スポンサーリンク
強いカープがみたい!

前半の拙攻が響き12度目の完封負けも考えなきゃいかん「対中日戦」。優勝への障害になる可能性も??

情報源:デイリースポーツオンライン 広島 12度目完封負けも新井監督「いいところまで形をつくれている」 広島が両リーグワーストとなる今季12度目の完封負けを喫し、リーグ戦再開初戦を落とした。  打線は相手先発・高橋宏に苦戦した。二、三、四回は先頭が出塁するも無得点。1点を追う七回は1死二、三塁で代打・松山、菊池が凡退するなど1点が遠かった。  5戦ぶりにスタメン復帰した野間はマルチ安打と存在感を示し、小園は猛打賞でヤクルト・サンタナと並ぶリーグトップタイの72安打とした。 細かい統計は取っていないけど、交流戦やオールスターブレイク後の最初のカードってのは結構バンテリンデでの中日戦が多いと記憶している。そして結構な確率で3タテ食らったり、負け越したりという結果が多い。それに輪をかけて新井カープは中日戦をあまり得意としていない。どんなスタートを切るかと思っていたけど、結果は中日投手陣から「あと1本が出ず」今季12度目の完封負け。まぁこのゲームに関して言えばあまり負けた気がしないというのが正直なところじゃないかねぇ?? 床田好投もカリステの1本に泣く 交流戦ブレイク後の「プチ開幕戦」、先発は...
強いカープがみたい!

リーグ戦再開!!首位カープが優勝しそうな4つの理由とこれから必要なこと

情報源:ニッカンスポーツコム 【広島】新井貴浩監督、リーグ戦も若手積極起用へ「これまで通り」交流戦はDHで二俣ら出場機会 広島新井貴浩監督(47)はセ球団との対戦でも若手を積極起用する方針を明かした。交流戦ではパ主催試合では指名打者制を敷かれたことから、二俣や宇草ら若手が多くの出場機会を与えられた。経験を積ませながら、10勝8敗と勝ち越した。「育てながら勝つ」を実践。21日からの中日3連戦からリーグ戦が再開するが「これまで通り、やっていきたい」と、今後もベテランと中堅に加え、若手の力も求める。 さて、今日からリーグ戦再開だ。鬼門と言われた交流戦も10勝8敗と勝ち越し、「乗り切った」というよりは「やり切った」と評価したい。5カード勝ち越し、貯金を2つ増やしてのフィニッシュ、そして交流戦期間中にセリーグの首位に立ったわけだからな、何よりもチームが自信をつけて交流戦を終えたのが一番の収穫だとアタクシは思うし、同じように感じているカープファン同志も多いことだろう。「ひょっとしたら優勝??」なんて声も聞こえてきている。新井監督筆頭に選手たちもまだそこまで考えてはいないだろうけど、交流戦でのカープ...
強いカープがみたい!

交流戦を10勝8敗貯金2で突破!!新井カープの交流戦を行けそうな4つの理由を検証してみた

情報源:デイリースポーツオンライン 広島 交流戦10勝8敗5位フィニッシュ 首位&貯金7 新井監督「レベルアップ」に確かな手応え 「楽天5-3広島」(16日、楽天モバイルパーク) 広島は拙攻と守備の乱れが響いて、交流戦最終戦に敗れた。二回は菊池の今季初失策と堂林の失策などで3点を先制され、終盤の反撃も及ばなかった。連勝は3で止まったが、交流戦は5位の10勝8敗で7年ぶりの勝ち越し。新井貴浩監督(47)は交流戦前と現状のチーム力について「レベルアップしていると思う」と評価。仕切り直して21日から再開するリーグ戦に臨む。 鬼門と言われた交流戦。新井カープは10勝8敗の5位で突破した。立派だよな。セ・リーグではDeNAが3位。ヤクルト4位とリーグ下位のチームが健闘。逆に巨人は8勝9敗1分、阪神は7勝11敗と負け越し。どうだろう??セ・リーグはますます混戦となってきた感じだよな。首位から6位まで6.5差だから6連勝6連敗であっという間に追いついちゃうわけで予断を許さないゲーム差だけどカープはこの交流戦中に首位に立って2位阪神と2.5差だ。 個人的には新井監督になって交流戦で苦労しないのではない...
スポンサーリンク
強いカープがみたい!

