スポンサーリンク

九里好投も巨人の一発攻勢に泣く…交流戦直後の巨人⇒DeNA戦でカープがふるい落とされる??

強いカープがみたい!
スポンサーリンク

広島は好機で中軸に1本が出ず、主導権を握れなかった。3回は同点に追い付きなお1死二塁から秋山翔吾外野手、西川が凡退。1点を追った5回は1死満塁から秋山が投手正… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

情報源: 【広島】併殺打の秋山翔吾「あそこを打ちきれなかったのは悔しい」巨人に敗れ3位浮上ならず – プロ野球写真ニュース : 日刊スポーツ

交流戦を9勝9敗で切り抜けたカープ。今季は健闘したというか、無難に通過できたということだろう。まぁ過去3季はずっとビリだったからな、「よくやった」という声も多いだろう。ただ、この交流戦でカープに風が吹いたかといえばそうでもない。セ・リーグではDeNAが交流戦を制し、巨人も大きく貯金を作った。この2チームが交流戦を機に勢いがついたと言っていいだろう。逆に阪神は貯金を減らし、昨日のDeNAとの首位攻防第1ラウンドを落として3連敗。ヤクルトと中日は交流戦もパッとせずに4位カープとのゲーム差が7.5ゲーム離れた。終わってみればカープにとってこの交流戦、順位も貯金も大きな変化がなかったわけで、これを良しとするか物足りなさを感じるかは色々な意見があるだろうねぇ??そんな交流戦後のカードは勢いがつき始めた巨人とDeNAを地元に迎える。この6試合の結果いかんではカープもBクラスのチームに吸収される可能性はあるよな。結構大事なカードが続くよな。

九里 巨人の一発攻勢で7回3失点も好投

そんな大事な初戦を任されたのは九里だ。全体としては非常にいい投球だったと思う。下位打線には非常に少ない球数で打たせて取り、上位打線に対しても粘り強い投球を見せてくれた。6回のピンチには岡本、中田を三振に斬るなど「らしさ」も見せてくれたよな。
ただ、悔やまれるのは「一発」。初回の失点は「しかたない」と割り切れたけど、吉川と岡本に一発食らった。特に岡本に浴びた一発が決勝点になってしまった。やはり巨人打線は一発が出始めると怖い。特に交流戦で一発を量産した岡本は今後も徹底マークしなきゃいかんだろうねぇ。

迫力に欠けたクリーンアップ

巨人もいきなり坂本が負傷退場となったけど、役者はいるよな。岡本、中田は当然一発があるし、狙って打てる打者。丸も打率は悪いけど、一発が出ている。秋広もデカいからそれ相当の圧はあるよな。現に巨人は「一発」でペースが握れる強さがある。
対するカープのクリーンアップは秋山、龍馬、そして5番には堂林が入った。この5番起用は巨人先発が左腕の井上ということでの起用だろう。ただ、いかんせん「迫力」にかける。個人的にはハッタリでいいから末包をおいてもいいのではないかなぁと思ったねぇ。まぁ結果は絶好のチャンスでこのクリーンアップが火を噴かなかった。打ったヒットは龍馬の内野安打のみ。巨人はクリーンアップで3得点。四球も選んでいるし、このゲームはクリーンアップの差が出たと言ってもいいだろうねぇ。

秋山が心配

4回に岡本の一発で巨人が勝ち越したわけだけど、ゲーム中盤はカープがゲームをひっくり返せる雰囲気は十二分にあったと思う。チャンスもあったしな、ここで点が取れなかったことで巨人の継投策を楽にしてしまった側面はある。特に5回の1死満塁のチャンスを逃したたことで巨人に流れが行ってしまったよな。
マウンドにはこのイニングから横川があがった。結構カープ打線を苦しめてきた投手だ。しかし、先頭の野間が四球を出すと横川の独り相撲で1死満塁のチャンスをもらった。まぁここでカープが得点を重ねられれば、今季マツダで分の悪い巨人だからな、カープペースに持ってこれたんだろうと思う。しかし、秋山が最悪の投ゴロゲッツーでチャンスを潰してしまった。ここがこのゲームの分岐点だろうねぇ。

開幕からヒットを重ねてきた秋山。当然シーズンは長いから好不調の波はあるだろう。ただ、6月に入ってからの打率が1割台と不調がちょっと長いような気がする。秋山のようなヒットメーカーは結構安定した数字をキープしつつ調子のいい時にグンと打率を上げる。不調という期間がないくらい安定した成績を続けることができるからこそ、首位打者や最多安打というタイトルが取れるんだと思う。そういった実績のある秋山だからこそ、この6月の不調は心配だよな。
交流戦でもチャンスで三振してしまったり、打席で粘りがなくなっているようにも思う。この場面でも横川の投球に差し込まれたり、かと思うとかボール球に手を出したりと、タイミングが取れていない印象がある。普通の選手ならよくあることだけど、秋山だからこそ心配なんだよな。何とか調子を取り戻して頑張ってほしいよな。

森浦 巨人打線の迫力に押された??

