負けられない戦いの終わりは早ければ今日のデーゲームで決まっちゃう!?ここからのカープは「短期決戦」の予行練習

負けられない戦いの終わりは早ければ今日のデーゲームで決まっちゃう!?ここからのカープは「短期決戦」の予行練習

 「ヤクルト(降雨中止)広島」(22日、神宮球場) 逆転CS出場を目指す広島・佐々岡真司監督(54)が22日、残り5試合に向けて“先発3本柱投入”での必勝を誓った。この日、神宮でのヤクルト戦が中止となり、23日からの阪神2連戦には森下、九里を立てる。28日からの本拠地での2試合は大瀬良、森下が先発予定で、この日流れた一戦は最多勝を争う九里が登板予定。奇跡の3位浮上へ最善を尽くし、あきらめない姿勢を貫く。

情報源: 広島・佐々岡監督 奇跡CSへ必勝態勢 先発3本柱投入 中継ぎ要員で床田スタンバイ

昨日の東京は完全に「真冬」だった。アタクシはもうここ20年以上風邪という風邪をひいたことがないし、風邪で熱を出したことがない。毎日体内をアルコール消毒しているせいかどうかはわからんけどな、ただ、さすがに昨日の寒さで朝から鼻水とくしゃみが止まらない。ようやく少し収まってきたけどな、カープファン同志の皆様もご自愛ください。
そんな天気だったから、昨日の神宮は中止。本音は昨日も勝って、今日デーゲームで試合のある巨人にプレッシャーをかけたかったけどな、この寒さじゃ選手のケガも心配だし、球場のファンも寒くて観戦どころじゃなかっただろう。まぁプラスに考えるしかねぇよな。

鈴木誠也メジャー移籍の記事

昨日、スポーツ紙じゃなくて、一般紙の毎日新聞が誠也のメジャー移籍の記事を発表した。まぁカープファンなら、そんなの知ってらぁ!!といった感じだけどな、いよいよオフの動きも色々と出始めるころだよな。
もちろん誠也にはずっとカープでプレーして欲しいという気持ちもあるけど、これは誠也の野球人生。一番油が乗っている時にぜひ挑戦して欲しいという気持ちの方が強い。カープ球団も認める方向で考えているようだし、あとは誠也の決断次第だよな。

移籍の主砲候補が入団に前向き

ファンの心境として複雑なのは誠也が抜けた後、4番打者も含めてどうすんの??という不安があるよな。このドラフトでその辺を見据えて右の外野手、それも経験豊富な社会人選手を2名指名した。一人はトヨタ自動車の中村選手。この選手は指名直後から入団に前向きな姿勢を取っていたんで心配していなかった。もう一人の6位指名の末包選手は25歳という年齢とご結婚したばかりということで「家族で相談」と態度を硬化していた。まぁ確かにそのまま社会人として安定した生活をもとめて結婚したんだろうし、それを今ごろになって不安定な「プロ野球選手」という道を歩むにはリスクと不安が伴うよな。その末包選手も奥さんの後押しがあり入団に前向きな姿勢を見せてくれた。もちろん、プロは厳しい世界。通用するとは限らないけど、誠也の後、誰もいないというのも困るしな、いい補強ができただろうねぇ。
まぁカープの場合は最近では丸の穴を結局は埋めきれなかった。ようやく宇草や、大盛、野間も力をつけてきたけどやっぱり3年かかっているよな。この辺は選手や現場と言うよりは球団の「やる気」の問題なんでね、この辺は我々ファンも誠也が移籍した後は厳しい目で球団の姿勢を見ていかなきゃいかんと思うけどな。

負けられない戦いは最終戦まで続く??早ければ戦わずして終わる可能性も

昨日の記事でも書いたけど負けられない戦いを逆転でCSに望みをつないだ!!「負けて終わる」ことだけは絶対にしたくない巨人の3位決定のクリンチナンバーは「1」。と言うことは巨人が勝つか、カープが負けた時点で順位が確定する。つまり巨人が残りゲーム2連敗、カープが残りゲーム5連勝が条件。まさに負けられない戦いだよな。
そして今日、両チームのゲームがある。巨人は東京ドームでヤクルトとデーゲーム、カープは地元に戻ってナイトゲームだよな。ということは巨人がデーゲームで勝てば、終わりということ。戦わずして決まってしまう可能性があるわけだ。こら、ヤクルトさんに何としてでも頑張ってほしいよな。

先発陣をフル回転!!これは短期決戦の予行練習にもなる

もちろんカープは選手も首脳陣も残りゲーム全勝と言う目標を掲げて準備をしている。当然だよな。この準備だって今日、巨人が勝てば無駄になるかもしれんけど、アタクシはこういう準備の経験も大事だと思うし、仮に巨人が連敗して日程が終了すれば、まさに最後の143試合目まで「負けられない」わけだから、ある意味、日本シリーズやCSなどの短期決戦と同じ感じになる。この「経験」をしておくことも非常に大事なように思うねぇ。
先発は九里、森下、大瀬良で回し、床田や玉村は中継ぎ待機だよな。ちょっとでも先発が悪ければイニング関係なしに交代も考えられる。ただ、心配なのは佐々岡監督の投手交代の判断ね、最多勝のかかっている九里、二けた勝利がかかる大瀬良、そして新人王の可能性がある栗林の使い方ね、ここの辺が佐々岡監督の判断を鈍らせる可能性は今季の采配をみると高いように思う。まずは佐々岡監督が勝負に徹することができるか??ここがポイントだろうねぇ。

いずれにしても3連覇から2年連続Bクラス。そして今季も全部勝ってもBクラスの可能性がある。まぁいずれにしても借金でシーズンを終えるわけだから、もう3連覇の威光なんてとっくになくなっている。これからのカープが強くなって、また優勝争いやポストシーズンに出る時にね、この「負けられない戦い」を戦い抜く経験は絶対に生きてくるだろうねぇ。若い選手が多いから吸収力もある。将来、強いカープを取り戻すためにね、巨人さん、何とか負けてくれませんかねぇ(笑)

(Visited 390 times, 1 visits today)
にほんブログ村、ブログランキング参加中です!ポチっとやってくれるとありがたいです!
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