カープCS

課題の8回を粘りの継投で切り抜け巨人と4.5差!!指揮官の口からようやく漏れた「残り全部勝つ」でチームが一つになれるのか??

 「広島5-3DeNA」(14日、マツダスタジアム) 広島がDeNAに勝利して3カード連続勝ち越し。3位・巨人とゲーム差を4・5に縮めた。先発の大瀬良は6回2失点で9勝目。2年ぶりの2桁勝利に王手をかけた。打線は四回に鈴木誠が35号同点ソロ。五回は小園と西川の連続適時打で勝ち越した。試合後、佐々岡監督の主な一問一答は以下の通り。 情報源: 広島・佐々岡監督 巨人との最終戦へ「まず、そこへ集中」「9試合全部勝つつもりで」 今村、中村恭など支配下4人、育成2人が戦力外通告 まずは戦力外通告第一弾がと […]