ゲームは九里が巨人打線の反撃を食い止め1点差のままゲーム終盤。後半の粘りが売りのカープにとっては十分にひっくり返せる展開だった。特に巨人の抑え・大勢はカープ打線を苦手にしている。巨人サイドから見ればこの1点リードは決して勝っている気分にはなれなかっただろう。後はカープの中継ぎ陣が踏ん張ってくれればという展開だったよな。
しかし8回にマウンドに上がった森浦が踏ん張れなかった。先頭をヒットで出すものの重信が送りバント失敗。ここまではよかったけど、秋広につながれたあたりから苦しくなったよな。せっかく得点圏にランナーが行くのを阻止したのに、ヒットでつながれて岡本を迎える。この辺から巨人打線の迫力に森浦が押されてしまった感じになったよな。
ボール先行になり四球を出してしまった。これで満塁。まぁこの打席、岡本に6球投じたわけだけど、バットを振ったのは1回だけ。ということは岡本に完全に見切られていたと言っていいだろう。森浦が勝手に崩れていってしまった印象だよな。続く丸にも7球投げてバットを振ったのは1回だけで押し出しの四球。中田にはボールスリーから犠牲フライを打たれた。巨人の打者はさほどバットを振っていないにもかかわらず、そして巨人の4から6番までノーヒットで2点を取られたということを考えると森浦が投げ切れなかったということだろうねぇ。

ピンチになった場面で投手を代えるという選択肢はあっただろう。点差を広げられると苦しいからな、なんとしてでも阻止、やれることはやっていくという考え方もあるだろう。ただ、森浦は前回登板でもピリっとしなかったし、新井監督としては「チャンスを与えた」マウンドだったのだろう。ここで森浦は結果を出せなかった。これまでのやられ方は連打を浴びる形だったからな、強力なクリーンアップを前に「打たれたくない」という気持ちが先に来てしまったのだろう。恐らくだけど、これで再びファームという形になると思うけど、原因はちょっとした何かだと思う。早くマウンドで躍動する森浦が戻ってきてくれるといいよな。

またもや大勢から得点!!これが後々生きてくる!?

結局はこの2点が大きかった。9回裏には坂倉に一発出たし、ここを我慢していれば…!?と考えたカープファン同志も多かったことだろう。1点差なら巨人の守護神・大勢にも相当なプレッシャーがかかったと思うし、本当に最後の最後まで分からない展開になっていただろうねぇ。
まぁそれにしても大勢からしてみれば、カープ打線はイヤなんだろうねぇ。これで4イニング投げて5失点。できることなら投げたくないんじゃないかねぇ??この日は3点差という楽な場面ではあったと思うけど、坂倉に一発を浴びた。カープの中心打者は左の好打者が多いからな、横手投げの大勢も結構プレッシャーを受けながらの投球が続き、分が悪くなっているといった感じだよな。まぁこういうのってのは非常に大事だし、シーズン終盤の順位争いになると結構効いてくると思う。恐らくだけど、この巨人と3位争いというのが可能性として高いだけにこうしたアドバンテージを持っておくことは大事だよな。

何とか踏ん張って粘って嵐が過ぎるのを待つか??

最初に書いたように巨人、DeNAと続くカードね、結構重要でここで貯金を使い果たすようなことになると非常に厳しくなってくるだろう。何とか踏ん張って粘って勢いがついている2チームの嵐が過ぎ去るのを待つというのが得策のような気がするねぇ。このカードを五分で切り抜けられれば、まだまだ先が見通せるけど、地元で連敗を重ねると相当キツくなってくる。結構正念場の6試合になるような気がするんだよな。その初戦、九里で落としてしまったのも結構大きいような気がしている。今日の先発大瀬良には何とか踏ん張って自身にも白星をつけたいよな。結構大事なゲームになるだろう。

さて、私事ですが明日から早めの夏休みをいただきます。休み中は記事の更新もお休みさせていただきます。アタクシが休み中カープがどうなっているのか??楽しみと怖さが錯綜する何とも言えない気持ちだけど、何とか頑張ってもらいたいねぇ。カープファン同志のみなさま、応援、よろしくお願いしますネ。

にほんブログ村、ブログランキング参加中です!ポチっとやってくれるとありがたいです!
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
強いカープがみたい!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
Mageちゃんをフォローする
Mageちゃんの鯉恋日記其の4~The road to strong CARP revival~

コメント

  1. MAX より:

    こんにちは。
    相手左腕なのにしゃしゃり出てくるライトにいた人はなんなんですかね?
    末包ライトで使った方がまだ将来のためになりますし、継投で右腕になったら変化球我慢できるかなどのテストもできるのに、代打の1打席で出塁させてすぐ代走はちょっと…と思いました。
    そもそも左腕の時はスタメンじゃない日も多かったですし、余計に疑問です。
    末包使えば5番ライト末包で思い切り行け!ってできますし、ライトにいた人なんて8番ライトってもはや守備要員じゃんと呆れました。
    競争じゃなくてお気に入りのゴマスリを使いたいだけならもうファン全体で存在を否定する、完全無視、ブーイングなどでいいと思います。

    秋山の状態は解説者も心配して見ていましたね。
    交流戦休みが終わってすぐなのでもう少し様子を見るでしょうが、不調が長いなら一時的にセンターを別の人に守らせるなどの処置は必要かもしれません。
    秋山に配慮はしても聖域にする必要性はないです。

    途中から投げてた左腕に関しては以前から左打者に打たれたりなどしていたので、戸根が戻ってくればお払い箱でしょうし、負けてもいいからあの左腕の人使って試合をやり過ごすなどで長いシーズン戦うのもまあ手かなと思いました。

タイトルとURLをコピーしました