龍馬1番、小園8番で2019年型カープ打線完成か!?九里の馬力でつかんだ5勝目。

龍馬1番、小園8番で2019年型カープ打線完成か!?九里の馬力でつかんだ5勝目。

 広島は打線が爆発し、今季2度目の9連勝を飾った。

情報源: 【広島】小園の一発など先発野手全員の18安打12得点で9連勝 30日から首位・巨人と直接対決

昨日は先月亡くなった父の海洋散骨式。一時は台風の影響で危ぶまれたけどな、真夏の青空とギラギラした太陽が迎えてくれた。暑いのは暑いんだけど潮風が和らげてくれてね、そんなに大変じゃなかった。

粉状にした遺骨を撒き、お水、お酒を撒き、そこに家族一人一人が花をたむける。最後はその花の周りを船で3周ほど回り最後の別れ。父と過ごす時間が一番短かった、末っ子がそれを見て泣き始めた。「じいじ、じいじ」と。

体は滅んでも魂は人の心の中に生き続けるってのはまさにこのことだろうねぇ。もうすぐ5歳の息子の心の中にずっとずっと残ることだろうねぇ。

家族や親せきの中でも賛否両論あったけど、母の「やってよかった」の言葉で肩の荷が下りた。まぁこれでひと段落よ。

幼い姉弟で「じいじは星になった」と。そして、その星を見つけたといってきた。夜空を見上げて「あの星だよ」と。見るとそれは「北極星」。あぁそうだ。あれなら季節を問わず見失うことはない。いいもの見つけたな。

さて、話題をカープに移そうか。これで9連勝。あと少しがんばれば交流戦終了後まで星を戻せる。そもそもアタクシは交流戦最下位だろうが、ある程度の貯金があれば十分チャンスがある。と思っていたしな、この辺の星まで戻せば夏場の戦い、勝負の9月は面白くなるだろうねぇ。よくぞ、ここまで盛り返してきたといった感じだよな。

その原動力となっている一つとして打順が固まってきつつあるということだろうねぇ。

今季は丸の穴をどうする?ってのから始まって広輔の不振、期待していた長野の不振、松山や野間まで調子が上がらんかった。当然、打順を組むうえで形より調子がいいものと目まぐるしく打線をいじりまくっていて本来の攻撃の形を見失っちまってたよな。

オールスター後から1番西川が定着してきた。どうしてもカープの1番打者というのは「足」というイメージが最初に来てしまう。龍馬も足は遅くないけど、ジャンジャン盗塁するというタイプではない。ただ、あのバットコントロールでしょっぱなからヒットでも打とうもんなら、そらベンチは盛り上がるよな。

それとやはり広輔や野間にはあまり期待できない先頭打者ホームラン。今月で3本だもん、そら打線が景気づくってもんよ。

そして8番ショート・小園。まぁ大したもんだよな。もう、プロの飯を3,4年食ってる印象だよな。

まぁ春のキャンプで見せてくれたルーキー離れしたどっしりとした下半身を見て、こりゃやるなぁと。とにかく地に足をつけて野球ができているってのがすごいのよ。

初めて1軍で起用された時には4つのエラーをしでかした。その経験をグッと心にしまってファームでもう一度がんばった。そして今回の昇格でしっかり戦力になった。将来は1番か3番といったところだろうけど、今季は下位でいいと思う。

なぜ、下位でいいかと言えば、今の打線のつながりは小園が8番で結果を出しているからにほかならん。昨日も3安打。こんな8番がいればそら10点12点入るわな。打線が落ち着いて攻撃で来ているよな。

これで遅まきながら2019年版カープ打線が完成したんじゃねぇか?これで巨人のケツを煽っていく体制が整ったってもんよ。

あとは出遅れ組。ってかのんびりしていたらシーズン終わっちまうけどな、やはり長野には出てきてほしい。そして野間ももう一回、代走守備固めからやり直してな、初心に帰って思い切りやってほしい。そうなれば本当に大逆転Vはできるかもしれん。

先発の九里。非常に蒸し暑い中で7回2失点。崩れそうで崩れない。踏ん張りがきくようになったよな。

これで5勝目。なんかもっと勝っている印象はあるけどな、大瀬良も床田もようやく白星がついた。この二人、そしてジョンソン、九里とこの4人が二ケタ勝つような結果になると、自ずと優勝が見えてくる。そういう意味では九里にとってあと5勝は大変かもしれんけど、ここの所見せてくれる連敗ストッパーぶりであったり、馬力を感じさせるダイナミックな投球であったりと、九里マニアにとっては近年にない充実感を発しているのがわかるんで期待をしたいよな。

さて、火曜日からは東京ドームで巨人戦だよな。夏場の戦いの最初のヤマになる。まぁ3タテなんて贅沢なことは言わん。でも巨人に流れを渡さないためにも初戦が大事だよな。

その巨人は昨日16得点で連敗を4で止めた。ちょうど散骨式が終わって実家で巨人戦を観戦。勝った後の原監督の表情はホッとしたってのと、今後の戦いに大きな不安を抱えているような表情をしていた。接戦での弱さってのが引っかかってるんだろうねぇ。

本当にペナントレースってのは、流れにいかに乗れるかってのが大きなカギになる。巨人以外のチームは大型連敗を喫し、流れに乗れずにいた。ようやく流れをつかめたのがDeNAとカープ。

ヤクルトは連敗が長すぎたし、中日は8連勝の後、8連敗。これでは流れに乗れんわな。カープは逆。連敗や不調の後、一気に連勝で挽回してくる。この馬力は他球団にとっては脅威だろうねぇ。

巨人にとっては昨日の勝ちは大きかったかもしれん。なんせ、今週からカープとDeNAの直接対決。連敗で挑めばこの大事な夏場に大型連敗の可能性を残しながらの戦いになる。これだけは何としてでも避けたかったろう。

そういう見方をすれば、巨人もある程度平常心で向かってくるだろう。大事な3連戦。お互い3タテだけは喰らわんようにといった気持ちで入るけど、初戦の内容次第では…!?って感じにもなりそう。だから、初戦が大事だよな。

今夜はサントリードリームマッチを観戦予定。スタメンにカープOBの野村謙二郎さんがでる。バースもスタメンだって!?楽しみにしているよ。

あとはあくまでも噂レベルの話だけど、ミスター赤ヘル、山本浩二さんを最近見かけないってのをネットで見かける。

今回のドリームマッチではモルツチームの監督として出場するみたいだからな、元気な姿が見れればと思っているよ。

あとは飲みすぎないように気をつけんとな(笑)

にほんブログ村・ブログランキング参加中!ポチッとお願いします!
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
このエントリーをはてなブックマークに追加