スポンサーリンク
愛すべき赤ヘル戦士

中﨑・上本・磯村のFA組は早々に残留宣言!!気になる助っ人の去就は??CS敗退のカープナインは来季に向けてすでに動きだした!!

情報源: カープ 助っ人陣の去就は今後検討へ デビッドソン、マクブルーム、ターリーら 日本シリーズに出場する阪神とオリックスは対決ムードが高まっているようだねぇ??CSファイナル終わってから1週間空いているんだけど、この辺の日程ってもっと何とかならんかなぁと思うねぇ。球場のスケジュールとか雨のことを考えたりとかあるんだろうけど、もっとスピーディーやった方が盛り上がるような気がしないでもない。もう今季を戦えるのはこの2チームだけ。両チームのファンは本当に充実したシーズンだろうねぇ。うらやましいよな。来季こそ、ぼくらのカープがこの時期まで野球が出来ているといいよな。 Bクラス決定、CS敗退のチームはもうその翌日から選手はもちろん、監督、コーチの去就がどんどん決まってくる。戦力外通告、助っ人陣の来季の契約はどうなるか??そして今週にはドラフト会議もある。DeNAはすでに契約更改が始まっているし、各球団すでに動き出しているよな。 ソフトバンク戦力外通告の衝撃 驚いたのはソフトバンクの戦力外通告。工藤監督時代に活躍した森唯斗や嘉弥真といったリリーフ投手、野手では上林が戦力外となった。マスコミでは...
ぼくらのカープ

敵は阪神ではなく甲子園だった!?新井カープ1勝もできずにファイナル終了もカープもカープファンも胸を張れるいいシーズンだった

情報源: 広島 悪夢の3連敗で新井監督1年目が終戦 王者・阪神の前に勢い生み出せず 甲子園で10連敗フィニッシュ 下剋上を目指して甲子園に乗り込んだカープ。しかし、阪神は強かった。CSファイナルは4勝(アドバンテージ1勝含む)0敗と阪神が無傷で日本シリーズ進出を決めた。3試合ともカープが先制するも追いつき追い越される展開は3連覇時代の短期決戦と同じ。この辺は相変わらず課題が残った印象があるねぇ。とはいえ、開幕前の最下位予想を覆してセ・リーグ2位。そして3位のDeNAとのCSファーストステージは東、今永という難敵を倒してファイナルまで進出した。最後は公式戦のゲーム差同様力の差を感じさせる結果となったけど、アタクシはカープもカープファンも胸を張っていいと思う。そして新井監督を筆頭に開幕からのカープが見せてくれた成長を素直に喜ぼう。まぁアタクシが言わなくても今季の新井カープの評価はみんな同じだろう。今季はファンが満足するシーズンであったことは間違いないだろう。監督、コーチ、選手、そして裏方さん全てに拍手を送りたいよな。 しかしCSファイナルを見てこれから手を着けなきゃいかんこともチラホラ見え...
ぼくらのカープ

大瀬良今季最高の熱投も実らずサヨナラ負けで崖っぷちに…カープにミラクルは起こるのか!?

広島がサヨナラ負けを喫し、CS敗退の瀬戸際に追い込まれた。1-1同点の9回2死満塁で、守護神栗林良吏投手(27)が阪神木浪に右前適時打を浴びた。アドバンテージ… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com) 情報源: 【広島】サヨナラ負けでCS敗退危機 大瀬良大地「あれこれ考えず明日勝てるよう」切り替え強調 - プロ野球写真ニュース : 日刊スポーツ 手に汗握る投手戦となったCSファイナル第2戦。9回裏に栗林が告げられたところで「栗林なら大丈夫だろう」と風呂へ行ってしまった(笑)風呂から出てきてTVをみるとちょうど木浪の打球が1,2塁間を抜けていった場面だった。栗林が打たれてサヨナラ負け。しかし悔しさというよりは「やはり」という気持ち半分と「頑張ったけど仕方ない」という気持ち半々といった感じでね、3連覇時代の日本シリーズでの負けよりもどことなく清々しい気持ちになった。「また明日頑張ろう」TVに向かって声をかけて歯を磨きにいったよ。 大瀬良今季最高の熱投!! カープの先発は大瀬良。ポストシーズンに入って「4番手」の先発。公式戦も6勝止...
スポンサーリンク
ぼくらのカープ

ファイナル初戦は悔しい逆転負け…シーズンと同じ負け方で流れは阪神に傾いた!?新井さん、もっとガンガンやりましょう!!