楽天に連勝で交流戦勝ち越し決定!!実は自分たちが思っている以上に相手はカープの強さを感じているのかもしれない

情報源:デイリースポーツオンライン 7年ぶり交流戦勝ち越しの広島・新井監督「自分たちのチームは戦えると思っている」二俣のV打には「今日も素晴らしかった」 「楽天3-4広島」(15日、楽天モバイルパーク) 広島が2017年以来7年ぶりの交流戦勝ち越しを決めた。3連勝で4カード連続の勝ち越しとなり、貯金は今季最多を更新する8に増やした。 打線は二回に二俣がプロ入り初の決勝打となる先制の適時打。秋山も適時打を放って2点を先制した。六回は坂倉が5月25日・DeNA戦以来の適時打、堂林も61打席ぶりの適時打で2点を追加した。先発・玉村… パリーグとの対戦は日本シリーズに出ない限りはこの交流戦でしか見ることができない。まぁ年に1度だけどあまり変化していないチームもあれば、ガラリと変わったチームもある。ソフトバンクは顔ぶれが大きく変わっていない分安定感を感じたけど、野手に関しては来季くらいから世代交代の流れになるのをを感じた。日ハムは野手陣の成長に目を見張るものがあったし、交流戦最後のカードである楽天は投打とも初めて見る選手が多く今後が楽しみというのを感じた。FAの浅村と鈴木大以外は若い選手が多いし...
強いカープがみたい!

「9イニング使って最後は勝ち越せばいい…」投手力を背景にそんな野球に対する考え方がカープナインに浸透し始めたら…強いかも!?

情報源:ニッカンスポーツコム 【広島】新井監督「羽月の準備、勇気が素晴らしかった」2年連続交流戦5割以上&今季最多貯金7 <日本生命セ・パ交流戦:楽天0-1広島>◇14日◇楽天モバイルパーク 広島が若手の活躍で好調楽天との延長戦を制した。11回のサヨナラ機。新井監督は代打の切り札・松山がベンチに控える中、「何とかしてみろと思って見ていました」と矢野に託した。カウント2-1からのツーシームを右翼へ打ち上げ、三塁走者を迎え入れる決勝犠飛を放った。連勝で2年連続交流戦勝率… いや~今日も朝から忙しくてね、カープのことをいろいろ書きたいんだけど、時間がない…今日も短めで失礼しますな。 大瀬良交流戦防御率0.00!! 昨日のゲームはスコアレスのまま延長戦に突入したわけだけど、その土台を作ったのは両先発投手だよな。楽天・早川は右打者中心のカープ打線を翻弄し、延長10回を投げ切った。まぁ楽天ファンからすれば「勝たせてあげたかった」だろう。見事な投球だったよな。 カープ先発は大瀬良。前回登板がノーヒットノーランだったからこの日の登板はいつもと違う緊張感があったかもしれん。立ち上がりは自らのエラーもあっ...
強いカープがみたい!

もう交流戦は鬼門じゃない!!4カード目の勝ち越しからみるカープナインの自信と誇り。これはひょっとしたらひょっとする!?

情報源:ニッカンスポーツコム 【広島】通算1万試合に到達 楽天除く11球団で最遅で到達 消化試合数の差などの影響 <日本生命セ・パ交流戦:西武-広島>◇13日◇ベルーナドーム 広島が、この日の西武戦で05年創設の楽天を除く11球団で、最遅での通算1万試合に到達した。前日の通算9999試合時点では4653勝4965敗381分けで勝率4割8分4厘だった。 今季は50年の2リーグ分立後1万試合に、楽天以外の11球団が到達したが、到達日が異なるのには理由がある。シーズンの途中打ち切りや引き分け再試合制が採用された… カープが通算試合数1万試合に到達したそうな。1万試合…想像もつかないよな。なんでも楽天を除く11球団で一番遅い達成。昔はシーズンが途中打ち切りになったり、引き分け再試合といったこともあり、各球団まちまちなんだとか。カープが遅いということは球団創設期の苦労を思い起こさせる。様々な改革や進化を遂げて今でも多くの観客を動員するプロ野球。歴史を感じるよな。 さて、僕らのカープは交流戦5カード目となる西武戦を2勝1敗で勝ち越した。これで交流戦勝ち越しは4カード目。ゲーム差がすでに首位楽天と4...
強いカープがみたい!

森下突然の乱調で5失点&打線は4安打完封も切り替えられる負け。大事なのはカード勝ち越しの積み重ね

情報源:ニッカンスポーツコム 【広島】森下暢仁が今季ワースト5回5失点「点取られたところでもう少し粘り強く投げられたら」 <日本生命セ・パ交流戦:西武5-0広島>◇12日◇ベルーナドーム 連続無失点投球を続けていた広島先発の森下暢仁投手(26)が、今季ワーストの5回5失点で3敗目を喫した。 4回まで1安打投球も、5回に暗転。2死三塁から元山に先制打を許すと、さらに3本の適時打を含む4安打を浴びた。24イニングぶりに喫した失点は大量5失点。ビッグイニングに「点を取られたところでもう少し… SNSを覗いてみると昨日の記事オールスター出場も視野に入ってきた!?「矢野雅哉ショー in 所沢」でもちょっと書いたけど、今季2度目の8連敗を喫した西武について心配と励ましの気持ちを持っているカープファン同志は結構多かったようだねぇ。FA選手を取らない、FA宣言したらマネーゲームには参加しないなどやはり懐具合が厳しいチーム同士、共通するファンの悩みも多ければ、共感できることもたくさんある。それでもカープファン、ライオンズファンはチームを愛し、応援し続ける。ライオンズの選手、ファンの気持ちがよくわかる分、...
強いカープがみたい!

