2試合連続完封負けは誠也がいないから??いないのなら次の4番を作り出さないと。誠也がいないから負けていいのかい??

2試合連続完封負けは誠也がいないから??いないのなら次の4番を作り出さないと。誠也がいないから負けていいのかい??

 

 「オープン戦、西武1-0広島」(16日、メットライフドーム) 広島投手陣がまずまずの仕上がり。先発した広島の森下暢仁投手(23)は96球を投げ、4回2/3を6安打1失点(自責0)と力投した。情報源: 広島・森下4回2/3を1失点 ドラ2森浦は満塁のピンチをピシャリ 打線は沈黙

12345678910R
広島東洋カープ
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
埼玉西武ライオンズ
0
1
0
0
0
0
0
0
X
1

さて最後のオープン戦ウィークとなった。あと10日ほどで開幕だよな。各チームこれまでの戦力を見極めてより開幕戦を意識した野球をしてくるだろう。先発投手は長いイニング、もしくは100球をめどに、打線も主力が出る時間が増えてくるだろう。当落線上の若手選手は極端に出番も減ってくるから、代打や代走、守備固めなど本当に数少ないチャンスをモノにしていかなければならないよな。しかしながらカープのスタメンに関しては主砲の鈴木誠也が今日も欠場、堂林も欠場。4番にはDHで長野が入り、ライトには大盛。サードにクロンが入った。どうだろう??誠也と堂林が開幕アウトならこの打順がかなり現実的なのだろうねぇ。しかし残念ながら打線がつながらずに2試合連続の完封負け。まぁカープはどちらかというとオープン戦は貧打の年が多い。怖いのは開幕してもこれが変わらず春先から借金を抱えるパターンね、これが怖い。もちろん開幕してガラッと変わる可能性は十分にあるんだけど、これまでのゲームを見ているとどうも前者のような臭いがプンプンする。やはりチームの中心である誠也がゲームに出ていないってのがね、想像以上にチームを硬直化させているように思う。もちろん誠也には無理をしてほしくないし、堂林も然り。ただ間違いないのはベストの状態で開幕を迎えるのはかなり難しい。そんな感じだよな。

裏エース森下、山賊打線相手に好投も気になる球数の多さ

ド平日の昼間だからな、さすがにアタクシも仕事よ。ゲーム中に帰宅はしたけど、今日は自宅でピアノ教室のレッスンがある日なんでテレビは見られない。スマホで速報を見ながら頭ん中で想像し、ゲーム終了後にYouTubeで映像を確認をした。細かい配球までは見られなかったけど、投手陣は強力な西武打線を相手によく投げたといっていいだろうねぇ。失点は森下がゲッツーの間に失った1点のみ。中継ぎの森浦、ケムナ、塹江と持ち味を出してくれた。投手陣に関してはいい仕上がりで来ているよな。
さて、先発の森下。やはりさすがと唸らせてくるウィニングショットを沢山持っているなぁと感心したねぇ。西武の中軸・山川に対しては3球勝負の真っすぐで三振を取ったり、ゆるいカーブで打ち取ったりとね、この辺はさすが二けた勝てる投手といった感じだよな。ただ気になったのは西武の森や栗山といった左打者にヒットを結構許していたし、四球も多かった。何とか要所を締めた形だけど、味方の攻撃にいいリズムをもたらすような内容ではなかったように思う。当然森下自身も反省点の多いマウンドになっただろうねぇ。本来であれば6回くらいを投げ切りたかっただろうけど、球数が多く5回の満塁のピンチで降板。球数が96球ということで、急遽森浦のワンポイントの適性を見るために降板。ちょっと悔しいマウンドだっただろう。2週間後の阪神戦もいい左打者がいる。昨季もカープはコテンパンに打たれた近本やルーキーの佐藤、ベテランの糸井あたりをどう抑えていくのか??課題の見えた登板でもあったよな。

森浦は満塁のピンチに登板も冷静な投球

さて、その森下の降板後二死満塁の場面でマウンドに上がったのはルーキー森浦。とりあえず開幕は中継ぎでということだからな、こうしたピンチの場面でどんな左殺しを見せてくれるのか??佐々岡監督も期待と不安が織り交ざる心境で送り出したことだろうねぇ。相手打者はベテランの栗山。プロ19年目。高校は育英高校だからカープのルーキー矢野の先輩にあたる。森浦や矢野が幼稚園に通いだしたころから栗山はプロの飯を食っている。そういった年の差勝負を楽しめるのもプロの醍醐味。ここで大先輩を抑えた森浦は色んな意味で自信になっただろう。プロでやっていけそうだ。そんな気もちにもなったに違いない。今日の登板でまた成長したんじゃねぇかねぇ??
それと抑え問題。個人的には栗林に決まりかなぁなんて思っていたけど、今日最後に投げたのは塹江だよな。もちろん8回裏だったので「抑え」が出てくる場面ではないんだけど、最後に投げたという部分で考えると佐々岡監督の中で塹江を抑えにということもあるのかもしれん。ふと、そんな気がしてきた。先発の頭数が揃わない不安があるなかブルペンの陣容というのはここに来て非常に大事になってきた。さて、どんな勝利の方程式を佐々岡監督が作り上げるのか??怖い気もするが楽しみだよな。

チャンスは作れど「決められない打線」は開幕してから機能するのか??