「8番一塁」で起用された広島韮沢雄也内野手(22)が同点の5回1死一、三塁での守備を悔やんだ。投手村上に股の間を抜かれて勝ち越し点を献上。決勝の適時二塁打とな… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com) 情報源: 【広島】韮沢雄也が守備悔やむ「ゲーム決まってしまった」投手村上に股の間抜かれ勝ち越し点献上 - プロ野球 : 日刊スポーツ SNSを覗くとこのCSに対してのカープファンの「熱量」ね、これが過去のCSと比べると非常に穏やかというか、熱すぎず冷たすぎず、「適温」という言葉当てはまるかどうかはわからんけど、非常に楽しんでいるように見える。カープファン歴45年のアタクシも今回のCSは非常に楽しめている。やはりカープファンにとって今季の新井カープのペナント2位、CSファーストステージ突破、それも東と今永という難敵を倒して上がってきたわけで開幕前の最下位予想を大きく覆した頑張りとサプライズね、これに非常に満足していることがわかる。そして今季圧倒的強さを誇ってリーグ優勝した阪神とのファイナル。初戦で阪神のペースを崩したかったというの...
ぼくらのカープ

圧倒的に阪神有利の前評判を崩せるか!?カギは新井ガムシャラ采配から生まれる化学反応と〇〇潰し??

16日の3戦目までもつれたパ・リーグよりひと足早く、セ・リーグのCSファーストステージは広島がDeNAに2連勝し、勝ち抜けを決めました。現地で観戦、取材してい… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com) 情報源: 虎党はうれしい?阪神OBの監督対決はCS史上初 「監督=選手」の間柄だった2人の激闘に期待 - 高原のねごと - 野球コラム : 日刊スポーツ パ・リーグのファーストステージを突破したのはロッテだ。いやいやスゴイゲームだったよな。野球はコレがあるから面白い。本当に最後のアウトを取るまで勝つ可能性も負ける可能性もあるわけで、野球の醍醐味を見事に演じてくれたよな。ロッテもこれで勢いづくだろう。 これでセパ両リーグのCSファイナルのカードが決まった。両リーグの覇者は非常に強いけど、そこに勢いをつけて2位のチームがぶつかっていく構図になった。当然、両リーグとも前評判はリーグ優勝をした阪神とオリックスが俄然有利というか力の差があるというのが一般的な見方だろう。さて、ぼくらのカープは強い阪神にどう立ち向かっていくのか??下剋上はあ...
Mageちゃんの「熱視線」

接戦を制しファーストステージ突破!!新井監督の全員野球でみんながヒーロー!!この勢いでいざ甲子園へ!!

情報源: 広島・新井監督 神采配で連勝突破!六回ピンチに大道でピシャリ→代打・末包弾 阪神戦へ「高校球児のように戦ってきたい」 しかし、新井監督は人の心をつかむのが上手いよな。ファーストステージ突破を決めた後、日本シリーズに出ない限りは今季マツダでの最終戦ということで最後の挨拶を行った。「どんなことを話すのだろう??」誰もがそのスピーチを見守ろうとしたその時、いきなりの選手代表、最優秀中継ぎの島内を指名してマイクを回した。「え~っ!?オレ??」という島内の戸惑った顔が笑いを誘った。恐らくカープの選手では今季唯一のタイトルを獲得した島内にファンから拍手を送ってもらいたい。島内、頑張ったんだよと褒めてあげてと選手想いの新井監督らしいイキな計らいだったよな。こうして今季のマツダの最終戦は「笑顔」で幕を閉じることができた。クライマックスシリーズファーストステージ、難敵DeNA相手に接戦を制して見事突破。素晴らしいよな。 行ける!!チームに勇気を与えた龍馬の一発 先発は森下とDeNAは「やはり」今永。前日の床田と東の投げ合いのように投手戦の予想だった。どちらが先に点を取るか!?そしてそこからどう...
Mageちゃんの「熱視線」

秋山が決めた!!ポストシーズン初のサヨナラ勝ちでFステージ突破に王手!!このプレッシャーでの勝利が一番の経験に!!ポイントは6回の攻防

広島が秋山翔吾外野手(35)の適時打でサヨナラ勝ち。プレーオフ、CSのサヨナラ試合は14度目だが、広島では初めて。広島は日本シリーズでもサヨナラ勝ちがなく、ポ… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com) 情報源: 【データ】広島、ポストシーズン球団初のサヨナラ勝ち CS初戦サヨナラ勝ちは突破率100% - プロ野球写真ニュース : 日刊スポーツ 5年ぶりのCS出場にも関わらずアタクシはお仕事+子供の習い事の送迎など本当に土日は大忙し。パ・リーグのようにナイトゲームならまだしもデーゲームは本当に観戦が難しい。それでも何とか自宅に戻って少しでもカープの雄姿を見たくてね、帰宅したのがちょうど9回サヨナラのチャンスで打席には坂倉。残念ながらサヨナラ勝ちとはならなかったけど、ここから最後まで観戦することができた。結果は11回秋山のセンターオーバーのサヨナラヒットでカープがFステージ突破に王手をかけた。この瞬間、カープファン同志の血圧は相当上がっただろうねぇ(笑) 床田VS東の投げ合いは素晴らしい投手戦 まずは両先発投手の投げ合い。これは見...
ぼくらのカープ

