細かいことはしなくていい。4発で阪神を撃破して巨人と2.5差!!誠也広い甲子園で2発!!これでキングも視野に!?

細かいことはしなくていい。4発で阪神を撃破して巨人と2.5差!!誠也広い甲子園で2発!!これでキングも視野に!?

 「阪神-広島」(17日、甲子園球場) 広島・鈴木誠也外野手(27)が、3試合連続となる37号ソロを放って追加点をもたらした。

情報源: 逆転CSへ勢い増すカープ 鈴木誠が3戦連発の37号ソロ!

CS放送で甲子園のゲームね、この中継は結構やかましいので音声消してみているんだけど、昨日のGAORAの中継は副音声で西山さんの解説でカープ応援中継をやっていた。まるでホームの中継??いやいや、ホームよりも完全カープ寄りだったので、ストレスなくゲームを楽しむことができた。こういうのはもっとやってほしいよな。
さて、負けられない戦いが続くカープ。2位の阪神を相手に堂々とした勝ちっぷりだよな。若い選手、主砲が一発攻勢で苦手・秋山を攻略。先発玉村もしっかり投げたしな、最後は栗林大明神で締めて、ゲームの無い3位巨人に半歩近づいた。まだ少しだけど「勢い」のようなものが出てきた感じがするよな。

玉村、大舞台でも平常心で連勝

先発はカープ玉村、阪神は秋山。負けられない戦いのマウンドにまさか高卒2年目の投手が上がるとは開幕当初は想像もつかないこと。本来ならこのマウンドにいなきゃいかん投手が軒並み2軍暮らし。本当に玉村がいなかったらゾッとする。そんなシーズンだよな。
そして負けたら逆転3位が遠のくゲームで、それも2位の阪神相手に堂々のピッチング。素晴らしかったよな。
ローテは守るも3勝目がなかなか勝てなかった。苦しい時期もあっただろう。それでも夏場からローテを守り抜いた。高卒2年目で100イニングはマエケン以来だってな。立派だよな。3勝してから続けて勝つことができた。もう1度登板があるかな??ぜひ5勝を目指して頑張ってほしいよな。

天敵・秋山を一発攻勢で撃破!!

相手の阪神も必死だよな。デーゲームで首位・ヤクルトがDeNAに勝った。阪神も当然負けられない戦いだよな。先発はカープ戦を得意としている秋山。立ち上がりは非常によかったよな。
副音声で西山さんが前日の巨人戦の9回表大盛のスクイズの話をしていた。あのイニング、あの展開でセーフィスクイズのサインは選手にとって酷だと。やるなら、小細工せずに普通にスクイズやったら成功していただろうと。アタクシもそう思う。こういう負けられない戦いが続くところでね、相手を驚かそうとか、トリッキーなことやってしてやったりなんてぇのいらない。選手がプレーに集中できる環境を作ってあげるのが一番いい。だから指示もサインもシンプルでいいのよ。
そういう意味ではこの日のカープ打線は非常にシンプルに秋山を攻略したよな。サインも何もいらない「一発攻勢」で難敵秋山攻略の扉をこじ開けた。それも林や宇草といった若手がその仕事をやってのけた。素晴らしいよな。そして4番の誠也が2発とね、4発でゲームを決めた。これでいいのよ。負けられない戦いは選手がとにかく集中できるようにね、頼みますよ、河田ヘッド。

誠也が広い甲子園で2発!!キングも見えてきた!?

このゲーム、終わってみればカープは7安打に対して阪神が10安打。得点は全て一発とね、やはりプロ野球は1発がないとなかなか勝てないよな。カープの一発は3回に2発で先制した。イニングも初回ではなく3回というのがよかった。そして4回に誠也が豪快な一発ね、これも秋山にはかなり堪えたように思う。効果的な一発だよな。
僅差で終盤を迎えるとどうしてもカープの方がリリーフ陣が弱い分、分が悪くなる。7回に1点差に詰め寄られた。こうなると阪神も押せ押せになるよな。そんな中で8回に飛び出した2発目。これが阪神サイドから見ればド肝を抜かれたどころか反撃の狼煙を消された一発だったろう。相手を一発でシュンとさせてしまう。これも立派な4番の仕事だよな。
昨日も書いたけど、誠也は盛んに他の選手にマンツーマンで話し込んでいるシーンが多くみられる。この日も先発の玉村と話をしているシーンもあったしな、ここに来ていいリーダーシップを発揮しているよな。これで38本。いよいよキングも射程に入ってきた。残りゲームはまだあるからな、こちらも逆転キング、あるかもな。