さて、打線に話を移そう。誠也、堂林が抜けて、一言で言えば打線になっていない。チャンスは作れどランナーを還せない。そんな状況が続いているよな。開幕して打線が機能するのか?同志の中でも不安の方が大きい、そんな感じだろうねぇ。ただ、いわゆる脇役たちはそれなりに躍動していたと思う。わかりやすく言えばチャンスはそれなりにあった。結局チャンスができた時に打者がガチガチというかね、よそ行きの打撃をしてしまう。きっかけさえあれば、点が入るとは思うけど、そのきっかけがなかなか見いだせない。そんな感じなんだろうねぇ。なぜ、そうなっちまうのか??これがこのチームが「誠也のチーム」ならではの問題点なんだと思うんだよな。
誠也がいないとなるとクリーンナップを組むにも一苦労だよな。今日は3番西川、4番長野、5番松山ののクリーンナップだった、1番広輔、2番菊池を考えるとジグザクで組んだ打順なんだろう。しかしここが機能しなかった。チャンスで龍馬が三振、チャンスで長野がゲッツーとね、ここで出てくるのが「ここで誠也がいてくれたら…」というところなんだと思うわけよ。これまで4番龍馬とか、松ちゃんとかクロンとかいろいろなバリエーションが考えられたけど、根底には「誠也が3番を打つ」という前提のもとに考えられていたことだよな。ここに誠也がいないとなるとその構想は根っこから崩れ去る。その状況にベンチも選手たちも「戸惑っている」。そんな状況に今の打線は陥っている。そんな印象を持っている。こうなるとにっちもさっちもいかない。ここが今のカープの泣き所なんだろうねぇ。
今の誠也の状況がどうなのか??それは公表されていないので何度も言えんよな。でも、どうだろうか?ベンチのムードは「だからしょうがない」という部分と「どうしようか!?」という複雑な心境が入り混じっているように見える。これでは打線が機能しないというのもなんとなく頷けてしまう自分がいるわけよ。これは正直、困ったねぇと。こんな状態で開幕を迎えていいことは一つもない。ファンはそれをなんとなくわかっているからこの貧打に大きな不安を持っているんだと思う。さぁて、これ、どうするかね??

今日のゲームだって一方的に抑えられたわけではないよな。ヒットは7本、四球は3つ。盗塁だって2,3個決めている。これで完封負けって基本考えられないわけよ。結局はチャンスを作ってもあと1本が出ない、そして河田ヘッドが提唱するチームバッティングができていない。そういことなんだと思う。まぁそれができないのは過去の記事を誠也欠場・堂林故障??遠藤2軍で開幕ダッシュに暗雲??深刻なのは「5点打線」ならぬ「打てん打線」で熱く語っているので読んでいただければと思う。
今のカープの貧打ってのは結局は「誠也待ち」を期待している。そんな感じだと思う。でも、それで本当にいいのか??本来ならベンチは誠也待ちではなくて、誠也がいない、堂林がいないのなら新しい形を模索する行動に出てもいいように思う。クロンをしばらく6番で使うのであれば、それはいいと思う。肝心なのは4番なんだろう。これまで西川とか松山とかっていう話があったのはあくまで誠也が3番座るという前提があった。その前提が崩れているわけで、ここは誰かを4番に担ぎ上げなきゃいかんだろう。アタクシはそう思っている。じゃ、誰を4番に??という話も出てくるだろう。じゃ、誰が適任なのか??同志の皆さんはどうお考えになりますかな??いやいや、松山でしょ??龍馬でしょ??クロンでしょ??いや今日4番に入った長野でしょ??いろんな意見があっていいと思う。ならば言わせてもらえばアタクシは誠也が戻ってくるまで林を4番でもいいと思っている。それはなぜか??

若い4番がもたらす効果とは??

え??林が4番なんて荷が重いのでは??そう感じる同志も多いだろう。でも、巨人の四番は若い岡本、ヤクルトも若い村上と、日本人の若い4番バッターが目立つよな。では、彼らはなぜ4番を張るまでになったのか??それはある意味「抜擢」だと思う。もちろん、彼らが最初から4番に座っていたわけではないし、6番とか5番とか段階を踏んで4番バッターになったのだろう。でもそれは単なる打順ではなくてチーム全体がこの選手を4番にという気持ちが後押ししたのは否定できないよな。その前後の打者がしっかりとサポートしてお膳立てをしたり、若い選手が打てなくても後続の打者が結果を出して、サポートする。そういう循環を作っていけばアタクシは4番林も悪くないと思う。はっきり言ってカープ首脳陣が4番誠也を諦めているのであれば、アタクシは若い選手から4番を育てることはするべきだと思うし、今のカープ打線を考えれば、いいタイミングだと思う。本当に突拍子もない話だけど、そういう中軸に若手を抜擢するのも打線の刺激になる。そう考えているんだよな。

クロンはこれから打ちそう。その根拠は??

