戦のテレビ中継で解説を務めて以降、体調不良のため長期療養していた。今後は野球解説者として復帰する見通し。 山本氏が公の場に姿を見せるのは、昨年4月16日・巨人戦(鹿児島)のテレビ中継で解説を務めて以来だ。マスク姿で巨人のキャンプ地に到着。原監督らと談笑した後に取材に応じ、体調不良で長期 […]

若手アピール明暗。小園は失敗を一発で取り返す。期待の遠藤、山口は…!?

 「広島春季キャンプ」(5日、日南) 今キャンプ初めてのシート打撃が行われ、小園海斗内野手は、1本塁打を含む1安打2四球だった。 情報源: 広島・小園 失策直後に本塁打 初シートで正遊撃手争いへアピール 春季キャンプも第一クールが終了。昨日は実戦形式の練習のボリュームが増えてきた。結果が出たもの、そうでなかったもの、課題を見つけたもの、見失ったもの、様々だろうねぇ。 まずは開幕ローテを狙う20歳コンビ、遠藤と山口。以前にも書いた遠藤と山口。森下と並んで未来の「トリプルエース」を狙え!けど、大瀬良 […]

ピレラ評価急上昇でし烈なサード争いは見もの。プリンスは今季も迷走の予感。

 広島の新助っ人・ピレラ(フィリーズ)は、本格挑戦する三塁守備に首脳陣から高評価を与えられた。初日から4日連続で三塁に入り、安部、メヒアとノックを受けた。全力での送球は控えているものの、目立ったミスもなく軽快なグラブさばきを披露。 情報源: 広島 新助っ人・ピレラ、三塁いける!高ヘッド高評価「足さばきがいい」 – スポニチ Sponichi Annex 野球 我が家は妻の方針で家にテレビが1台しかない。子供が小さい頃は問題なかったけど、最近大きくなってきて自己主張をするようになった。 […]

遠藤と山口。森下と並んで未来の「トリプルエース」を狙え!

 「広島春季キャンプ」(2日、日南) 遠藤淳志投手(20)が、フリー打撃の打撃投手に登板し、収穫を口にした。 情報源: 広島・遠藤「差し込んでいるボールあった」フリー打撃で収穫  昭和の黄金時代の投手と言えば、北別府、大野、川口といったエース級の先発投手に若手が絡む。長富、佐々岡、金石といった感じ。  平成の3連覇はジョンソン、大瀬良、野村とタイトルホルダーの面々に薮田、岡田、九里といった面々が絡んできた。  Bクラスに低迷していた時代は絶対的エースはいるけど次が続かない。エースが投げて勝って次 […]

球春到来!佐々岡監督「一体感」を感じさせるスタート。岡田の変化に中継ぎでブレイクの予感!?

 「広島春季キャンプ」(1日、日南) 春季キャンプ初日を迎え、練習前に歓迎セレモニーが天福球場のグラウンドで行われた。選手、首脳陣全員が参加。新入団選手の紹介では、注目のドラフト1位・森下暢仁投手(22)=明大=の名前が読み上げられると、スタンドは大きな拍手に包まれた。 情報源: 広島 佐々岡監督が決意表明「今年は必ずチャンピオンフラッグを」  さぁて、いよいよ球春到来。2020年シーズンのキャンプが始まったよな。  昨季は4連覇の声も大きかった中でのスタートだったけど、今季はBクラス転落からの […]

スプリングじゃなくてスクリーニングキャンプが佐々岡流!?

 広島は2月1日から始まる春季キャンプの1、2軍の振り分けを発表した。1軍は日南から、2軍は沖縄から、それぞれスタートする。振り分けは下記の通り。 【1軍】 情報源: 広島ドラ1森下、ドラ2宇草は1軍スタート キャンプ1、2軍振り分けを発表 さて、とうとう2020年のキャンプが明日から始まるよな。 昨季はポストシーズンに出場できなかったんでオフが長く感じた同志も多いだろうねぇ。まぁ昔は毎年こんな感じだったけどな、強くなったカープを見てファンになった同志には本当に長いオフだったろうねぇ。 佐々岡新 […]