口火を切った4番の一発!堂林の一発にみんな笑顔。中継ぎトリオは開幕、キビシイかな…

口火を切った4番の一発!堂林の一発にみんな笑顔。中継ぎトリオは開幕、キビシイかな…

 「練習試合、オリックス6-10広島」(6日、京セラドーム大阪) 広島の鈴木誠也外野手(25)が6日、「4番・右翼」で先発出場し、三回に豪快な逆転3ランを放った。2分けを挟んで対外試合13連敗中、22イニング連続無得点だったチームの暗いムードを払しょくする、価値ある一発で、チームの連敗ストップにひと役買った。対外試合での本塁打は3月22日の中日戦(マツダ)以来。主砲が開幕へ向け状態を上げていく。

情報源: 広島・鈴木誠、豪弾 あっという間に左翼5階席!連続無得点も連敗もぶっ飛ばした~!

Advertisements

ようやく連敗が止まったようだねぇ。とりあえず一安心だよな。

Advertisements

口火を切ったのはやはり4番の一発だったねぇ。5階席まで届いたスリーラン。停滞していた打線、チームにとって大きな一発。これぞ4番の仕事といった感じだよな。

Advertisements

もうすでにカープは「タナキク(マル)」から「誠也のチーム」に切り替わったということだろうねぇ。チームが何が何でも誠也に回すんだ!という気持ちが出てくると打線につながりが出てきそうだよな。戦いながらになるんだろうけど、やはりそれほど4番というのは「重い」仕事なんだよな。

Advertisements

まぁそれでも打線のつながりというのを求めるとするのなら、この日10得点のうちホームランで入った点が9。もう少しタイムリーや足を絡めての得点なんてぇのも欲しいと言えば欲しいよな。

Advertisements

でも、アタクシはこういう一発攻勢というのも、相手にとっては脅威になるだろうし、決して悪いことではないと思う。なんせ、ホームランってのはベンチは盛り上がるもんな。ただ一発でないとお手上げというも増えてくるだろう。

Advertisements

ただ、その一発の期待を誠也にだけ背負わせるのは酷。打順でも誠也が勝負を避けられた時の為に5番が重要だなんてぇのも間違えていないと思うし、それを誰にするか?松ちゃんの出遅れで、この辺が決まらないってのが一つの課題になっているよな。

Advertisements

松ちゃんが復帰してくれるのもいいし、メヒアだってこの日2本打ってるしな当然候補として上がってくるだろう。

Advertisements

勝負強さという面では會澤もいるし、下位打線でチャンスを作れば当然広輔だってポイントになってくるだろう。

Advertisements

打線として、キーになる選手に何が何でも回すぞ!というね、かつては新井さんがそうだったように、そういう想いでチームが一つになるってのは今のカープの選手たちは経験済み。誠也をはじめとしてそういう存在の選手が多ければ打線のつながりもよくなってくるだろうねぇ。

Advertisements

こういう頼りになる選手がもう一人、二人出てくると打線が活発になってくるだろう。

Advertisements

ちなみに補足みてぇで申し訳ないけど、唯一のタイムリーを打った西川龍馬。ここの所らしさが影を潜めている印象だったけど、チーム久々のタイムリーね、これ、結構今後に影響してくると思うよ。打線復活といきてぇもんだよな。

Advertisements

もう一つ。我らがプリンス堂林。9回のダメ押し打を含めて3安打の猛打賞。思わず笑顔になった同志も多いだろうねぇ。アタクシもその一人よ。

Advertisements

なんだろう?わからんけど堂林が打つとかつて子育て中に子供が歩けたとか、一人で自転車に乗れたとか、一人でおしっこできたなんてぇ「成長」を感じる時に思わず出てしまう「笑み」ね。なんかそれに似ているような気がする。

Advertisements

まぁ子育てしていない人にはピンと来ねぇかもしれんけど、常に心配しながら見守る存在が「成長」を見せてくれた時の喜びね、なんか、あれに似てるのよ(笑)。

Advertisements

堂林も期待されながらも結果が出ず、打撃フォームも試行錯誤を繰り返しながら10年生になっちまった。

Advertisements

その堂林が今シーズンキャンプからそれなりの「存在感」を示しているよな。いつもは当落線上にいる印象が強かったけど、やはり打撃で結果が出ているだけにベンチも「使ってみよう」という気持ちになっているよな。

