Mageちゃんが斬る!

1/35ページ

これが目標のあるチームとないチームの違いなのか??タイトルへのアシストもいいけど、3年連続Bクラスの検証も必要では??

 「広島2-7阪神」(24日、マツダスタジアム) 先発した広島・九里亜蓮投手(30)が最多勝争いで一歩後退した。6回2/3を7安打4失点(自責点3)で9敗目。13勝目を挙げてリーグトップの青柳(阪神)に並ぶことはできなかった。ただタイトル獲得の可能性は残されており、次回11月1日・ヤクルト戦(神宮)でラストチャンスをつかむ。 情報源: 広島・九里 今季最多137球も7回途中4失点 最多勝へ 11・1ラストチャンス 今季のペナントレースは本当に異例だよな。この時期まで公式戦をやっているのも珍しいし […]

連打でビッグイニングが床田の悪いところと言うけれど、佐々岡カープの悪いところもたくさん出てましたよ

 「広島3-9DeNA」(13日、マツダスタジアム) 広島がDeNAに大敗し、連勝は6でストップ。今季初の7連勝を逃した。 情報源: 広島・佐々岡監督 一挙7失点の床田に「連打でビッグイニングになってしまうのが悪いところ」 とうとう連勝が6でストップしちまったよな。それまで好投を続けてきた床田が雨が降り出した途端に乱調。一気にひっくり返された。まぁ色々要因はあるとは思うけどな、床田にはしっかり投げて欲しかったというのはある。あるけど、カープベンチも「もう少し何とかならんかったのか?」と問いたい気 […]

床田が踏ん張り、打線が追いついても栗林温存で押し出しサヨナラ負け。チグハグ采配を生む要因は明らかな戦力不足

 「中日4-3広島」(5日、バンテリンドーム) 広島は3-3の九回、菊池保の押し出し四球でサヨナラ負けを喫した。10月は4戦4敗で、借金は再び15まで膨らんだ。 情報源: 広島が栗林温存サヨナラ負け 佐々岡監督「試合前から決めていた」 チームと言うのは何も野球だけじゃないよな。他の団体スポーツや会社の組織など人が数人集まればチーム。必ずそれを引っ張っていくリーダーが存在することになる。このリーダーがフラフラしているとね、誰も望まない結果を招いたりする。このゲームね、選手たちは「チームのため」に力 […]

森下好投も援護なし。最後は勝ちパターンの中継ぎがズタボロで完敗。中継ぎ陣がガラスのハートじゃ勝てません

あぁ3年連続のV逸…。広島が首位ヤクルトに同一カード3連敗を喫して、21年の優勝の可能性がなくなった。今季も課題だった中継ぎ陣が打たれ、得点力不足の打線もヤク… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com) 情報源: あぁ3年連続のV逸…広島中継ぎ陣打たれ首位ヤクルトに3連敗、遠のくCS – プロ野球写真ニュース : 日刊スポーツ 昨日もデーゲームと言うことで観戦できなかった。一部同点に追いつきひっくり返せそうな場面も […]

両軍監督の継投に明暗。佐々岡采配の端々で感じる「勝利への執念」の無さ

 「広島5-9ヤクルト」(2日、マツダスタジアム) 広島は終盤に粘りを見せたが、ヤクルトに及ばず2連敗。今カードの負け越しが決まった。 情報源: 広島・佐々岡監督「歯がゆい」今季本拠地でヤクルトに1勝8敗1分け 昨日は妻と買い物に出かけてね、ゲームを見たのは8回の追い上げの場面。龍馬がスリーランでダイヤモンドを1周しているシーンからだった。すでに大量リードを奪われていたからね、勝負はすでに決まっていたように思う。これで対ヤクルトには大きく負け越し、地元では1勝8敗1分だってな??阪神には3タテで […]

佐々岡監督の投手起用では7回8回問題は解決しない??代打でバットを一度も振らない選手がいるんじゃ勝てないよな

 「広島4-5ヤクルト」(1日、マツダスタジアム) 広島は中継ぎが崩れ、今季初となる7連勝とはならなかった。 情報源: 広島7連勝ならず 中継ぎ陣が崩れ 会沢、長野の連打で一時勝ち越すも 横浜⇒甲子園のロードを6連勝で広島に戻ってきたカープ。ここ10試合でカープと共に勝率のいいヤクルトとの3連戦。今、好調なチーム同士の対戦でね、昨日のゲームもいいゲームだったように思う。ただ、勝敗を分けたのは様々な部分での「勝負強さ」の差だったように思う。これが首位と5位の差という部分も痛感したねぇ。今日はちょっ […]

ハマスタならではの乱打戦を制して最下位脱出!!栗林球団新人記録更新も佐々岡監督の継投ミスで森下の白星が吹っ飛んだ

 「DeNA8-10広島」(26日、横浜スタジアム) 広島が終盤に猛攻を見せ、横浜最終戦を劇的な逆転勝利で飾り、最下位を脱出した。 情報源: 広島 逆転勝ちで最下位脱出「打つしかない」九回に菊池涼の一打で勝ち越し 昨日は1日外出していてね、どうだろう??コロナの感染者がかなり減ってきているんで街の人出もかなり多いように感じたねぇ。幹線道路は渋滞しているし、少しずつ日常を取り戻しつつある。そんな感じになってきたねぇ。帰りは渋滞にはまりカープのゲームを見られたのは9回の勝ち越し打を打った菊池が打席に […]

「情」を勝負に持ち込んでしまったら白星は逃げる。佐々岡監督の頭の中にあった「2-0」で勝つというこだわりが迷走のきっかけ??

 「ヤクルト2-2広島」(20日、神宮球場) 広島の森下暢仁投手(24)が、復調の兆しを示した。2点リードの八回に4連打で同点とされ、8回7安打2失点で勝敗は付かなかった。ただ、七回までヤクルト打線を3安打に封じ、直近の登板からの変わり身を披露した。自身最長を更新する6試合連続勝ち星なしとなったが、次戦につながる内容。次こそ7勝目をもぎ取る。 情報源: カープ森下また勝てず 復調の兆しも後半戦初星ならず「本当に申し訳ない」 野球というスポーツは「監督」の色が濃く出るスポーツだよな。ラグビーなんか […]

1 35