セ界連覇の条件3 カギはDeNA戦か!?

セ界連覇の条件3 カギはDeNA戦か!?
情報源: エルドレッド満点3ラン 苦手・今永を粉砕!/カープ/野球/デイリースポーツ online

クライマックスシリーズ第4戦な。連勝して3戦目でDeNAが盛り返した。以前にも書いたけどカープってのは『負の歴史』ってのが個人的にはあると思っていてね、一度相手に渡した流れを取り戻すのヘタクソ。なので一気に3タテしたかったんだけどよ、まぁ、そら相手だって必死だからな。一勝位するわな。ただ、4戦目の相手はシーズン中苦しめられたルーキーの今永。相当イヤな予感がしたのを覚えてるよ。ま、結果的には初回から今永の自滅で事なきを得たんだが、ここで好投されたらひっくり返されるムードが出てきてもおかしくなかった。個人的にはそう思ってるよ。やれやれって感じだったよな。

これまでお得意さんだったDeNAに去年は相当苦労したよな。その原因はなんといっても苦手投手がいたってこと。石田と今永。そして勝負どころでリリーフの田中にもけっこうやられれた。これがみんな「左投手」。データ重視のラミレス監督がカープ戦となるとこの辺を絡めてくる。対戦成績が物語るようにかつての「お得意さん」が昨季、そして今季も目の上にタンコブになりそうだよな。

とにかくカープの悪い癖は「苦手投手が多すぎる」ってハナシなんだよな。前出の今永、石田、阪神では能見の若旦那は相変わらず手こずっていた感じがあるし、岩貞は攻略した印象はあるけど成長したら手も足も出なくなる可能性を秘めている。中日の大野だって苦手意識はあると思うしな、それと八木なんかは去年投げてこなかったけど一昨年は相当白星を献上していたよな。巨人の田口にもやられてたし、これも成長すると広島キラーを襲名するのも時間の問題かもしれん。

昨年の優勝チームだし、今シーズンは他球団も容赦なくそういう投手をぶつけてくるだろうねぇ。特にDeNAに関しては石田、今永にプラス伊納を絡めてローテ組んでくる可能性は高い。仮にDeNAと終盤に優勝争いをするとすれば、この辺がやっかいになってくるのは目に見えてるよな。セ界連覇の条件としてはこの辺の攻略は避けて通れない路だよな。

もう一つ。DeNAは昨季からキャッチャーを戸柱に固定してからつまらねぇバッテリーエラーが減ったような気がするんだよな。もちろん数えてねぇけど、余計な失点が減ったよな。バッテリーが安定してきてセンターラインも確立されようとしている。打線は伝統的にいいからな、結構怖い存在になってきそうだよな。

それと4番ね。筒香の成長と安定感と言うのかねぇ、これがシーズン通して4番に座るってのはそれだけで結構なプレッシャーになるよな。DeNAが上位に食い込んでくる条件にもなるんだろうけど、カープ投手陣は結構打たれてる。その辺の対策をしっかりやってほしいよな。

逆にカープの4番は残念ながらシーズンを通して任せられる人材がいないよな。チーム的にはアライさんが入るのが座りはいいんだろうけど、昨季同様休ませながらになるんだろうし、エルドレッドは波が大きすぎる不安があるよな。松山は左投手を克服しつつあるけどまだ首脳陣の信頼を完全には得られてねぇよな。ま、この辺についてはまた書きたいと思っているけどな。

なんかDeNAの応援ブログみてぇになってきちまったな(笑)ま、それだけ戦力の充実とチームの成長ってのを感じるし、クライマックスにも出たわけで、もしかするとカープとDeNAは向こう5年くらいAクラスの常連になる匂いがするよな。お~怖い怖い。

ま、シーズンはいると何が起こるかわからん。これまでに挙げたキーマンが故障したらこの仮説は完全に崩れるわけだし、カープだってジョンソンや野村が故障したら、中崎が故障したら、Bクラスに沈む可能性も大いにあるわけで。そら、毎年解説者が順位予想するけどほとんど当たんねぇんだもん、夜な夜な能書きばっかり書いてるオッサンが(笑)当てられるわけねぇけどな。それでもアタクシはカープ連覇の最大のライバルはDeNAだと思うし、連覇の条件はDeNAを攻略して対戦成績を最悪でも5割。勝ち越せるかってことだと思うよ。シーズン終わったら検証してみようかねぇ。さぁて同志の皆様はどうお考えですかな。