塹江敦哉

残塁地獄からカープを救ったプリンス。初物づくしで連敗脱出!!

 「広島6-3DeNA」(8日、マツダスタジアム) 鯉のプリンスが試合を決めた!広島は逆転勝ちで本拠地初勝利、連敗を4で止めた。1点ビハインドの八回に堂林翔太内野手(28)が値千金の満塁弾をバックスクリーンへ運んだ。自身6年ぶり2本目のグランドスラムで、試合を決めた。打率・415で首位打者にも躍り出た背番号7が、バットでチームをけん引していく。 情報源: 堂林しびれる大仕事!逆転満塁弾 カープ連敗ストップで今季本拠地初勝利 今日は仕事休みなんでゆっくり起きた。これから出かけるのであまり時間がない […]

さすがの大瀬良。打線に欠ける「つなぎ」の意識。開幕に影響が出そうな13連敗。

 「練習試合、オリックス-広島」(5日、京セラドーム大阪) 広島の大瀬良大地投手(28)が5日、先発した。直球とカットボールを軸に打者15人に対し、70球を投げ被安打2。6三振を奪い、4回無失点に抑えた。 情報源: 広島・大瀬良、開幕へ順調4回無失点 四回無死一、二塁から3者三振!  ずっとオリックスの攻撃を見ているかのような試合だったよな(笑)。とにかく打線が淡白すぎる。野間も相変わらずチョンボ(牽制死)やらかしているしな、困ったもんだよな。  逆にこの試合は投手の方をじっくり見ることができた […]

決まらない「勝ちパターン」。大抜擢や発想の転換で突破口を。

 広島の塹江敦哉投手(23)が31日、マツダスタジアムで行われた集合練習に参加し、直球を軸にブルペンで51球を投げた。「良くはなっていると思います」と納得の表情を浮かべた。 オープン戦は6試合で防御率1・23と安定感を発揮。初の開幕1軍入りが近づいている。「七、八、九回とか勝ちパターンで投げられれば。信頼を勝ち取りたい」と意気込んだ。 情報源: 広島・塹江、納得の51球「勝ちパターンで投げられれば」勝利の方程式入り狙う  「勝利の方程式」が決まらないよな。他球団はどうかわからんけど、現状のブルペ […]

エルドレッド、お疲れさまでした。でも、きっとまた帰ってくるよね??

 「広島-ヤクルト」(15日、マツダスタジアム) 昨季まで広島でプレーしたブラッド・エルドレッド氏(39)が五回終了後にグラウンドに登場。真っ赤に染まるスタンドからは大きな声援を送られた。 情報源: エルドレッド氏が家族とともにグラウンドへ 愛妻と4人娘もかわいすぎるダンス まずはさ、昨日の試合を振り返ろうかねぇ。2位争いをしている最中、7連戦で先発の谷間。まぁ上位に上がるということならば、たとえ谷間だろうが何だろうが勝たなきゃならん。残念ながらマウンドを託された塹江にしても、レグナルトにしても […]

追い上げムードも継投失敗で大敗。疑問が残る「総動員」宣言。

 「中日10-4広島」(25日、ナゴヤドーム) 広島が今季5度目の二桁失点で逆転負けを喫し、2カードぶりの負け越し。3位転落となった。 情報源: 逆転負けで3位転落の広島・緒方監督「総動員で戦っていくしかない」 昨日も仕事で観戦できず。一瞬だけね、2-6から4-6まで追い上げた場面だけ観ることができた。まぁあの場面でせめて1点差にしておきたかったよな。3連覇中なら間違いなくそれができたと思うが今季はそれができない。逆転勝ちが減った要因でもあるよな。 まぁその前の6回にも満塁のチャンスがありながら […]

若手投手陣がメロメロで敗戦。カープは投手育成が上手いのか?下手なのか?

 「広島4-8ヤクルト」(22日、マツダスタジアム) 広島・佐々岡投手コーチが山口の2軍降格を明言した。 情報源: 山口が2軍降格 2回3失点KOで佐々岡コーチ「1軍マウンドは難しい」 このヤクルトとの3連戦、先制を許すも中盤以降に追いつきひっくり返すという打撃戦のムードが漂っていただけに、雨天コールドというのはなんとも消化不良な感じの試合だったよな。あのまま試合を続行していれば最後の最後までわからない展開になっていただろうねぇ。 3タテは免れたいヤクルトはライアン小川が先発。カープは2年目の山 […]