會澤翼

1/2ページ

カープらしさで逆転勝ちも気になる大瀬良の不調とベンチの消極性。

 王者復活を予感させる大逆転だ。2点を追う8回、松山の適時二塁打で1点を返し、なおも1死三塁。会沢がマシソンの直球を高々と右翼に打ち上げた。鯉党の歓喜がとどろく9号逆転2ラン。選手会長は「久しぶりにグ 情報源: 【広島】大瀬良が最短4回KOも0―5から逆転 4位浮上でV4諦めない 巨人先発は菅野。こっちはとりあえずエースの大瀬良。試合開始から連打を食らい菊池のトンネルで先制を許した。この瞬間、「こりゃ 今日もダメか…」なんて呟いた同志も多かっただろうねぇ。とにかく点の取られ方が悪い。エースとされ […]

クリスくん、成長したね!打線も組み換えが大当たり!しびれたレグナルトのピンチ脱出。

広島先発ジョンソン投手が粘投でチームトップタイの6勝目を手にした。小雨が降り続ける中、2回まで2点を失った。それでも不満を態度に出すことなく、3回以降は我慢の… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com) 情報源: 広島ジョンソン、小雨我慢し6勝「攻撃陣のおかげ」 – プロ野球 : 日刊スポーツ 毎週日曜日はスマホ観戦。東京は好天だったけど、仙台は雨模様。  降りしきる雨の中、ジョンソンのしかめっ面が頭に浮かぶ。案の […]

野村は大量点で気が抜けた?8回の會澤の一発が強さの象徴。

 広島打線が先発野手全員、今季最多となる16安打の猛攻で8点を奪い、乱打戦を制した。 情報源: 【広島】今季最多の16安打8得点で乱打戦制す 球団記録に迫る月間17勝  まぁそれにしても神宮球場ってのは本当に荒れる試合が多い。昨夜の東京は台風でも近づいているんじゃねぇかってくらいの天気。風が猛烈に吹いたかと思えばピタリと止まり、止まったかと思えばまた突風が吹く。外野手はやりづらかったんじゃねぇかねぇ。  とは言え、やはり野村には猛省を促したい。序盤の2イニング連続の9人攻撃で非常にいい点の取り方 […]

大瀬良、キレッキレの魔球で91球完投!9連勝目はチームみんなでささげた弔い星。

 広島が2年ぶりの9連勝を飾った。緒方監督の父・義雄さんが84歳で死去したため、高ヘッドコーチが監督代行を務めた特別な一戦。エース・大瀬良はアクシデントにも動揺せず、6者連続を含む8奪三振を奪い、今季 情報源: 【広島】父他界で緒方監督不在も9連勝 大瀬良が6連続K&91球で完投  まずは緒方監督のお父様が他界されたとのこと。心よりお悔やみ申し上げます。  アタクシは緒方監督と同い年。アタクシの父も今、大腸や肝臓にがんが見つかり入院生活を送っております。仕事のあと母を連れて車で40分のところまで […]

ナイスゲームで7連勝。「優しいエース」の完封劇におじさん、涙がホロり。

野球情報満載デイリースポーツ/大瀬良「しびれました!」5年ぶり完封で7連勝に導く 情報源: 大瀬良「しびれました!」5年ぶり完封で7連勝に導く/デイリースポーツ online アタクシは野球の試合展開で一番好きなは終盤まで0-0や1-1といったロースコアの試合。イニングが進むにつれて一つのミスも許されない緊張感ね、これが守備の好プレーを生んだり、1点の重みというかねぇ、一人ランナーが出ただけで湧き上がってくるワクワク、ドキドキが堪らん。2時間36分があっという間に過ぎていった。そんなゲームだよな […]

様々な「意地」見せつけてくれた大瀬良の好フィールディング。長野も「ネバ・ツナ野球」に馴染んできたかも。

広島大瀬良大地投手が7回を宮崎の本塁打による1点に抑え、サヨナラ勝ちを呼び込んだ。5回表1死二塁では好フィールディングでピンチを脱出。ソトへの7球目が暴投とな… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com) 情報源: 広島大瀬良が執念、暴投も自ら拾い走者を本塁で刺す – プロ野球 : 日刊スポーツ すいません。今朝アップつもりでしたが手違いでアップされてませんでした(汗)すでに今日の試合は終了しましたが、この記事は4月 […]

松山、會澤に待望の一発!!今、カープが勝つにはこれしかない。強力下位打線が帰ってきたゾ!

野球情報満載デイリースポーツ/松山「とにかく気合で」3戦ぶりスタメンで1号2ラン 情報源: 松山「とにかく気合で」3戦ぶりスタメンで1号2ラン/デイリースポーツ online プロ野球選手ってのは開幕してからヒットが出ねぇと「もしかしたら今シーズンずっと打てないのでは?」と大きな不安に駆られるって話はよく聞くよな。 好きな娘にふられて「オレ、もうこの先恋なんてできないんじゃないか!」ってのと似とる(似てねぇ~(笑)) 第二打席でようやく今シーズン初ヒットが生まれたかと思えば、次の打席ではある意味 […]