緒方監督は「12連敗」でストップ(笑)。後半戦のキーマンは誰!?

緒方監督は「12連敗」でストップ(笑)。後半戦のキーマンは誰!?

野球情報満載デイリースポーツ/セ5発!締めは誠也弾!2年連続!鯉の4番存在感見せた ホームラン競争初Vも

情報源: セ5発!締めは誠也弾!2年連続!鯉の4番存在感見せた ホームラン競争初Vも/デイリースポーツ online

しかし緒方監督ってのは余程パリーグとは相性が悪いんだねぇ。日本シリーズや交流戦でコテンパンにやられているのかと思っていたら、オールスターでも連敗中だったんだってな?その連敗もようやく止まった。オールスターでの連敗もストップ。初戦は負けているから、カープの11連敗+オールスターの1敗で12連敗。一足先に連敗脱出でしたな(笑)。

まぁカープが連敗を止めるとなると、昨日のセリーグが勝ったような内容となるだろねぇ。つまり打線待ちというところだよな。その起爆剤としてバティスタと小園が1軍昇格。果たして後半戦のキーマンになるのか!?

リーグ戦再開。またハマスタでDeNAが相手だよな。イヤだねぇ(笑)まぁ悪夢の前半戦を忘れるためにも、初戦に必ず勝ちたい。ここで負けるとズルズルと…ってな展開になるだろう。悲しい夏の思い出になっちまう可能性が高い。

怒られるかもしれんけど、アタクシは優勝は無理だと思う。3連覇の立役者であった丸が抜けたことでやはりチームの骨格が崩れた。精神的支柱の新井さんも引退。猛打の基礎を作ったタクローさん、死にかけた機動力野球を思い出させてくれた河田コーチもいない。エルドレッドも抜けたしな、いろんな意味でチームを支えていた人がいなくなった。みんな、今のカープなら大丈夫と「一人立ち」を確信したからチームを離れたんだろうし、本当ならもっと勝っていてもおかしくないのだろう。

では、なぜ勝てないのか??まぁ色んな理由があるんだろう。緒方監督の起用法、中崎の不調、打線の不調、打撃コーチの無能などなど。

結局はチームが機能していないということだと思うし、その責任は監督が負う。後半戦の戦いはこれまでの成功体験にとらわれない大胆な選手起用ということになるんだろうか!?主力は30歳くらいが多いんだけど、すでに「過渡期」を意識するタイミングに来ているのかもしれんよな。

もし、緒方監督が大胆な選手起用でAクラスに滑り込めば「下克上」に名乗りを上げるチャンス。まぁ去年までは、CS不要論をぶちまけていた同志も多かったろう(笑)。今度はそのCSがあってよかったなんてぇ皮肉な結果になるっても個人的には楽しみの一つなんだけどな。リーグ優勝はなくても「日本一」は可能性としては十分にあるってことよ。

さぁそうなると後半戦のキーマンね、いろんなご意見があるだろうし、それぞれ興味深いものになるだろうねぇ。別にいいよ、と言われるかもしれんけどアタクシの後半戦のキーマンね、書いてみるかねぇ。

アタクシは二人+α。一人目は巨人から移籍の長野。この選手を緒方監督を筆頭にベンチがどう使うのか?ここだと思うんだよな。そして長野を何番に置くのか?ここもポイントだろうねぇ。

長野という選手はやはり1日4打席立ってなんぼの選手だと思う。そして、そのネームバリューを生かす手はないと思う。長野本人も練習ではなく試合で結果を出すタイプであることは自任していると思うしな、試合に出さんと長野を取った意味がないよな。

ポジションはセンターでいい。守りに不安があれば試合後半で野間に代わればいい。とにかく1試合4打席は立たせるべきだろうねぇ。

それに夏場に調子を上げてくる。ここに期待したいよな。問題は何番に置くか?

1番においてもよかろう。ただ「カープの1番打者」という妄想がそうさせないような気がする。つまり細かい走塁や盗塁、サインプレーをする上で長野は適任ではないとベンチが判断する可能性がある。

もしそうなら笑止千万。何をおっしゃってるのかよくわからん(笑)。これまでの1番に野間や広輔というのにこだわってきた割にはこれらの選手の出塁率もさることながら、仮に塁に出ても何も仕掛けられていないよな。そんな野球をするのであれば、何も足のある選手を置いておく必要はない。緒方監督の現役時代のように先頭打者ホームランを打てる可能性にシフトしてもいいだろうに。そういう意味でアタクシは1番もいいと思う。

ただ、大事なのは打線の骨格。ここをどういう面子で作り上げていくか?ここが非常に大事なんだよな。そういう意味では6番がいいだろう。今6番を打っているのは主にドミニカンか會澤。まぁ彼らがいかんというわけではなくて、打線の骨格を作るうえで「並び」というのは非常に大事だと思うんだよな。

DeNAは強力打線と言われて久しい。特に宮崎の成長でますますパワーアップした。そして昨年のホームランキング・ソトの加入も大きいよな。ソト⇒ロペス⇒筒香⇒宮崎と、順番は変わってもこの並びというかつながりというのを非常にラミレス監督は大事にしているし、相手にとって脅威なんだよな。

カープも連覇中ってのはこの打線の骨格の部分は固定されてから打線が強力になった。そういう意味ではいろんな選手を試すのもいいけど、ある程度の腰を据えて戦ううえでは必要なことだと思うわけよ。

