遠藤淳志

1/2ページ

中崎と遠藤。「なぜ外ばかり?」の疑問の答えがよくわかる會澤のリード。

 「中日4-5広島」(24日、ナゴヤドーム) 広島が延長の末、中日を振り切って、連敗を2で止めた。 情報源: 延長で振り切り連敗2で止める 中崎誤算も…遠藤がうれしいプロ初セーブ 娘の通っている小学校は26日の月曜から新学期。なのでこの土日が夏休み最後。昨日は家族サービスでショッピングセンターへ。疲れたよ。 なので昨日の試合はほとんど観ていない。観たのは中崎の大炎上と遠藤のピッチング。この二人に対してみせた會澤のリードが非常に対照的だった。このリードから今の中崎の状態と遠藤の良さが浮き彫りになっ […]

遠藤初勝利おめでとう!ポロリとこぼれた茨城なまりに思わず涙がポロリ。

 広島・遠藤がプロ初勝利を挙げた。同点の8回に5番手として登板し、山田哲を146キロの直球で一飛、バレンティンはカーブで遊ゴロ。雄平に左前打されても同学年の村上をチェンジアップで右飛に抑え、直後の安部の決勝弾を呼んだ 情報源: 広島・遠藤、26戦目でうれしいプロ初勝利「やっと勝てた」 – スポニチ Sponichi Annex 野球 内海桂子・好江という漫才コンビをご存じだろうか?あ、若手じゃありません。20世紀中に好江さんが亡くなった時点で終わっちまったコンビなんだけど、相方の桂子 […]

遠藤の4イニング目、中村恭への交代のタイミング。不可思議だらけカープベンチ。

 「阪神6-5広島」(10日、京セラドーム大阪) 広島は守護神・フランスアの乱調で悪夢の逆転サヨナラ負け。首位・巨人との差が2・5ゲームに広がった。 情報源: 悪夢の逆転サヨナラ負け 守護神・フランスアが逆転3ラン被弾 この金土日のカードは上位3チーム対下位3チームの対戦。直接対決ってのは気合が入るけどな、混戦を抜け出すにはこの下位チームとの対戦というのが絶対に重要になる。 金曜日のゲームは全て上位チームが、下位チームをひっくり返しての白星。それぞれが真夏の戦いの主役だと名乗りを上げた格好になっ […]

勝ちパターンで遠藤、ビハインドで遠藤、楽勝でも遠藤!?ちょっと、使い方考えてよ

 「広島10-5阪神」(4日、マツダスタジアム) 広島の3番手・菊池保が猛虎の反撃を食い止めた。10-2の七回、2番手・遠藤が3点を失い、1死二塁のピンチで登板した。 情報源: 広島菊池保が13試合連続無失点「打者に集中」猛虎の反撃を食い止める  阪神先発の岩田。不運な当たりや味方の守備のマズさで、前回同様初回で試合を壊した。これをきっかけにカープは10得点。同じように前日カープの守備が乱れても阪神は4得点。まぁこれでどちらの打撃が上かってのがよくわかる。  だから阪神戦はとにかく初回で2,3点 […]

取れるアウトを取れなければ、混戦に置いていかれるっての。注目される中崎の今後の役割

 「広島-阪神」(3日、マツダスタジアム) 広島・床田寛樹投手が先発し、6回5安打2失点(自責1)で降板。7勝目はお預けとなった。 情報源: 床田 6回2失点の力投も7勝目はお預け 阪神は投手がいい。明らかに打線がつながらないということで今の成績に甘んじているところがある。打線が弱いということは先制すれば、勝ちをグッとこっちに引き寄せられる。初戦、高橋遥を攻略したのもやはり初回の2点というのが阪神打線に結構重たかったりした。昨日も幸先よく菊池が一発で先制。後は床田が粘って打線が追加点を取れば…と […]

ジンクスを打ち破る龍馬先頭打者弾!!トリプルスリー相手に真っ向勝負の遠藤は先発向きか?抑え向きか?

野球情報満載デイリースポーツ/広島 今季3度目の8連勝で巨人に5差 西川先頭弾にバティV弾 床田2カ月ぶり白星 情報源: 広島 今季3度目の8連勝で巨人に5差 西川先頭弾にバティV弾 床田2カ月ぶり白星/デイリースポーツ online プロ野球ってのは様々な「ジンクス」ってのがある。プロ野球全体で言えるものもあれば、チーム独自のものもある。 有名なのは「代わった選手にボールが飛ぶ」「三振前のバカ当たり」「2年目のジンクス」「首位打者獲得の翌年は不調になる」「阪神が15失点した年は優勝する」とかま […]

三好、移籍後初ホームラン!!これでキミも立派な赤ヘル戦士だ!!遠藤は「勝ちを呼び込める投手」に成長してほしい。

 逆襲の鯉がついに借金を完済した。ヒーローは、今月2日に楽天からのトレード成立が発表された三好だ。2回1死一塁、2ボールから迷いなく直球を振り抜いた。自身2年ぶり、移籍13打席目の1号2ラン。「いい感 情報源: 【広島】6連勝で借金完済、2年ぶり弾の三好「いい感触で打てました」 いきなり余談から(笑) アタクシは野球は大好きなんだけど実際にプレーしたのは小学5年~6年の間だけ。野球がさかんな地域でありながらも、チームに入らんかった。 その理由は母親。 アタクシの母親はこのブログにも何度も登場する […]