スポンサーリンク

またもや大竹の前に凡打の山で完封負け…それでも前を向いて実りの秋にボコボコにすればいいさ

強いカープがみたい!
スポンサーリンク

「広島0-2阪神」(5日、マツダスタジアム) 広島は阪神・大竹の前にわずか5安打に抑えられ今季7度目の0封負けに終わった。

情報源: 広島・新井監督 大竹に完封負けも攻撃陣に「前回対戦より内容的には良かった」

このカードの初戦は9-1と打線が活発、床田の好投で快勝。まぁ前日打ちすぎると翌日はからっきし打てないというのはプロ野球あるあるなんだけど、昨日のゲームはそれが実現してしまったようだねぇ??阪神先発の大竹をカープ打線は最後の最後まで捕まえきれずに完封負け。また新たな「苦手」が出てきた印象だよな。

平成ジャンプの両チームも阪神には苦手投手が多い??

かなり前だけど、「平成ジャンプ」について書いたことがある。別にアイドルグループの話じゃなくて、平成の時代に12球団で日本一になれずに平成を終えてしまったチームのことを言うんだけど、そのチームはカープと阪神。お互い苦しい時期もあったけど、カープはこの間、阪神に対して多くの苦手投手がいたように記憶している。最近では西と秋山ね、かなり負けてようやく攻略できるようになったよな。まぁその辺がいなくなったかと思ったら大竹が出てきた。うまく行かねぇよな。
その前は??というと能見だよな、それと現投手コーチの安藤も先発時代は苦しめられた。この時代のエースはメッセンジャーだけど、この投手にはあまりやられた記憶がないねぇ。さぁどんどん古くなってくる(笑)。
井川がエースの時代はそれほどやられた記憶はないけど、先発時代の福原には苦しめられた。その前は変則フォームの川尻や藪、湯船、もっとさかのぼれば野田や中込、仲田とね結構苦しめられた投手は多かった。まぁカープは各球団に苦手がいたから平成ジャンプしちゃったわけで、リーグ優勝を目指すうえでは苦手を極力つくらないというのは必須条件になってくるだろうねぇ。

菊地が…秋山が…タイミングが合わずに凡打の山

この日のカープベンチは左腕の大竹対策として左打者を5人起用した。しかし残念ながら機能とまではいかなかった。ただ、この日大竹から打った5安打はすべて左打者。決して起用は間違えていなかったように思うねぇ。
この大竹は真っすぐは出ても140㌔ちょっと。決してすごい球を投げるわけではない。ただ、球の出どころが見づらい分タイミングが取れない。菊池なんかは始動が早くなってポップフライばかりだし、秋山もなかなかバットが出せなかった。あっという間に追い込まれて自分の打撃をさせてもらえず終わってしまった。そんな感じだったよな。右打者のデビッドソンや曾澤も決して速くない球に差し込まれてしまっていた。ゆっくりとしたフォームからピュッとくる感じね、変化球より真っすぐにタイミングを合わせるのが難しい印象だったよな。ゲーム後の新井監督も脱帽といった感じだったけど、やはり左打者の方が打ちやすさはあると感じたようで、次回の対戦時は左を並べる策も頭にあるようだねぇ??まぁ色々やってみることは大事で、どうやったら大竹の足を引っ張ることができるか?今後のカープベンチの采配に注目だよな。

龍馬が3安打で一人気を吐くも守備での油断が最後まで響いた??

そんな大竹相手に一人3安打と気を吐いたのが龍馬だよな。右に左にしっかり打ち分けていたし、龍馬に限って言えば大竹はそんなに苦にするタイプではないのだろう。だからこそ、何とか龍馬の前にランナーを出したかったけど、そういった場面にさえたどり着けなかったよな。打撃は相変わらず好調でヒットも90本以上とセ・リーグではダントツのヒット数だ。今季にかける意気込みが結果として出ているよな。
ただ、守備の面でゲームを左右するミスが出た。3回の失点の場面だよな。無死1,2塁の場面で阪神3番前川の打球は三遊間を抜けるヒット。やや前に守っていたレフト・龍馬が捕球体制入り2塁ランナーもこれではホームに突っ込めないと3塁ベース付近でスピードを緩めた。と、ここで龍馬が打球をファンブル。大きくそれたわけではないので龍馬も慌てずにボールを拾うもその間に島田がホームを駆け抜けてしまった。恐らく龍馬もこのくらいでは走ってこないだろうと決めつけてしまったのだろう。そのスキをつかれる形になってしまったよな。結局この2点目が最後まで重く感じてしまった。もったいないプレーだったよな。

スポンサーリンク

森下は調子最悪も粘って6回2失点

連勝の期待がかかった先発森下。結果は6回2失点とQSを達成も内容は非常に苦しかったし、森下本人もかなり不満の内容だったよな。とにかくコントロールに苦しんだ。特に変化球の制球は最後までバラついていた。まぁそれでも6回2失点だからこの辺は森下の才能というかね、森下にしかできない投球だったように思う。失点の仕方も「しょうがない」といった感じで初回の島田の一発は事故みたいなものだし、3回も龍馬の守備で失点。その後も続いた無死満塁を無失点で切り抜けたあたりはさすがの森下といった感じだった。調子が悪くても何とかする。森下らしさが出たよな。
ただ、最後の最後までランナーを背負う投球が続いて球数も増えた。本人はもう1イニングと言いたいところだったろうけど、手術明けというのもあるし、まだまだ試合数はある。ベンチもいい判断だったろうねぇ。
このゲームは本当にカープがずっと守っている印象。打線は大竹の前にあっさり打ち取られて、森下は球数が多く、常にランナーを背負う形だったからそういう感じになってしまったわけだけど、その中でもゲームを壊さずに6回を投げ切った森下をアタクシは評価したいねぇ。次は12日の東京ドームだけど、アタクシは生観戦予定。いい投球を期待したいねぇ。

