痺れる投手戦も微妙な判定で惜敗…逆転CSは遠のくも最後まで胸を張って戦い切ろう

痺れる投手戦も微妙な判定で惜敗…逆転CSは遠のくも最後まで胸を張って戦い切ろう

 「阪神2-1広島」(18日、甲子園球場) 広島は接戦を落とし、連勝は3でストップ。2年連続でのシーズン負け越しが決まった。また、この日、試合がなかった3位・巨人とはゲーム差が3に広がった。巨人は残り4試合、広島は残り6試合となった。

情報源: 広島・佐々岡監督 審判に「ジャッジが遅いんじゃないの」微妙判定、大盛戻れずアウト

負けられない戦いというのは緊張感の中、随所にいいプレーが出てね、ピリッとしたいいゲームが多いよな。昨日の一戦はカープ・九里、阪神は伊藤将の先発。九里はこのゲームで勝てば最多勝争いの単独トップに出る。伊藤将も新人王争いに顔を出しているし、いい投手戦だったよな。両チームとも両先発を打ちあぐね、阪神は2本の犠牲フライで勝利した。カープも逆転できるムードを終盤に出していただけに悔しい敗戦だよな。

九里、気合の込めた投球も2本の犠牲フライに沈む

まずは九里の事から書こう。正直、負けられない戦いだから調子云々の話じゃないし、あの球が高かったとかね、あの四球が…なんて言うつもりはない。出せる力を出し切れたのか??出し切ってくれたのなら、アタクシはそれでいいと思う。そういう観点から言えば九里の投球は素晴らしかったと思う。2本の犠牲フライの球は確かに甘かったし、外野フライを打ちやすい球ではあったけど、本来ならもう少し点を取られてもおかしくなかったように思うねぇ。随所で粘り、立派にゲームを作ったと思う。さすが最多勝争いをする投手といった内容だったよな。
圧巻は4回の無死2,3塁の場面。3回に先制されてね、この回も1点は覚悟という場面だった。ここで大山を迎えるも三振に仕留めた。アタクシはこの三振で「大丈夫かも??」と確信めいたものがあった。その後1死満塁の場面もロハス、佐藤輝を連続三振。九里が投げる時に発する声が一段と大きくなり甲子園の銀傘にこだました。気持ちの入ったいい投球だったよな。これで流れを呼び込めるかなぁと思ったけどな…本当に気持ちの入った九里らしい投球を見せてくれた。間隔を調整すればあと2回登板のチャンスがある。九里本人は粘り強く投げれば結果は後からついてくると。前を向いている。何とかタイトルを獲らせたいし、このゲームも勝たせてあげたかったよな。

打線は伊藤将を攻略できず…一番合っていたのは堂林

さて、九里の熱投に打線が応えなきゃいかん。しかし阪神先発伊藤将の前に打線は凡打の山を築いた。特に上位打線の3人は完全にタイミングを狂わされていたように思う。カープ躍進の起爆剤だった宇草、小園、林といった左打者が完全に芯を外された感じだったよな。
これまで伊藤将はカープ戦に投げてこなかったから、「不慣れ」な相手ではある。アタクシの記憶が確かなら開幕2カード目のマツダで対戦があった。確か4-2で勝ったゲームだったけど、カープ打線が苦労していたのを覚えている。
この投手のいいところは左打者の泣き所、インローのひざ元にシンカーを投げ込めるところ。そして外はスライダーだよな。カープの左打者はこのスライダーに全くタイミングが合っていなかった。逆に菊池、堂林といった右打者はいい打球を飛ばしていたよな。特に堂林はあわやセンターの頭を超えるかという大飛球もあったし、投手は岩崎だったけど、1点を返すきっかけとなったツーベースをライトへ打った。この辺、ようやく堂林らしい右中間方向への打球が増えてきたように思う。今季は満足のいくシーズンではなかったけどな、来季は本当に勝負の年になる。頑張ってほしいよな。
まぁ結局打線はこの伊藤将から1点も取れなかった。ここが痛かったよな。

8回反撃するも、疑惑の判定と審判の不手際で1点どまり

さて、ゲームは0-2のまま終盤へ。これまでうちあぐねていた伊藤将が無失点で降板。カープ的には交代してくれてよかったといった印象だよな。8回に登板したセットアッパー岩崎を攻め立てた。カープ打線は岩崎には悪い印象はない。真っすぐに強い打者が多いからな。案の定カープ打線は岩崎に襲い掛かった。先頭の堂林がツーベースで出塁。続く代打長野が見事にセンター前にはじき返しあっという間に1点を返した。そして代打攻勢は続く。會澤だよな。この會澤の打球もヒット!?のように見えた。このイニングからレフトに入っていた板山がグラブを差し出すもわずかにワンバウンドしたかのように見えた。この辺、3塁球審も判断が難しかったように思うねぇ。しかしアウトかセーフかを即座にコールしなきゃいかん。板山も1塁ランナーのことは頭に入っていなかっただろう。ショートに山なりの返球をした。1塁走者の大盛もどっちなの??といった感じでポカンとしてしまった。アウトとコールされて慌てて戻るも万事休す。ゲッツーになっちまったよな。

ここで佐々岡監督はリクエスト。角度的にはダイレクトキャッチをしているようにも見えるし、ワンバンしているようにも見える。悩ましいよな。結局判定は覆らずこのイニングは1点どまりとなった。ただ、この8回の代打攻勢は正直阪神ベンチも同点、逆転を覚悟していただろう。迫力のある攻撃だっただけに、あのプレーは悔やまれるよな。

逆転CSに半歩後退も胸を張って前だけを見よう

この敗戦で残念ながら逆転CSへ半歩後退した。いや、数字の上ではかなり後退したと言っていいだろう。これで今日ゲームがある巨人が勝てば、絶望的になるだろう。DeNAに頑張ってもらうしかない。まぁもともと自力CSはとっくに消滅しているからな、仕方ないと言えば仕方ない。とは言え、カープが今やらなきゃいかんことは「勝ち続けること」。当然、今後も「負けられない戦い」は続く。カープナインには胸を張って前だけを見て、残りゲーム悔いのないように思い切ってプレーして欲しいよな。
日程的に見れば、木曜日からの神宮で、ヤクルトの胴上げを見ることになる可能性も高い。ここでも「絶対に胴上げさせない」という意地を見せて欲しい。残りゲーム、高いモチベーションで戦えることを幸せと考えてね、思い切ってプレーして欲しいよな。その結果、逆転CSというプレゼントが舞い込んでくるかもしれん。アタクシはこの負けられない戦いを必死に戦っているカープの選手を見ているだけで幸せなのよ。こういう場に身を置いて本当に若い選手はいい経験をしているよな。打線を見れば純血打線。リリーフに二人助っ人がいるだけでね、若い選手が本当に頑張っているし、誠也や菊池も引っ張ってくれている。残りゲームね、必死に突っ走って行って欲しいよな。

(Visited 637 times, 1 visits today)
にほんブログ村、ブログランキング参加中です!ポチっとやってくれるとありがたいです!
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