遠藤淳志

1/4ページ

開幕ローテ争い激化!ありがたみを改めて感じるノムスケの存在

 「2軍練習試合、広島2-5中日」(18日、由宇球場) 広島の野村祐輔投手(30)が18日、2軍練習試合・中日戦(由宇)に七回から登板し、2回を無安打無失点に抑えた。春季キャンプ中の右ふくらはぎ肉離れで大きく出遅れたが、11日の三菱重工広島戦以来、2度目の対外試合は3三振を奪うなど上々の内容。早期1軍復帰へ、さらに調整を続けていく。 情報源: 広島開幕ローテ 野村もいるぞ!2度目対外試合で2回無安打 完成度「5割」も上々  どうやら4月5日までの練習試合の日程が決まったようだねぇ?というよりはと […]

Mageちゃん「推しメン」の九里と遠藤が登板も明暗くっきり。

 「教育リーグ、ソフトバンク3-2広島」(5日、由宇球場) 広島の先発・九里が大荒れ。制球が定まらず毎回四球を与え、予定していた4回を投げ切ることができなかった。 情報源: 広島・九里が大荒れ7四球 佐々岡監督「1、2年目の選手ではないんだから」 なんやかんやで開幕まであと2週間になったよな。まぁ世間は相変わらずコロナ騒ぎでバタバタしているけど、気がつきゃ日本より韓国、イタリア、イランあたりで感染者や亡くなった方が急増しているようだねぇ。 マスコミでは日本政府の対応の悪さを強調した報道もある。あ […]

ドラ1森下がオープン戦開幕投手になった訳

 「広島春季キャンプ休日」(21日、沖縄) 広島のドラフト1位・森下暢仁投手(22)=明大=が21日、オープン戦初登板初先発する22日のヤクルト戦(浦添)に向け休日返上で汗を流した。3回を投げる予定で、チームのオープン戦“開幕投手”を任されるルーキーは、開幕ローテ入りを目指し、結果にこだわり、無失点で首脳陣にアピールすることを誓った。 情報源: 広島・森下 22日OP戦“開幕投手”で0封デビュー誓った!山田哲斬りでローテ入り 今年から天皇誕生日が2月に移ってね、この時期にしては珍しく巷では3連休 […]

遠藤・山口は残念な紅白戦。味方のミスも抑えなきゃ「信頼」は得られない

 「広島紅白戦、紅組-白組」(9日、天福球場) 今キャンプ初めての紅白戦が行われ、白組の先発だった遠藤淳志投手は2回4安打4失点(自責点1)。紅組の先発・山口翔投手も2回3安打3失点だった。 情報源: 広島・佐々岡監督「ちょっと残念」期待の遠藤、山口が打たれる いよいよ紅白戦が始まったよな。ここから沖縄に行ける選手が選別されてくる。若手にとってはとにかく結果を求められることになるよな。 大体、紅白戦やオープン戦の初戦というのは今シーズン期待のかかっている投手が先発したり登板する。 となれば、この […]

若手アピール明暗。小園は失敗を一発で取り返す。期待の遠藤、山口は…!?

 「広島春季キャンプ」(5日、日南) 今キャンプ初めてのシート打撃が行われ、小園海斗内野手は、1本塁打を含む1安打2四球だった。 情報源: 広島・小園 失策直後に本塁打 初シートで正遊撃手争いへアピール 春季キャンプも第一クールが終了。昨日は実戦形式の練習のボリュームが増えてきた。結果が出たもの、そうでなかったもの、課題を見つけたもの、見失ったもの、様々だろうねぇ。 まずは開幕ローテを狙う20歳コンビ、遠藤と山口。以前にも書いた遠藤と山口。森下と並んで未来の「トリプルエース」を狙え!けど、大瀬良 […]

遠藤と山口。森下と並んで未来の「トリプルエース」を狙え!

 「広島春季キャンプ」(2日、日南) 遠藤淳志投手(20)が、フリー打撃の打撃投手に登板し、収穫を口にした。 情報源: 広島・遠藤「差し込んでいるボールあった」フリー打撃で収穫  昭和の黄金時代の投手と言えば、北別府、大野、川口といったエース級の先発投手に若手が絡む。長富、佐々岡、金石といった感じ。  平成の3連覇はジョンソン、大瀬良、野村とタイトルホルダーの面々に薮田、岡田、九里といった面々が絡んできた。  Bクラスに低迷していた時代は絶対的エースはいるけど次が続かない。エースが投げて勝って次 […]

先発陣活性化には若手の台頭が必要。森下、遠藤がどれだけ羽ばたけるか!?

 広島の遠藤淳志投手(20)が23日、来春キャンプで予定されているチーム最初の対外試合の先発マウンドに意欲を示した。毎年、春季キャンプで評価を上げる若鯉が指名される“開幕投手”。結果を残せば、開幕ローテ入りへ絶好のアピールとなる。サバイバルレースの先頭を走り、首脳陣から指名をもぎ取る。 遠藤にとって“開幕投手”は目下の目標になる。「投げたい。プレッシャーに負けないところも見せたい」と力を込めた。開幕ローテ入りを目指す上で最初に越えなければいけない壁。自然と言葉に力がこもった。 情報源: 遠藤“開 […]

1 4