龍馬「悪球打ち」は天性のバットコントロールの賜物。九里好投も白星つかないのはなぜか

龍馬「悪球打ち」は天性のバットコントロールの賜物。九里好投も白星つかないのはなぜか

野球情報満載デイリースポーツ/緒方監督、西川V3ランに「まさかまさかの1本で」とニンマリ

情報源: 緒方監督、西川V3ランに「まさかまさかの1本で」とニンマリ/デイリースポーツ online

最近6歳になる娘も野球みながらあぁでもねぇ、こうでもねぇとぶつくさ言ってる父親が気になるみてぇでね、カープ戦見ていると「カープ勝っている?何対何?」なんて聞いてくるようになった。

先週くらいは負けゲームが多かったら負けてることを伝えるといきなり「何やってんだ!コラーっ!」とドスを効かせて叫ぶ(笑)。おい、娘よ、ちょっと待て。それって…パパの真似?(笑)

カープの選手もだいぶ覚えてきた。お気に入りは菊池。テレビに映ると「きくちゃん、きくちゃん💛」とくる。しかしよ、「きくちゃん」って聞くとどうしても笑点の木久扇師匠の顔が浮かんできちゃって気が抜けちまうんだよな。

ママはイケメン広輔を贔屓。アタクシは高校の後輩である誠也押し。その辺の選手の顔と背番号が一致してきているらしく、最近は選手の名前を聞いてくるようになった。順調に次世代のカープ女子を育成中でございます(笑)

昨日は仕事の後、大雨なんで嫁のお迎えに娘と出かけてね、近くに大型ショッピングモールがあるせいか全然車が進まん。カープ戦の速報をチラチラ見ながらのダラダラドライブ。

娘も「カープ、勝ってる?」とチラ見するたびに聞いてくる。「まだ0-0だよ」と言えば「ったく、しっかりせぇ~」。

そんな中でラッキーセブンに飛び出した龍馬のスリーランで車内は狂喜乱舞。「ショッシャ~!」と娘もガッツボーズ。完全にオッサン化しとったよ。(笑)

あとで映像は見たんだけど、あのホームラン、完全にボール球だよな。しかしながら龍馬はしばしばボール球をヒットにする。この辺ってのはよく言われる「バットコントロールの上手さ」からきているんだろうねぇ。

ボール球を打つなって昔から野球少年は教わってると思うし、実際にボール球打ってもなかなかフェアゾーンには打球は行かないのよ。

件のホームランも普通の打者なら後ろに飛ぶか、切れてファールになるかって感じの球だったよな。

それをライトスタンドに一直線に持っていくってのは、バットコントロールの上手さなんだろうねぇ。素晴らしいよな。

まぁ まさかあそこで龍馬がホームランってのも誰もが驚いた。曾澤が打撃好調で西川や美間、安部と「三塁手」の指定席になっている8番の打順で一発が出るってのは本当に大きいよな。というか8番にこういう打者がいるってのも相手にとっちゃぁイヤなもんよ。この打線ってのがひょっとしたら、3連覇のカギになるかもしれんよな。

ただ、ボール球を打ち始めると調子を落とす傾向にあるのも事実。開幕当初、調子が上がらなかった龍馬は一度2軍落ちしている。もちろん同じ轍は踏まんとは思うけど、あれはあれ。ってっ感じで今後もしっかりとボールを見極めて好調を維持してほしいよな。

それにしても連日の投手戦。緊張感の中での同一カード3連勝ってのはデカいよな。投手戦を演じた主役の一人に九里がいた。最近の内容からすると信じられないくらいの内容だったよな。

まぁ楽天打線に元気がないってのもあるけど、九里も非常にいい緊張感の中で投げることが出来ていい経験になったろうねぇ。集中してしっかり投げればバックが守ってくれる。思い切って投げ込めば打球がいいところに飛んでくれる。こういう経験ってのは「逃げ」の姿勢が感じられる今シーズンの投手陣にいい刺激になるといいよな。

とはいっても好投した九里に白星はつかんかった。勝たせてあげたかったし、白星が付けば今後への期待も膨らむよな。まぁ一つミソつけるとすれば5つの四死球だよな。相手の美間は四死球ゼロ。まぁそれでも美間が負け投手にはなったけど、試合展開もあるけど九里の方が先にマウンドを降りたわけでね、白星を勝ち取るには相手先発よりも先におりちゃぁだめよ。先に降ろされるってことは何かしらの不安材料があるからだよな。その物差しの一つとして「四死球」がある。僅差の試合でゲームが後半になるにつれ「四死球」ってのが命取りになる。この課題をしっかり胸に刻んで投げていけば、勝利の女神はいずれ九里に微笑むってもんよ。頑張ってほしいよな。

交流戦も残り7を残したところで6勝5敗。首位のヤクルトが9勝2敗。どうだろう?交流戦優勝ラインは去年と同じ12勝かヤクルトが突っ走れば13勝ってところがギリギリラインかねぇ?

12勝なら残り6勝1敗。13勝なら全勝。ヤクルトが調子を維持して5勝2敗ならカープは届かない。一つでも負ければアウトだよな。

ただ、こういう中でもセリーグ連覇の意地はしっかり見せてほしい。ヤクルトが連敗でもすればそれこそ戦国の優勝争いになってくるよな。その辺は常にトップを狙う気持ちで戦ってほしいよな。

次の対戦相手のオリックスも星はカープと同じだし同じことを考えているだろう。去年、一昨年とマツダスタジアムでおいしい思いをさせてくれた相手ではあるけどな、今年は大阪ドームで対戦する。まぁ何度かセリーグでも使っている球場だから不安はないけどな、この3連戦が交流戦上位に残れるか否かのサバイバルになりそうだよな。

とにかく、ここで下位に沈むようなら3連覇はない。そのつもりで全部勝ちに行く野球を見せてもらいたいものだよな。

スポンサーリンク
にほんブログ村・ブログランキング参加中!ポチッとお願いします!
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
このエントリーをはてなブックマークに追加