加藤課長改め矢崎課長、剛腕でセットアッパーに名乗りを上げろ!

加藤課長改め矢崎課長、剛腕でセットアッパーに名乗りを上げろ!

野球情報満載デイリースポーツ/力の矢崎、剛球2回パーフェクト 最速148キロ!15球中14球直球で勝負

情報源: 力の矢崎、剛球2回パーフェクト 最速148キロ!15球中14球直球で勝負/デイリースポーツ online


11日の紅白戦。沖縄行きの切符を賭けて10人の投手が投げたよな。まぁ良かったのもいれば、思わず下を向いてしまうようなしょっぱい投球をしたのもいる。この紅白戦でかなり色分けされた感じはあるよな。

まずはしょっぱい方から(笑)。

まぁ厳しいなぁと感じたのは塹江。速球派左腕。高卒5年目だよな。チーム方針で1年は体づくり。2016年から投球を見る機会が増えたけど、残念ながら進歩していない印象だよな。ってか年々その印象が悪くなって来る感じだよな。

とにかく崩れ方がいつも一緒。本人が一番わかっているだろうけど、この日投げた投手の中では中村祐太の次くらいのキャリアがあるのに、新人や2年目の高卒の方が堂々と自分のペースで投げている。1アウト取ってから四球⇒エラー⇒四球で満塁。まぁこの辺のランナーの出し方ってのは緊張もあったのだろうけど、簡単に失点を許してしまったよな。

床田が初回のマウンドで同じような形で満塁にしたけど0に抑えたよな。塹江もここで踏ん張れば評価も変わるんだろうけど、この時点で完全に塹江自身が受け身になっちまった。そこを突かれて4失点。満塁になった時点で少し諦めてしまったような投球がベンチの目にどう映ったのかはいうまでもねぇよな。

薮田も厳しいかねぇ?まぁ達川さんが言っていたけど去年よりはいいけど、一昨年よりは悪い。良かった一昨年を追いかけるのではなく、今年の調子でどうやって1軍で存在感を出すのか?非常にいいアドバイスだと思うよ。薮田自身が一昨年のイメージを捨てて2019年版薮田でやっていこうと踏ん切りがつけば、また変わってくるかもしれんよな。

平岡は1軍の洗礼を受けた。そんな感じだよな。真っすぐはいいものを持っているけど変化球が入らんかったよな。誠也の一発はまさに「格」の違いを見せつけられたろうねぇ。変化球の多投で3ボール。そら、次は真っすぐでストライクを取ってくるのは誰だってわかるよな。それを打ち損じずにスタンドに放り込む。これが1軍なのよ。つまり1軍で投げるにはカウントを悪くしたら、大やけどするよと。そうならんように変化球を磨け、組み立てを考えろ、沢山の課題が浮き彫りになったよな。経験も大事。これを教訓にして更なるレベルアップを期待したいよな。

良かったのは床田。初回のピンチを無失点で切り抜けたあたりは先発向きってのを感じさせるよな。真っすぐもいいし、少しカット気味になるからタイミングも外しやすい。芯に当てられた場面はなかったよな。

左の先発ってのはカープの長きに渡っての課題。まぁ中継ぎもそうだけどやはり左が2,3枚いる先発陣ってのはいいよな。ぜひこのまま調子を維持して、長いイニングを投げて信頼を勝ち取ってほしいよな。

山口も遠藤も期待を抱かせる投球をしてくれたけど、やはり一番目を引いたのは加藤改め矢崎課長だよな。

一昨年はあわやノーヒットノーランという投球を見せてくれたのがすでに懐かしい。あの時もキャッチャーのサインが見づらいということで眼鏡を新調したんだけど、眼鏡をかけた風貌がどうしても大卒1年目の若者には見えん(笑)。

黒縁っぽい眼鏡でどうしても老けて見えることからアタクシが勝手に「課長」とつけたんだけどな、その加藤課長が眼鏡とオサラバし、結婚して苗字を変えての3年目。非常に注目してみていたんだけど、持ち味を十二分に出したいい投球だったよな。非常にいいアピールをしたと思うよ。

真っすぐ。それも非常に力のある球で1軍の打者を抑えこんだ。低めにも制球されていたし、あの内容なら長打は打たれんよな。コントロールに苦しんだ時期もあったけど、それを克服したとは言わんけどいい意味で割り切って投げている印象があった。ボールを投げんようにというよりは低めに力強い真っすぐを投げるという意識が感じられたよな。それが適度に散らばって的を絞れなくしている印象をもった。コントロールよりも球に力を込めることを最重点にして投げている感じだよな。

ただ、長いイニングとなると1軍では厳しいかねぇ?やはり長いイニングとなれば2周り目3周り目には見極められるし、球の力も落ちる。となれば試合中盤でのリリーフあたりが課長の戦場となるんじゃねぇかねぇ?

あのパワーボールなら真っすぐで押して押して押しまくって最後はフォークで料理という形で1イニングなら十分行けると思う。馬力もあるから連投も効きそうだよな。課題は「ハート」。ボール先行になった時に昔の加藤の姿が頭に過るとグダグダになりそうだよな。自分を信じて矢崎拓也とはこんなピッチャーなんだ!という信念を厳しい場面でどれだけ貫けるかで結果は大きく変ってくると思うよ。

今村が2軍スタート。いい話も聞こえてこないからな、カープののウィークポイントの一つとして競った場面や小差でのビハンドで投げる投手。この質がどうなのかっては長いペナントでモノを言うと思うわけよ。そこに矢崎が入り込んでくるとなると大きいよな。

まぁ夢を勝手に膨らませているけどな、ドラフト1位の投手。このままでは終わってほしくないし、何としてでも今年は輝いてほしい投手だよな。セットアッパーの地位を勝ち取る意気込みで頑張ってほしいよな。

にほんブログ村・ブログランキング参加中!ポチッとお願いします!
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
このエントリーをはてなブックマークに追加