オールスター出場も視野に入ってきた!?「矢野雅哉ショー in 所沢」

情報源:デイリースポーツオンライン 広島・矢野が二盗→三盗の連続盗塁 今季9盗塁で阪神・近本抜いてリーグトップに浮上 「西武-広島」(11日、ベルーナドーム) 広島の矢野雅哉内野手が五回に二盗、三盗の連続盗塁を決めた。これで今季の盗塁数を9とし、阪神・近本を抜いて一気にリーグトップに躍り出た。 1-0の五回先頭で打席に入ると、中前打で出塁。2死後に投手・今井のモーションを完全に盗んでの二盗を決め、捕手は二塁へ投げることすらできなかった。さらにすぐさま三盗を敢行。三塁… 交流戦も最終週に入ってきた。ここまで勝率5割と健闘してきたカープ。セリーグでも首位に立っている。残り6ゲームで首位・楽天とは3ゲーム差だ。交流戦優勝するには一つも負けられない戦いになるとは思うけど、新井監督自身はそこまで鼻息は荒くないだろう。ただ、ペナントレース終盤になれば否が応でも「負けらない戦い」が始まるわけで、ぜひともその「予行練習」の意味合いも兼ねて、個人的には狙ってほしいと思っているけどねぇ(笑)。 床田 バックの守備を信じて7勝目 先発はカープが床田、西武は今井。週の頭、やはり好投手同士の投げ合いになった。西...
強いカープがみたい!

投手が踏ん張り終盤の集中打で難敵・ロッテを突破!!接戦を勝ち切る経験の積み重ねでカープはどんどん強くなる!?

情報源:デイリースポーツオンライン 広島・松山&秋山 ベテランコンビで堅首! 対ロッテ7年ぶりカード勝ち越し!! 「広島4-1ロッテ」(9日、マツダスタジアム) 広島が接戦を制して2カード連続の勝ち越しを決めた。同点の八回に代打・松山竜平外野手(38)が左中間へ勝ち越しの適時打。続くチャンスで秋山翔吾外野手(36)が追加点となる2点中前適時打で試合を決めた。ロッテ戦のカード勝ち越しは7年ぶりとなった。頼れるベテランコンビの活躍でチームは首位をキープ。交流戦の成績を勝率5割に戻した。 交流戦6カードのうち4カードが終了。僕らのカープは3カード勝ち越しもソフトバンクにスイープされた影響で勝率5割で順位は6位。この結果をポジティヴに受け止めているカープファン同志は多いだろう。アタクシもここまでの戦いに関しては非常に満足。まぁしいて言えばソフトバンクに一つくらいは…というのはあるけど、これまでやられ続けてきたオリックス、そして7年ぶりの勝ち越しとなったロッテ、そしてソフトバンクとの対戦を終えての勝率5割だから、よく戦ってくれているといっていいだろうねぇ。 昨日のゲームも今季のカープらしい戦い方...
強いカープがみたい!

やっぱり佐々木朗希はスゴかった!?3安打1得点の「完敗」も想定の範囲内??

情報源:デイリースポーツオンライン 広島は逆転負けで連勝3でストップ 佐々木朗希に抑え込まれてわずか3安打1得点と沈黙 「広島1-3ロッテ」(8日、マツダスタジアム) 首位・広島が逆転負けを喫し、連勝は3で止まった。 打線は相手先発・佐々木に対し、小技を絡めて先制に成功する。二回1死一、二塁で打席には玉村。バントは投手・佐々木が捕球し、一塁へ送球。高く浮いた送球をベースカバーには入った小川が何とかグラブに収めるも、倒れ込む間に二走・矢野が一気… 金曜日のゲームで大瀬良がロッテ相手にノーヒットノーランの偉業を達成した。当然スポーツ紙各紙大瀬良の偉業が1面だろうとお店に行くとさすがに報知は巨人だし、デイリーは阪神、東京中日は中日と「まぁ、しょうがないか」と。残るはニッカン、サンスポ、スポニチだ。この3紙の見出しには大きく「大」の字が見えた。ニッカンを引っ張り出すとそこに「大瀬良」の文字。よしよしと。次にスポニチを引っ張り上げるとここにも「大瀬良」。よしよし。最後はサンスポ。引き上げてみるとそこには…!?「大…谷…」だった(笑)。さすが世界の大谷だよな。それでも東京の1面に大瀬良の偉業を報じ...