西川龍馬

1/4ページ

バティスタショックを吹き飛ばせるのは誰か!?メヒアに期待。そして…!?

 「DeNA-広島」(17日、横浜スタジアム) 2度目の先発をした広島・モンティージャが2回を52球、被安打4、5失点でKOされた。 情報源: 広島・モンティージャ2回5失点KO「ホームランがあるので」と警戒の筒香から本塁打 床田が抹消されて2度目のチャンスを与えられたモンティージャ。先頭の大和を打ち取ったはいいけど、その後筒香から痛烈なピッチャー返しが腰のあたりにぶつかった。まぁあれからリズムが狂った。それと前回登板時も感じたけど、セットポジションでの制球力、球のキレ、この辺がやはり落ちる。こ […]

大瀬良、貫禄の完投勝利!龍馬・安部の一発を見てふと感じた「なぜ長野を使わないのか?]

広島安部友裕内野手の6号ソロが貴重な中押し点となった。3-2の6回。DeNA2番手武藤の真っすぐを捉え、右翼席に運んだ。「バッティングカウントだったので思い切… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com) 情報源: 広島安部スタメンで中押し弾「思い切っていこうと」 – プロ野球 : 日刊スポーツ 残り30試合くらいでAクラスにいると他球場の経過ってのが気にかかる。いよいよペナントレースも最終コーナーに差し掛かった。「 […]

真夏の9連戦の初戦は快勝!失敗を取り返す仲間の姿って勇気が沸くよな。

 広島・松山竜平外野手(33)は2点劣勢だった3回2死一、二塁でカウント1―1からの内角のカットボールを右前適時打とした。 情報源: 広島・松山 痛恨の後逸取り返すタイムリーで1点差「気持ちで打った」 – スポニチ Sponichi Annex 野球 昨日はピースナイター。原爆投下から74年。もう当時を知る方も少なくなって、この悲惨な、そして、忘れてならない出来事をこれからも伝えていくのは大変なこと。毎年、8月6日にはこうしてピースナイターと称して継続することも大切なことだろうねぇ。 […]

バティスタのパワーとクレバーさに脱帽。西川龍馬に1番打者の適性を感じたセーフティバント

 「広島-阪神」(2日、マツダスタジアム) 広島が六回、バティスタの満塁弾などで、阪神・先発の高橋遥をKOした。 情報源: バティスタ、満塁弾で阪神・高橋遥をKO 西川適時打で一挙5点 カープってのは昔から左の本格派を苦手としてる。古くは中日の今中さん、先発やっていたころの阪神能見、今ではDeNAの今永あたりは全く打てそうにない(笑)。 昨日の阪神先発、高橋遥人も恐らくカープが打てなさそうな投手。前回の甲子園では三振の山を築かれたのは記憶に新しい。 とにかく真っすぐの質がいい。その真っすぐを中心 […]

三連覇の「顔」で逆転勝ち!!逆転Vへの道、カギは阪神戦か!?

 月が替わってもツキは変わらない。広島が緒方監督の積極采配で4カード連続勝ち越しに成功した。首位・巨人に4ゲーム差は、7月2日以来の接近となった。「作戦(のこと)はいいよ。でも、切り替わったサインの中 情報源: 【広島】緒方監督の積極采配で4カード連続勝ち越し…巨人に4ゲーム差 追われる身というのは本当にしんどいと思う。それも1チームではなく2チームとなると上にいるチームは気が抜けないよな。 「夏場の戦い」。梅雨明けしてから猛暑が続く。もしかしたらこの辺も大きく影響してくるかもしれんよな。温室育 […]

菊池はいったいどんな「打者」を目指しているのか?飲んだらいっぺん聞いてみたい。

 「巨人-広島」(31日、東京ドーム) 広島が初回に1、2番コンビの一発で先制点を奪った。 情報源: 初回先頭打者から2者連続本塁打、西川10号、菊池涼7号 球団では27年ぶり 昨夜は外出していて試合が観れたのは本当に最後の最後だけ。フランスワが火消し+クローザーで締めた。どうだろう?フランスワの使い方ってのは今後もこういう場面が増えそうだよな。 あまり使いすぎて勝負の9月にバテるなんてぇことにならんといいけどな。 試合はプレーボールからいきなりの2連発で主導権を握った。龍馬はこれで月間4本の先 […]

龍馬1番、小園8番で2019年型カープ打線完成か!?九里の馬力でつかんだ5勝目。

 広島は打線が爆発し、今季2度目の9連勝を飾った。 情報源: 【広島】小園の一発など先発野手全員の18安打12得点で9連勝 30日から首位・巨人と直接対決 昨日は先月亡くなった父の海洋散骨式。一時は台風の影響で危ぶまれたけどな、真夏の青空とギラギラした太陽が迎えてくれた。暑いのは暑いんだけど潮風が和らげてくれてね、そんなに大変じゃなかった。 粉状にした遺骨を撒き、お水、お酒を撒き、そこに家族一人一人が花をたむける。最後はその花の周りを船で3周ほど回り最後の別れ。父と過ごす時間が一番短かった、末っ […]

1 4