新井カープの短期決戦は「超攻撃的采配」で勝ち抜く!?カギは投手ではなく打線!?出てきてほしい「CS男」

広島大瀬良大地投手(32)と九里亜蓮投手(32)の先発2人が、14日開幕のDeNAとのクライマックスシリーズ・ファーストステージ(マツダスタジアム)で中継ぎ待… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com) 情報源: 【広島】CSはブルペン盤石 大瀬良大地、九里亜蓮も中継ぎ待機へ「流れを呼び込む投球を」 - プロ野球写真ニュース : 日刊スポーツ セ・リーグは全日程が早く終わったけど、パ・リーグはついこの間までやっていた。案外最後にCSの切符を手にしたロッテが勢いをそのままにCSに入れるメリットがあるように思うねぇ。逆に早々に優勝を決めてブランクも長い阪神は非常に戦い方が難しくなるよな。この阪神と対峙するのは2位のカープか??3位DeNAか??いずれにしても勢いづくような勝ち方をすると下剋上は十分考えられる。いよいよ明日。楽しみだよな。 第1戦先発は床田 2戦は森下 予告先発ね、もうこれは公式戦では一般的になった。事前に先発投手がわかれば、ファンは見たい投手のゲームを見ることができる。ロッテ・佐々木といった凄い投手が投げるとなれば、...
愛すべき赤ヘル戦士

カープがセ・リーグ2位でペナントを走り切った!!CSチケット即完売で盛り上がる中6人の選手に戦力外通告…秋だねぇ

情報源: 広島が2位!新井監督「素直にうれしい、選手のおかげ」DeNAが最終戦で敗れCSファーストS本拠地開催決定 マツダSから下克上へ もうすでに鮮度が落ちた話題だけど、10月4日にDeNAが巨人に敗れ、今季の順位が決まった。優勝が阪神、2位がカープ、3位がDeNAとなった。カープ5年ぶりのAクラス。2位は三村監督率いるレッドブルマシンの95年以来というから、28年ぶり。久しぶりだからなんとなく座り心地は落ち着かないけど、本当に2位は立派だと思うし、頑張った選手たちに拍手を送りたい。本当によく頑張ってくれたよな。 勝負の9月で大失速も143試合戦い抜いた!! 7月下旬には10連勝して最大9ゲームあった首位阪神を追い抜き首位にも立った。ただ、振り返ればここが今季の新井カープのピークだった。その後は甲子園での直接対決で力の差を見せつけられた形で負け越し、9月には阪神が完全に突っ走りカープやDeNA、巨人を完全においてけぼりに。逆にカープは失速。大事なゲームを落としまくり、自力2位も消滅し最後は他力本願となった。まぁこの9月の戦いぶりだけを切り抜いてみれば、2位に引っかかったといった印象が...
Mageちゃんが斬る!

やはり勝負弱さが大事なところで…それでもAクラスの新井カープには一定の評価。この悔しさはCSよりも来季Vの糧にしてほしい

情報源: 広島・新井監督「めちゃくちゃ悔しいです」 今季最終戦2位確定できず4日DeNAの結果次第 「全員でCS戦う」 74勝65敗2分 5年ぶりのAクラスに拍手 カープの今季の公式戦全日程が終了した。74勝65敗4分。貯金が9。開幕前の下馬評を考えれば大変立派な成績だったと思うし、5年ぶりのAクラス。心から拍手を送りたい。 夏場以降は激しい順位争いも経験した。このブログで盛んに書いたけど優勝争いの基準「貯金15」は2回あったけどそれ以上の上積みはなかった。7月中旬から下旬にかけての10連勝ね、あそこがピークだった。その後は2位ラインである「貯金10」を勝負の9月で苦しみながらも何とか死守してきた。この経験も大きいと思う。しかし最後の最後、阪神との最終戦で黒星。この負けで貯金が9となりボーダーラインを割ってフィニッシュ。これが響いて自力2位の可能性がなくなり、DeNAの最終戦に順位決定は持ち越された。個人的には2位でも3位でもどっちでもいいと思う。チーム、球団の目標が「下剋上」ならシーズンの順位は関係ない。CSは勝ち進めばいいだけだから。 こんなことを言ったら怒られるかもしれんけど、ポ...