逆転負け

恥ずかしい、本当に恥ずかしい。そんなに阪神が怖いのか!?

広島先発の岡田明丈投手(23)は急転の7失点で降板した。4回までは1安打しか許さない抜群の立ち上がり。5回の攻撃で0-9と大量リードをもらい、1人旅の予定だっ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com) 情報源: 広島岡田、4回まで1安打も急転6回7失点で降板 – 野球 : 日刊スポーツ デーゲームの日はいつも録画観戦。仕事から帰ってきて娘とウォーキング。そして風呂に入って体を清めてから観戦に臨む。試合開始が14時 […]