Advertisements

もちろんレギュラーではないだろうし、出番も限られてくるだろう。その中でも結果を出し続けてほしいよな。

Advertisements

あの右中間への大きな打球ね、キャリアハイの14年を思い出す。なんかやってくれそうな予感だよな。

Advertisements

さて、投手陣。この試合を観れたのは5回くらいからなので床田の投球を見ることができなかった。なので床田に関してはコメントは控えよう。

Advertisements

さて、5回終わって4-2と2点のリード。この2点を守り切る継投を試すのかなぁと思っていたんだけど、6回に中田廉をマウンドに上げた。連投だよな。

Advertisements

その中田廉が4球で1点を失うとベンチは早々に高橋樹にスイッチ。ピンチを迎えて右打者を迎えると藤井皓にスイッチしたよな。同志の皆様はこの練習試合にして1イニングで3投手を使ったという「意味」を考えた方、結構いらっしゃるんじゃないかなぁと。

Advertisements

まだ今日も試合があるけど、この関西遠征はこの3投手の最終テストの意味合いもあったんだろうなぁと感じた。この3人のうち誰でもいいから1軍に残せればという狙いがあったのではないかと。

Advertisements

で、なければ中田廉が4球で交代というのはないだろうと思う。2点差で終盤、そして未確定だけど勝利の方程式につなぐ意味では大変重要な6回というイニングね。ここをビシッとできる投手が確かに欲しい。場合によって左右の継投を交えながら切り抜けるという考えも佐々岡監督の中にはあるのかもしれん。そういう役割を担ってほしいという想いでこの3人を1イニングで放り込んだような気がしてならなかった。

Advertisements

なので簡単に点を失った中田廉は「不合格」だったんだろう。高橋樹は左の勝俣を仕留めたけど、右打者の大田には四球出しちまった。ここを抑えれば高橋樹は1軍の切符に大きく前進できたかもしれん。「惜しい」んだよな。

Advertisements

右の若月のところで藤井皓。ここも粘れずタイムリーを打たれた。その後やはり我を忘れたか藤井皓の悪い癖が出たか、ワイルドピッチをやらかす。まぁ最後は大城を抑えたので大怪我しなかったけど、流れとしては一気にビッグインニグになる臭いがプンプンしていたよな。

Advertisements

これ、シーズン中なら「佐々岡監督の継投が裏目」という評価になるんだろうけどな、アタクシはこの3人で2点のリードを守って来い!というミッションを与えたように思う。残念ながらそのミッションをコンプリート出来なかった。この3人が来週からマツダ、PayPaYドームで投げる姿は見られないかもしれんな。

Advertisements

シーズン中、後ろの投手が強いチーム相手ならここでの同点は展開的に厳しくなるだろうねぇ。そういうことを想定すれば、やはりこの3人の中で誰か出てきて欲しいという想いは理解できる。脱落した投手はもう一度下で頑張って這い上がってきて欲しいよな。

Advertisements

最後に投げたスコット。生で投げる姿を初めて見たけど、どうだろう?これが抑えでも悪くないかなぁと感じた。マウンドさばきというか、まぁ4点差あったてのもあるけど、自分のペースで投げられる投手かなぁと感じた。危なげなく3人で締めたしな、1軍には残るだろうねぇ。

Advertisements

え?フランスワも投げたよ?だって?アタクシはまだ知らんよ、アイツは(笑)。

Advertisements

だた、空振り取れるようになったのは一歩前進かな。でも、まだ知らんよ(笑)

Advertisements
にほんブログ村、ブログランキング参加中です!ポチっとやってくれるとありがたいです!<
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
最新の記事を見逃さない読者登録はこちらへ↓<
ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!
Mageちゃんの鯉恋日記3 - にほんブログ村
にほんブログ村、ブログランキング参加中です!ポチっとやってくれるとありがたいです!<
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
最新の記事を見逃さない読者登録はこちらへ↓<
ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!
Mageちゃんの鯉恋日記3 - にほんブログ村