今村猛

1/2ページ

強いカープにいて欲しい百戦錬磨の中継ぎ投手。今村・中崎の復活が中継ぎ安定化の道

広島今村猛投手(29)が12日、広島・廿日市市内の大野練習場でトレーニングを行った。今年は高卒1年目以来10年ぶりに1桁登板に終わった。復活を期す来季へ向け、… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com) 情報源: 広島今村復活へ「真っすぐこだわり」肉体改造で改革 – プロ野球写真ニュース : 日刊スポーツ FA戦線ではDeNAの梶谷、井納が揃って巨人入りを表明。まぁ相変わらず巨人は同一リーグの戦力そぎ落としに躍起に […]

カープの落日の象徴4投手が大幅ダウン更改。来季は意地を見せて欲しい。スコット再契約の事情を「低年俸ならと」と納得してしまっていいのだろうか?

広島今村猛投手(29)が26日、広島市内の球団事務所で契約交渉に臨み、減額制限(25%)となる2000万円減の年俸6000万円で更改した。今季について「3月時… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com) 情報源: 広島今村2000万減「僕の実力不足」巻き返し誓う – プロ野球写真ニュース : 日刊スポーツ 金曜日の夕方。娘が学校から帰ってきてすぐ車を飛ばして石和温泉に一泊してきた。久々の甲州路を楽しんできた。河口湖 […]

V奪回のカギはリリーフ陣。編成は先入観や過去を捨ててほしい。

 広島の佐々岡真司新監督(52)が13日、一岡竜司投手(28)と中崎翔太投手(27)の復活に期待を寄せた。1軍の秋季練習休日を利用して2軍の秋季練習が行われている広島・廿日市市の大野練習場を訪れ、ブルペンでの投球練習を視察。今季は本調子ではなかった一岡と中崎。V奪回には勝利の方程式を固めることが不可欠だけに、実績がある両右腕の復調が必要だ。 中崎と一岡に、佐々岡監督は注視した。ブルペンでの投球練習を見るのは久しぶり。もちろん監督に就任して以降は初めてだ。「今年は彼らがいなかった分、苦しかった。2 […]

熱闘ジョンソンの白星がヘナチョコ継投でフイに。素直に喜べないサヨナラ勝ち。

 「広島9-8ヤクルト」(20日、マツダスタジアム) 広島が九回に3点差を逆転。鈴木誠也外野手が24号3ランを放ち、同点に追いつくと、最後は三好匠内野手がプロ初のサヨナラ適時打を中前に放った。 情報源: ミラクル逆転勝ち 九回…誠也が起死回生の同点3ラン 三好プロ初サヨナラ打 火曜日ってサヨナラ勝ちが多いような気がする(笑)敗色濃厚だと思って寝るとひっくり返しているケースが結構多い。困ったもんだよな。観ないほうがいいのかもな。 ただ、今のカープを冷静に見てみると結局大差で圧倒するか、こうしたドタ […]

8回裏、メヒアに代打は考えなかったのか!?14残塁が物語るベンチの無策ぶり。

 「広島7-8巨人」(12日、マツダスタジアム) 広島は追い上げながら首位巨人に敗れ3連敗。巨人とのゲーム差は4・5に広がった。 情報源: 広島 痛恨の3連敗 必死の追い上げも14残塁が響く 首位巨人に4・5差 まずは試合前と試合後。ここを書きたいと思うんだよな。 巨人はヤクルトを3タテして広島に乗り込んできた。ゲーム差は3.5差。この3連戦、一つ勝てばそれほど問題はない。できれば、先発山口がカープ打線を黙らせて快勝と行きたい。 5番に阿部を入れて岡本もよくなってきた。ゲレーロが絶好調。連敗中は […]

勝ちゲームを2度落してピンチ!?今こそ緒方監督の手腕が問われる巨人、DeNA戦

 広島が信じられないミスから阪神に痛恨の逆転負けを食らい、首位・巨人とのゲーム差が3・5に開いた。 情報源: 【広島】2試合連続の逆転負けで首位・巨人と3・5ゲーム差 昨夜は中学時代の仲間と年一の飲み会。同級生で唯一のカープファンの仲間と試合をスマホで追いながら飲んでたんで、試合についての寸評は今日はなしよ。 まぁ前半はさすが優勝争いをするチームらしい展開に持ち込んだよな。まぁ内容的には3タテできたけど、下位の阪神に負け越し。そら、痛ぇよな。 「このチームは強い。」3連覇中、アタクシは一度もカー […]

サヨナラを呼び込んだブルペン陣の頑張り。きっかけは8回の佐藤祥万の起用と好投じゃねぇかねぇ?

野球情報満載デイリースポーツ/菊池が延長十二回決めた 今季35度目逆転勝ち!サヨナラ7連勝でM12 情報源: 菊池が延長十二回決めた 今季35度目逆転勝ち!サヨナラ7連勝でM12/デイリースポーツ online  しかし、アレだな。延長戦ってのはどうも飲みすぎてしまっていけない。昨日の試合のようにカープのブルペン陣が小気味いいピッチングしてくれるたびに缶ビールが「プシュ」っとなる。気が付いたら女房と二人ですっかりできあがっちまってねぇ、菊池のサヨナラ打を見届けた途端に電池が切れて眠っちまったよ。 […]