西川⇒誠也⇒松山⇒長野。こういう流れを作れないかなぁと。ドミニカンたちは一発の魅力はあるけど、波もあらい。どちらかといえば個人主義だからそれこそ7番で自由に打たせた方がいいだろう。會澤は8番にいればいい。それはそれで相手にとっては脅威だからねぇ。

連敗中も誠也⇒松山でチャンスメイクをする場面が多いけどその後の打者が機能していない。會澤やメヒア、安部が凡退してため息に変わる瞬間を何度も見てきただろう。そこに必要なのは選手の「顔」だと思うのよ。長野はその「顔」が十分効く。アタクシはこの選手を使わない手はないと思うよ。使い続けるのならアタクシはキーマンになりうると思うね。

もう一人のキーマンは中崎。ファームでだいぶ調子を取り戻してくれているみたいだねぇ。

個人的には過去にも書いてきたように、本当なら今シーズン休ませるのが本人の為にも一番よかろう。その後先発転向してあげた方が中崎の野球人生にはいいとさえ思っている。でもチームがファンが望んでいるのならアタクシも含ませてもらってだ、調子を取り戻してくれているのなら戻ってきてほしい。

ただし、必ず「クローザー」として起用することが条件。中途半端な中継ぎ要因として上げるのなら大反対。それでは中崎のこれまでの経験と力がチームのためにプラスになるとは思えんからねぇ。

これも何度か書いているんだけど、カープの不調は中崎からクローザーの看板を取り上げたころから始まっている。クローザーの資質を持つフランスワに看板を譲ったけどあまり機能していないし、セーブの場面での登板も少ない。

ただフランスワに看板譲っちまったもんだから8回のセットアッパーの看板、7回のセットアッパーの看板、僅差で投げるリリーフの看板と色んな看板がグラグラしちまっている。このブルペンの不安というのが一番の問題だと思うし、それが打線に変なプレッシャーを与えている気がするのよ。

そんでもって打線にテコ入れで別の選手を起用すればエラーやらかしたりでまた負ける。ここも勝ちパターンの骨格を作ることが大事なのよ。

だから、中崎がクローザーでも戻ってくれば、そのほとんどが解決する。それを中継ぎ要因なら、その不安は変わらんし、かつてのクローザーの起用法でベンチも頭を悩ますだろう。そういう様々な問題を抱えなら試合をするってのは決していい方向にいかんと思うわけよ。だから復帰するならクローザーなのよ。中崎がそこに座って「勝ちパターン」勝てれば、波に乗ってくる可能性は十二分にあると踏んでるのよ。

さて、最後は「+α」の部分。ここは誰というわけでない。「そんなのズルい」と言われそうだけどな、アタクシの頭の中に出てくるのは内野、セカンド、サード、ショート。ここで誰か出てこねぇかということなんだよな。

今は主に二遊間はタナキク。サードは安部か小窪といったところだろう。ここを「解体」するってこと。ってことはここに新しい選手が殴り込みをかけるってこと。それが「+α」の正体となる。だから一人ということではないし、二人かもしれん。もしここにそういう選手が出てこなければ、今シーズンBクラスに沈むだろうってことよ。じゃ、それが誰なのか?

まずはルーキーの小園。オールスターではサードをやっていたし、実際にファームでも練習しているようだねぇ?それまではショート一本に絞っていた感じだったけど1度1軍を経験して、ショート1本にこだわるよりはまずは1軍の試合に出るってことの方が大事だと悟ったんじゃねぇかねぇ?タナキク二遊間を維持しながら小園を使うことができるよな。

逆に広輔をサードに入れてということも可能。楽な場面で7番もいいと思うし、景気づけの1番でもいい。ポジションにバラエティ感があればそれだけ打席に多く立てるチャンスも増える。

トレードできた三好も移籍後1軍昇格で即結果を出している。三好も複数ポジションできるしな。それに曽根も同じことがいえる。上本が2軍に行っちまったけど、その存在も含めて内野をかき回してほしい。タナキクに遠慮なんかぁしちゃダメよ。この辺が出てきて活躍してくれると、いい具合に過渡期を抜けられそうな気がするけどな。

過渡期といえば今秋のドラフトは恐らく投手指名中心になるけど、社会人出身の即戦力内野手もぜひ獲得してほしい。いつまでも3連覇の選手たちに頼ってはチームの過渡期を切り抜けられねぇからな。

ファン的には小園が出てくるのが一番だろう。まぁ並みの高校生ルーキーではないことは確か。体がしっかり出来上がってきているからねぇ。

あ、いけねぇ。もう一人忘れていたよ。

堂林。今季はキャンプでサードやるぜって張り切っていたけど、最近姿が見えないねぇ?

ファン的にも堂林がサードに入るってのはたまらんよな。堂林も早く出てこんと気が付いたら三十路よ?殻を破ってほしいよな。

まぁ ファン同士、様々なキーマン候補が頭ん中駆け巡っていることだろう。まぁ大事なことは緒方監督を筆頭としたベンチの頭がどう考えるか?なかなか過渡期を意識しないとこれまでの主力を変えるってことはためらうだろうねぇ。ただ、その辺を変えていかんと今季の浮上はないだろう。いつまでも主力の復調を待っていたらシーズン終わっちまう。むしろ、主力のケツに火をつけるような選手起用を心掛けた方が、アタクシはいい結果が出ると思うよ。さぁ 後半戦。王者の意地を見せてほしいよな。

にほんブログ村・ブログランキング参加中!ポチッとお願いします!
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
このエントリーをはてなブックマークに追加