カープ、ソフトバンクに勝つ

オープン戦なのに「江夏の21球」を思い出させる栗林のピッチングに涙。カープの選手、首脳陣、そしてファンがこの1勝の重みをかみしめて開幕を迎えよう!!

 「オープン戦、広島2-1ソフトバンク」(21日、マツダスタジアム) 広島のルーキー・栗林が1点差のセーブシチュエーションで九回に登板。2死満塁のピンチを招いたが、周東から三振を奪い、試合を締めくくった。情報源: 広島・栗林 九回1点差で痺れるセーブ 3つのアウトは全て三振 満塁ピンチ踏ん張る 【ソフトバンク】 和田 ●大関(0勝1敗) 田浦 津森 嘉弥真 泉 【広島】 ○野村(1勝0敗) コルニエル 森浦 大道 S栗林(1セーブ) 今日の東京は大雨。風も凄かったし、さながら台風のようだった。「 […]