緒方監督が田中広輔を使い続ける理由はたぶんこうだろう。

緒方監督が田中広輔を使い続ける理由はたぶんこうだろう。

野球情報満載デイリースポーツ/鯉、令和黒星スタート 野村四球から崩れ、広輔は連日の失策…投打かみ合わず4連敗

情報源: 鯉、令和黒星スタート 野村四球から崩れ、広輔は連日の失策…投打かみ合わず4連敗/デイリースポーツ online

 昨日は仕事のあと入院中の父の見舞いで病院に。試合はスマホで経過を追っていたんだけどな、連発する四球と失策、そしていとも簡単に点を取られる淡白さにイライラしてねぇ、嫁にはそんなイライラしながら運転すると事故るよとたしなめられた。おっしゃる通り。気をつけねぇとな。

 今シーズン比較的安定した投球を見せていた野村にまで伝染してしまった四球病。コントロールが生命線の野村がまさかの連発だよな。3回まではノーヒットに抑えていたけど、リードした時点での急変ってのはやはりチーム内での焦りのようなものを感じる。

 守っている野手も「またかよ!?」となる。スタンドのカープファンからもため息が漏れる。負の連鎖というトンネルに抜け出せそうだけど抜けられない何かを感じてしまうんだろうねぇ。

 残念ながら3連覇したチームの力はもうないと思う。何か新しいものを、または忘れてしまっているものを、何かを変えていかないとこのムードってのは払しょくできないだろうし、まだ試合数はあるとはいっても、連勝連敗のジェットコースターみてぇなことやっていたら絶対に優勝なんてぇできねぇのよ。

 そこで試されるのが監督の力量ということになる。

 SNSでは盛んに田中広輔がヤリ玉に上がっているし、それを使い続ける緒方監督にも批判が上がっている。まぁしょうがねぇよな。負けているし、打てねぇ、守れない選手を使い続けているわけだから。

 でも敗因は田中広輔を使い続けているからではないだろう。この連敗の原因は明らかに先発が試合を作れていないってこと。四球連発で野球にならないってこと。

 この試合では広輔は8番に打順が下がった。ヒットは2本打ってるよな。でも2失策。この敗戦でもヤリ玉に上がっている。

 広輔を2軍へ落とせ、小園を上げろの声も高まってきているよな。まぁ個人的にはそうすべきではないと思うし、広輔のいないカープ内野陣では絶対に優勝なんてできないと思う。広輔が1日でも早く復調することが4連覇の条件になるのよ。ファンの声ってのはあくまで無責任だからな(笑)。

 監督ってのはチームを預かるうえでまずは骨格になる選手を考える。エースは大瀬良で抑えは中崎、4番は誠也で二遊間はタナキク。これって3連覇の中心選手でもある。

 基本、監督ってのは成績不振ならクビを切られるか、辞めざるを得ないわけで、そうなれば監督は誰と「心中」するか?この選択がとても重要になってくるわけよ。

 今シーズンのカープに関して言えば当然3連覇のメンバーを「心中」相手に決めた。まぁどの監督さんだってそうだろう。他球団見渡したってリーグ3連覇の経験のある選手はいないんだから、そうなるのも自然な流れだろうねぇ。

 その心中相手の一人がとても苦しんでいる。なんとしてでも調子を取り戻してほしい。緒方監督は恐らくこれからも我慢を続けるだろうねぇ。

 中崎にしてもそう。アタクシは中崎をクローザーから一時解放してあげるべきだと思う。中崎の野球人生を伸ばす意味では必要だと思う。それについてはこちら中崎は緒方監督の「信頼」が重圧に。投手陣は若手抜擢で大幅再編が必要。
クローザー中崎でシーズン戦い抜けるとは思えない。休養が必要では?を読んでいただければと思うけど、やはり緒方監督はクローザー中崎と心中するつもりでいるから、少々打ち込まれても絶対に変えないよな。

 その辺から考えるとやはり緒方監督は広輔を外したり、下に落としたりはしないだろう。

 SNS上では連続イニングや連続試合出場などの「記録」があるから代えないんだろうという意見もある。かつての「鉄人」衣笠さんも同じように記録の重圧と戦っていたし、不振であれば強烈な批判にさらされた。

 当時の古葉監督もそう簡単には衣笠さんを代えなかった。その辺も古葉監督の心の中で衣笠さんと心中する覚悟があったからだろうし、それ故に決断にも相当時間がかかった。監督の心中ってそんな感じだと思うよ。

 例えば、シーズン終盤での首位打者争い。打率というのは上下するものだから、狙えそうな選手は試合に出さない。そうすれば打率は変わらないからな。

 それに対しても批判はあった。が、監督経験のある山本浩二さんがタイトルや記録というのはチャンスがある選手には絶対に取らせてあげるのもベンチ、監督の仕事。みたいなことを言っていて、なるほど、そうだよなと妙に納得した。ズルいとか、卑怯といわれても自軍の選手に記録やタイトルを取らせたい親心ってものがあるから耐えられるんだろうなぁとね。

 緒方監督も記録を取らせたいとかってのを中心には考えていないと思うけど、頭の片隅にはあるだろう。でも広輔を起用し続ける理由はそれではない。広輔を含めた3連覇のメンバーで4連覇、日本一を狙うと決めてスタートしたわけだからな、監督が早々に方向転換したら沈没しちまうよ。

 カープは昨年から「家族のようなチーム」と言われているよな。まぁ新井さんが言ったんだけど。この家族的な選手同士の距離の近さってのが、悪い方向に出ている気もするんだよ。

 一人がガタつくとみんなに影響する。一人が病気になると家族全員が心配する。それがプレーに出てしまう。

 本来強いチームってのは味方のミスがあっても誰かがカバーする、投手が踏ん張る、打者が取り返す。3連覇中のカープにはこういう力が間違いなくあったのよ。まずはそういう形で白星をゲットすること。

 ただこのムードで緒方監督を筆頭にチーム全体が思考停止状態にはなっているよな。だから打者はただ打つだけ、投手は投げるだけになっている気がする。どうせダメなら積極的に選手を動かすってことは必要だろうねぇ。

 機動力を絡めた攻撃や、盗塁なんかもやってみるといいだろう。失敗してもいいよ、どうせ今は弱いんだから。投手もどんどん若いカウントから勝負したらいい。3球勝負でもいい。どうもフルカウントが多いからな、どうしても四球と背中合わせになりながらの投球になっちまう。この辺はバッテリーで積極的にやってもらいたいもんだよな。

 とにかく一度連敗を止めたいよな、8連勝のあと8連敗。阪神のあとは巨人でしょ?あり得るよ(笑)。頑張ってほしいよな。

にほんブログ村・ブログランキング参加中!ポチッとお願いします!
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
このエントリーをはてなブックマークに追加