佐々岡監督地蔵

極狭ストライクゾーンで九里のストレスが野手に伝染??おまけにベンチも地蔵状態

敵地東京ドームでの首位攻防初戦を託された広島九里亜蓮投手は、5回3失点(自責2)で降板となった。17日中日戦で2回8失点降板の森下に続き、クオリティースタート… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com) 情報源: 【広島】九里亜蓮5回3失点でQSならず、課題の四球は「3」でも球数は106球に – プロ野球写真ニュース : 日刊スポーツ どんなスポーツでも審判やレフェリーの技術が未熟だとゲームの内容にも影響してくるよ […]