対左投手に9勝18敗も実りの秋になんとかすればいい

今季のカープは貯金が5つあるわけだけど、昨日の敗戦で対左投手の成績は9勝18敗と借金9。ダブルスコアだよな。まぁそれでも今永だったり、この大竹だったりといい投手は右だろうが、左だろうが打てないものは打てん(笑)。あまり気にする必要はないだろう。その辺は朝山コーチがしっかり考えればいいのよ。そして新井監督もこの大竹に対しても非常に前向きで「前回よりはいいじゃん」と。報道陣の問いに対して「そんなの関係ない」と喉元まで出かかっていたことだろう。アタクシもそれでいいと思う。

このゲームに関しても新井監督は何が何でも今日、大竹を打ってやろうという采配ではなかった。唯一のチャンスと言っていい7回に1死から龍馬と広輔の内野安打で1死1,2塁の場面。ここでデビッドソンがショートフライ、曾澤も三振に倒れた。ここで勝負をかけてもよかったのでは??というカープファン同志も多かっただろう。新井監督もそれは十分にわかっていたと思う。それでも代打攻勢をかけなかったのはデビッドソンには大竹に慣れてもらうために打席を与え、曾澤は大竹との相性を買ったとゲーム後にコメントをしていた。まぁ何も今すぐというよりは先を見据えてあえて勝負に出なかったというか代打策は頭になかったということだから、新井監督の中にも大竹を打てないという焦りは全くないといった感じなのだろう。アタクシはそれでいいと思うねぇ。

今の戦いというのは公式戦終盤に差し掛かってからの「優勝を狙う」ためのポジションづくりの時期。今は非常にいいポジションにいると思う。先週の6連勝というのは非常に大きくて、貯金のボーダーラインを5割から貯金5に引き上げることができた。そんなに何度も連勝はできないからここから一進一退が続いて次の連勝のチャンスをうかがう時期が今だろう。その連勝で貯金のボーダーラインを10でも15でも引き上げられればいいし、そうなれば本格的に「優勝争い」に顔を出せる。もちろん連敗はしないようにしていかんのは言うまでもない。だからここでこの1敗を引きずっていてはダメなのよ。連敗しないように次に目を向けなきゃいかんのよ。
肝心なのはそういった優勝争いになった時にこの大竹を打ち崩せるかどうか。今永を打ち崩せるかどうか。なのよ。その時の1勝は今の時期の1勝よりもはるかに重いし、優勝をグッとこちらに引き寄せる1勝になるし、相手に与えるダメージも今打つよりその時に打った方がデカイ。これからもっともっと大事なゲームはあるし、そこで昨日のゲームのように大竹に捻られているようじゃダメ。まだまだ勝負は先。大竹攻略は秋までに何とかすればいい。だから選手もファンも前を向いてほしいよな。

さて、Mageちゃん理論からすると、昨日のゲームよりも今日が大事。昨日の負けで貯金が5だから、今日は何とか勝たんといかんゲームになるよな。先発は前回好投した野村とオールスターファン投票1位の村上だ。カープは今季初対戦だよな。昨季に対戦があるようだけど、その時はカープ打線は打っている。開幕から無失点記録を伸ばすも交流戦で連敗しているし、勝っているチームも中日から3勝、ヤクルトから2勝、西武から1勝といやらしい言い方をすると「下位チーム」が多い。優秀な左打者が多いカープからすると決してナメる必要はないけど、必要以上に構える必要もないかなぁと思うねぇ。何とか野村が粘ってゲームを作ればなんとかなるゲームになるだろう。首位阪神に勝ち越してまた連勝できるような勢いをつけたいよな。

にほんブログ村、ブログランキング参加中です!ポチっとやってくれるとありがたいです!
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
強いカープがみたい!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
Mageちゃんをフォローする
Mageちゃんの鯉恋日記其の4~The road to strong CARP revival~

コメント

  1. MAX より:

    こんにちは。
    昨日の試合の西川はいただけなかったですね。
    イメージ的にはムラが激しいタイプなので、ノッてる時は手をつけられないのですが、ダメな時は攻守でダメ、そんなイメージです。
    前の試合で5打点叩き出したりこの試合でも3安打打っているだけにもったいないプレーだと思いました。

    小園に関しては二軍では調子が良かったのかもしれませんが、韮澤の方が何かしてくれそうな感じがあったので、むしろチームにとってマイナスだと思っています。
    韮澤が再登録できるまでは起用するでしょうが、そこまででなんらかの結果を出さなければ厳しいかなとも感じてしまいます。
    代打を使わなかったことも批判されていて、監督としてもやりくりなどがあるのでしょうけど、小園は會澤やデビットソンよりも現状の期待値は低いですし、代打を出す、上本や矢野を出して見るなどしても良かったかなとは思いました。

タイトルとURLをコピーしました