島内も投げるたびに自信??鬼門の8回ピシャリ

カープは今季終盤での僅差の展開に弱さを露呈していた。栗林につなげるまでが本当に大きな課題だったよな。フランスワだったり、ケムナだったりいろいろやってみたけどしっくりいかなかった。ここ最近の連勝には島内がマウンドに上がるパターンになってきたよな。
まぁこの島内も2死から突然ピンチを作ったりと結構ハラハラさせられる(笑)。この日も簡単に2死をとったもののアタクシは正直、島内を全く信用していなかった(笑)。しかし最後の曲者・糸原もファーストゴロで三者凡退。誠也がもたらした大きな一発のダメージをさらに倍増させる効果のあった投球だったように思うねぇ。
本当に島内はいい真っすぐを投げる。ただ、自分の中でもコントロールに自信がないから、ちょっとのことで弱気な面が顔を出す。自信をもってどんどん投げ込めば、そうは打たれない。島内も大事な8回を任せられるうちに何かに気づいてきたのかもしれん。この負けられない戦いの中で勝ちパターンの8回を担うのは本当にいい経験をしている。残りゲーム、キツイけど頑張ってほしいよな。

守護神・栗林にも疲れが…!?残りゲーム踏ん張ってほしい!!

最後はやはりこの男、栗林が締めてくれた。先頭に四球を出したり、フォークの落ちがこの日もよくなかったし、コントロールもばらついていたよな。しかしフォークがダメでも栗林の球はどの球種でも一級品。それほど心配はしていなかった。
ただやはり投球に疲れを感じさせるようになってきた。それに輪をかけて負けられない戦いが続く。栗林本人も開幕当初よりも今の方がプレッシャーをすごく感じるようなことを言っていた。痺れるような展開が多いからな、そら大変だろう。
なんやかんや言ってもあと7試合。今日の阪神戦が終われば木曜日までゲームはない。その後4連戦だけどな、栗林を休ませるには負けるか打線が打ちまくって大勝するしかない。やはり打線の奮起、そして先発投手もね、少しでも長いイニングを行けるよう、投手陣全体も踏ん張りどころだよな。

負けられない戦いはさらに続く。10/19に自力CS復活??

この負けられない戦いね、選手は非常によくやっていると思うし、こういう環境の中でプレーする若手はどんどん経験と言う財産を身に着けているように思う。結果はどうなるかわからないけど、仮にCS進出の可能性が消滅したら、恐らくこれまでしたことのない悔しさがこみ上げてくるに違いない。
長くカープを見てきているアタクシとしては実は日曜日の巨人戦ね、コロっと負けるんじゃないか??長くカープをみてきているけど、特に2000年代に入ってからのカープはこうした大一番をことごとく落としてきた。それを最後は薄氷を踏む思いをしたけど勝ちきった。新しいカープを見た気持ちになった。アタクシは選手もこの勝利で「その気」になった。そんな気がしている。こういう場にカープの選手たちが身を投じていることに身震いさえする。アタクシが長年カープに足りないものはきっとこれなんだろうと確信したねぇ。選手たちには余計なことを考えずに勝つことだけを考えて残りゲーム突っ走ってほしい。そんな気持ちでいっぱいだよ。
数字のことはよくわからないんだけど、今日カープが勝って、明日、巨人がDeNAに負けるとカープの自力CSが復活する。まずはここだよな。巨人も1日休んでリフレッシュしているだろうし、日曜のカープ戦、その前のヤクルト戦では打線の方が点が取れるようになってきた。どん底から抜け出せそうなムードはあるよな。しかし巨人も負けられない戦いが続くわけで、阪神には申し訳ないけど、今日もカープが勝つようなことになれば、巨人は再びかなりのプレッシャーの中で戦うことになるだろう。
カープは何も失うものはない。CSの可能性だって巨人の大失速から来たもの。借金だってまだ7つある。決して喜ばしいシーズンではないよな。それでもチャンスが巡ってきた。もう一度、目いっぱいやってみろ。野球の神様が与えてくれたチャンスだろう。カープが勝ち続ければ巨人にかなりのプレッシャーになる。もうここまで来たら我慢比べみてぇなもんだよな。とにかくカープの選手たちはひたすら前を向いて目の前の勝利をどんなことをしても獲りに行って欲しい。さぁ今日の阪神戦も大一番。これから毎日が大一番。ラスト7ゲーム、突っ走ってほしいよな。

(Visited 466 times, 1 visits today)
にほんブログ村、ブログランキング参加中です!ポチっとやってくれるとありがたいです!
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