恐らく球団やベンチの構想では3番誠也ありきで考えていたフシがある。アタクシはこれは危険だと思う。以前にも書いたけど、アタクシは4番は誠也であるべき。そう考えている。でもなんだろう??みんな誠也に気を使いすぎなのではないだろうか??今の誠也のいない打線でこの貧打を見せつけられるとその想いが一層強くなってきた。出れないのであれば、冷たい言い方をするけど、次を考えなきゃいかんだろう??誠也3番構想ありきでクロンを4番にという構想をベンチは持っていただろう。でもそのクロンがこれまでなかなか日本の野球にフィットしていない。そんな印象を持っている同志も多いだろう。でも、今日のゲームのクロンの内容を見るとそろそろ「使えそう」な気がしてきた。一言で言えば「打球が上がる」ようになってきた。今日のクロンをみてそう感じたねぇ。
高めのストレートを打って大きなフライを打った場面もあったし、痛烈なライナーが3塁側のスタンドに突き刺さった場面もあった。今まではバットが空を切ったり、見逃しの三振が多かったけど、今日のゲームに限って言えば、打球が上に上がっていた。ちょっといい兆候かなぁと感じたねぇ。四球を選んだのも無理やりだけど進歩だと思う。
ただ、1年目はアベレージは望めないだろう。と、なれば6番、7番がいいだろう。それで25発くらい打ってくれれば儲けもんだと思う。
と、なれば誠也が4番を打つしかないと思う。それでも誠也を3番という構想にするのであれば、アタクシは4番には林を据えてもいいと思う。いいのよ、お飾りと言われようが。松山を4番ファーストで使うよりはよっぼど未来が開ける。そう思っているよ。今日の林はチャンスでキャッチャーフライとやっているけど、打順は下位だしな、まだまだ自分は試されているという感じで打席に立っているだろう。それを中軸に座らせることで周りの実績のある選手が奮起する。アタクシはそんな気がしている。これはカープならではの考え方だと思うけどな。ここで林に中軸の経験をさせることは絶対に損ではないと思う。クロンが6,7番で効果的な一発を連発するようなら林を4番にすえても大きなプレッシャーにはならないと思う。左が続こうといいじゃない??打線で大事なのは「迫力」だと思う。ハッタリだっていい。そう考える3番誠也4番林5番龍馬6番クロンの方が相手はイヤじゃねぇかねぇ??

野手の一人一人は力がある。でもそれを力に変えなければ意味がない

今日も完封負けだけど、いい攻めはしていたと思う。このチャンスを点に結びつけられないのはやはり中軸が仕事をするかどうかにかかっていると思う。実際に西武は今日のゲームでカープを上回るヒットを打っているにもかかわらず1点しか取れていないよな。ここはカープ投手陣が主砲の山川をしっかり抑えたからに他ならない。その前後の打者に森下は打たれているので、いかに4番を抑えるかってのが大事かわかったゲームだったように思う。
逆にカープはチャンスを作っても点に結びつかない。残塁10が全てを物語っているよな。選手一人一人はチャンスを作る力がある。これは非常に大事なことなのよ。でにその力が点に結びつかない。そんなのが今の現状だよな。力があるのよ、カープの選手は。それが点に結びつかないだけ。でもそこが強いチームか弱いチームかの分かれ目でもある。いかに選手がね、特に打者が相手投手との戦いに勝てるのか??結局はそこなんだと思うんだよな。カープの課題はここにある。この課題を克服するには「脱誠也」なのよ。これまでも散々アタクシは「誠也のチーム」と言ってきているから矛盾を感じる同意も多いだろう。でも「誠也のチーム」で勝てなければ、誠也が出られなければ、違う道を探るのは当然だろう。今、誠也がいない中、それを追求していく方法に進んでいくのは悪いことではない。別に誠也を要らないと言ってはいない。誠也がいないのならどうやって勝っていくのか??それを考えることは必要だよな。それを模索していく中でチームが成長して、そこに誠也や堂林が加わればチーム力がアップする。誠也がいない、堂林がいなからといって、ボヤボヤしている場合じゃない。アタクシはそう考えているのよ。今日のゲーム、日曜のゲームははっきり言って誠也がいないからチーム全体が「ボヤボヤしている」のよ。どんな逆境でも強くならきゃ。そういうたくましさが備わってくれば短期決戦も勝てるチームになると思うけどね。

(Visited 664 times, 1 visits today)
にほんブログ村、ブログランキング参加中です!ポチっとやってくれるとありがたいです!
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