長野久義

1/4ページ

真面目なプリンス・堂林に「ちょい悪」のススメ。

 「広島3-2中日」(12日、マツダスタジアム) 広島がサヨナラ勝ち。九回、1死一、二塁で堂林が劇的な一打で試合を決めた。チームはカード勝ち越し。4位阪神に4・5差をつけた。 情報源: 堂林が劇的なサヨナラ打「最高です!」誕生したばかりの第3子にささげる一打 巨人・DeNAをなぎ倒してきた中日との3連戦。ロースコアの展開が続く中、よく勝ち越してくれたよな。 やはり好調なチームだけあって、楽には勝たせてはくれんかった。この試合に限っては先発野村の好投、そして後を継いだ中継ぎ陣の踏ん張りというのはし […]

やるべきことは竜倒あるのみ。先陣を切る大瀬良次第で勝負の9月が面白くなる。

 広島は9日、マツダスタジアムで投手練習を行った。10日からの中日3連戦(マツダ)に先発予定の大瀬良、床田、野村らがダッシュなどで汗を流した。 今季、広島(マツダスタジアム、三次)での中日戦は8戦全勝。初戦に先発の大瀬良は「途切れないようにしっかり頑張りたい。向こうの打線も好調で波に乗っていると思う。ホームなので球場一体となって立ち向かっていきたい」と誓った。 情報源: 広島、竜倒ローテの3投手が練習 ホーム中日戦は8戦全勝、大瀬良「途切れないよう」 昨日は長野の記事を書こうと思っていたんだけど […]

できることなら、長野は違う首脳陣でもう1年見てみたい。

 「広島4-6DeNA」(30日、マツダスタジアム) 広島・高ヘッドコーチが長野の勝負強さをたたえた。 情報源: 長野の勝負強さを評価 高ヘッド「打球が鋭くなってきた」 昨日の記事沢山の「絶望」を感じた日に思う、なぜカープは戦えなくなったのか?にはたくさんの同志の皆々様からコメント、お問い合わせをいただきました。ありがとうございます。アタクシが主張する「緒方野球の曲がり角」という状況に多くの方が同じように感じていらっしゃるというのを肌で感じましたな。 「黄金時代」。もう、これで終わりなのか?いや […]

気になる長野の使い方。丸に打撃をさせないジョンソン、石原バッテリーに脱帽。

 「巨人0-2広島」(27日、東京ドーム) 広島・長野が1軍復帰後初安打を放った。2点リードの八回、ジョンソンの代打で登場し、3番手・大竹から三塁内野安打を記録。6月18日・ロッテ戦以来、13打席ぶりの安打だった。 情報源: 長野が1軍復帰後初安打 東京ドームは大歓声 もうアタクシはリーグ優勝は諦めている。すでに先週の6連戦で勝ち越せなかった時点で諦めている。人間、諦めも肝心。と口では言いつつやはり巨人戦となるとハートに火がつく。カープファンの悲しい性よ(笑) なんだろう?両チームとも非常に硬か […]

九里の熱投に攻撃陣が応えられず。気になるカープとDeNAの「ギラギラ感」の差。Bクラス転落の9月もあり得る。

 「DeNA-広島」(18日、横浜スタジアム) 広島の先発・九里が痛恨の被弾だ。 情報源: 九里、1球に泣く…七回、途中出場のロペスに被弾 7回1失点で降板 普通、1-0の試合ってのは非常に緊迫感があってね、手に汗握るってのが醍醐味なんだよな。 でも、昨日の試合に限っては、点差以上に今永に圧倒された。そんな印象だよな。完全に抑え込まれたといったほうがピンと来るよな。 この試合を観て、カープは今年リーグ優勝できないチームだと悟っちまった。なんだろう?追いかける身なのにがむしゃらさがない。元気がない […]

バティスタショックを吹き飛ばせるのは誰か!?メヒアに期待。そして…!?

 「DeNA-広島」(17日、横浜スタジアム) 2度目の先発をした広島・モンティージャが2回を52球、被安打4、5失点でKOされた。 情報源: 広島・モンティージャ2回5失点KO「ホームランがあるので」と警戒の筒香から本塁打 床田が抹消されて2度目のチャンスを与えられたモンティージャ。先頭の大和を打ち取ったはいいけど、その後筒香から痛烈なピッチャー返しが腰のあたりにぶつかった。まぁあれからリズムが狂った。それと前回登板時も感じたけど、セットポジションでの制球力、球のキレ、この辺がやはり落ちる。こ […]

大瀬良、貫禄の完投勝利!龍馬・安部の一発を見てふと感じた「なぜ長野を使わないのか?]

広島安部友裕内野手の6号ソロが貴重な中押し点となった。3-2の6回。DeNA2番手武藤の真っすぐを捉え、右翼席に運んだ。「バッティングカウントだったので思い切… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com) 情報源: 広島安部スタメンで中押し弾「思い切っていこうと」 – プロ野球 : 日刊スポーツ 残り30試合くらいでAクラスにいると他球場の経過ってのが気にかかる。いよいよペナントレースも最終コーナーに差し掛かった。「 […]

1 4