薮田和樹

1/2ページ

赤松も引退。ベテラン選手の処遇で感じる「温もり」の温度差。

 広島は7日、赤松真人外野手(37)が今季限りで現役を引退すると発表した。25年ぶりのリーグ優勝に貢献した16年のオフに胃がんが見つかり、翌17年1月に手術を受けた。1軍復帰を目指してきたが、今季を含め3年間、1軍出場は果たせなかった。22日の中日戦前に記者会見を開いて思いを伝える。また、同戦が引退試合となり、試合後にはセレモニーが行われる。 6日に37歳の誕生日を迎えた赤松が、現役生活に終止符を打つ決断を下した。胃がんを克服して戻ったグラウンド。今年1月の自主トレでは「戦力になれないのなら、コ […]

緒方監督とラミレス監督の「勝負勘」の差が順位の差。そう感じた8回裏。

 「広島2-3DeNA」(1日、マツダスタジアム) 広島が痛恨の逆転負けを喫し、CSの本拠地開催が危ぶまれる事態に陥った。CSでも対戦する可能性のある天敵・今永にこれで6戦5敗。2位・DeNAとのゲームは3・5に開き、4位・阪神には2差に迫られた。残り17試合。希望の光をつないでほしい。 情報源: 緒方カープ 天敵対策に右打者並べるも逆転負け 指揮官「悔しい試合」 4位阪神と2差 とうとうやってきた「勝負の9月」。 残念ながらカープは8月も13勝14敗と負け越し。7月も11勝12敗と負け越し。夏 […]

若手投手陣がメロメロで敗戦。カープは投手育成が上手いのか?下手なのか?

 「広島4-8ヤクルト」(22日、マツダスタジアム) 広島・佐々岡投手コーチが山口の2軍降格を明言した。 情報源: 山口が2軍降格 2回3失点KOで佐々岡コーチ「1軍マウンドは難しい」 このヤクルトとの3連戦、先制を許すも中盤以降に追いつきひっくり返すという打撃戦のムードが漂っていただけに、雨天コールドというのはなんとも消化不良な感じの試合だったよな。あのまま試合を続行していれば最後の最後までわからない展開になっていただろうねぇ。 3タテは免れたいヤクルトはライアン小川が先発。カープは2年目の山 […]

1軍選手をファームに落とす意味ってのは色々。さぁ今日から交流戦最下位攻防じゃ!

野球情報満載デイリースポーツ/鯉投大シャッフルで反撃じゃ 交流戦初カード勝ち越し&最下位脱出へローテ再編 情報源: 鯉投大シャッフルで反撃じゃ 交流戦初カード勝ち越し&最下位脱出へローテ再編 /デイリースポーツ online SNSを見てっとさ、色々なご意見を拝察できる。中には「うむぅ…」と思わず唸ってしまうものもあれば、突拍子もないアイデアのものもあるし、思わず笑っちまうものもある。 野球というのは奥が深い。そして野球というのはプレイするというのももちろん楽しいんだけど、傍らであぁでもねぇ、こ […]

床田は疲労が原因かな?相手が「カープ打線は怖い」と思っているのは何故なのか?思い起こしてみたらどうだろう?

野球情報満載デイリースポーツ/まさか5被弾…床田「野球人生で一番」ショック 緒方鯉3連敗…投壊7被弾 情報源: まさか5被弾…床田「野球人生で一番」ショック 緒方鯉3連敗…投壊7被弾/デイリースポーツ online 昨日のゲーム。楽天の一発攻勢を前に思わずお茶の間から腰を上げた同志も多かったんじゃねぇか? お父さんは煙草を買いに、お酒を買いに、お母さんは洗い物や洗濯物取り込んだり、お兄ちゃんは普段しねぇ勉強でもしたかもしれん。おねぇちゃんはスマホの画面とにらめっこ(笑)。目の前に起こっている事態 […]

ブルペンデーよりも若手にチャンスと経験を。

 平成も残り4日となった。新元号「令和」を目前に控えた26日、様々な球団が新元号に向けての思いや意気込みを示した。広島は新元号初戦の1日、阪神戦(甲子園)がブルペンデーになる可能性が浮上した。 情報源: 【広島】令和初戦は「ブルペンデー」で先発駒不足解消  いよいよ今日から12連戦。通常土日は仕事でスマホ観戦だけどな、今日からは神宮ということでナイトゲーム。アタクシにとってはありがてぇ話よ。  12連戦ともなるとどこのチームも先発投手をどうすっか?ってのに頭を悩ませる。  今日のネット記事ではカ […]

先発候補後揃ってグダグダ。このままでは4連覇はありえない。2/21 練習試合阪神戦

 先発した広島・九里亜蓮投手(27)は、2回2失点。初回に3与四球と制球が定まらず、2死満塁から亜大の後輩・木浪に右前に2点適時打を許し、反省の多いマウンドとなった。 情報源: 広島 先発の九里2回2失点…初回に3与四球「反省すべき点を修正していきたい」 – スポニチ Sponichi Annex 野球 21日の阪神との練習試合。阪神ファンのマスターが経営する居酒屋さんにお邪魔して、カープと阪神の戦力分析を兼ねて録画してもらったものを観戦。まぁ飲みながらなので最後の方の記憶はぶっ飛ん […]