難敵・則本を松ちゃんが一振りで撃破!やっぱり野球は投手だよな。

難敵・則本を松ちゃんが一振りで撃破!やっぱり野球は投手だよな。

野球情報満載デイリースポーツ/「西郷どん」より松山ド~ン!故郷・鹿児島の仲間の前で逆転V2ラン

情報源: 「西郷どん」より松山ド~ン!故郷・鹿児島の仲間の前で逆転V2ラン/デイリースポーツ online

土日のデーゲームは試合が見れない。去年までは録画して一杯やりながら試合をチェックしていたんだけど、せめて土日くらいは酒を抜こうと思ってね、あえて録画せずネットで経過チェックだけにしていたんだけどな、昨日の試合は録画しておけばよかったと後悔したねぇ。

野球の醍醐味ってのは打ちあいもいいんだけど、やっぱり投手戦だよな。1点を争う展開でランナーが一人でもでようものなら球場全体もお茶の間も緊張の度合いが急上昇する。

その中で繰り広げられるこれぞプロと思わせる好守備が飛び出せば、その喜びや落胆の度合いも大きい。菊池や田中の守備、誠也の強肩、決してうまくないけど松ちゃんのファインプレー。やはり投手戦というのは選手の持っている力を引き出す緊張感が堪らんよな。

前日の大瀬良の好投をみて、やっぱり先発がしっかりすれば勝てる。先発のジョンソンは久々の登板。対する則本はパリーグを代表する投手。どちらかといえば楽天に分があるかなぁなんて思っていたんだけど、ジョンソンが力むことなく平常心で投げていた姿が印象的でしたなぁ。先頭打者を出す展開が再三ありながらもチームで失点を防いだ。まぁ楽天打線が調子が悪いってのもあるんだろうけど、無失点でおさえてくれたのは大きかったよな。

ポイントは7回にスクイズで1点取られた。まぁあの場面、満塁でスクイズってのは意表を突かれたよな。ただ次打者が則本だから何とか点をという楽天ベンチの思惑がわからなくもないんだけど、最終的に満塁のピンチをカープが1点で切り抜けた、楽天からすれば1点しか取れなかった。この結果が7回裏カープの攻撃に、則本のピッチングに影響したんじゃねぇかねぇ?

仮に2点入っていたら、そのまま則本に完封を許していたかもしれん。いや嶋のスクイズの後、セリーグなら則本には代打だよな。でも梨田監督はそのまま則本を打たせた。代打を出してブルペン陣で逃げ切る策をとらずに則本の打撃に賭けるのであれば、嶋を打たせた方がスクイズよりは2点、3点のチャンスがあった。それをせずにスクイズの1点を選択したってところがミソだったよな。

7回の先頭、誠也に四球を出したあたりは則本が虎の子の1点を守るために慎重になりすぎた部分もあっただろうし、疲れも出てきたと感じたよな。そこを松っちゃんが一振りで則本をとらえた。この場面、アタクシはここの所白星に恵まれていない現状が名将梨田監督の判断を曇らせた、そう感じたよな。

それにしても松山ってのはこういう活躍をしてくれる期待感というかムードを持った選手だよな。野間の台頭で慣れないファーストをやる場面もあるんだけど、すでにベンチやファンの間では松山>エルドレッド、バティスタという評価になっているよな。

だからここの所スタメンは純血打線だし、エルドレッドも抹消されている。松山の評価が低ければ代打に甘んじていると思うし、ここで松山を慣れないファーストで使ってもと思わせるのは、持ち前の勝負強さや一発で試合を決める力、そしてムードメーカーとしてチームに欠かせない存在になっているからなんだよな。

左投手を苦手としていたけど、それも克服しているし、外野守備に関しては日本シリーズで後ろに逸らしたプレーから練習を重ねて上手くなっていると感じるし、本当に努力して今の地位を作り上げてきた。泥臭く、丸っこい体つきでも一生懸命走り、全力でプレーする。ある意味カープらしい選手だよな。

その松っちゃんが一振りで試合を決めた。球場の盛り上がりってのはすごかったろうねぇ。羨ましいよなぁ、その場にいたかったよ。

カープ的には難敵則本を撃破した。これは大きいよな。交流戦では初のカード勝ち越しを決めた。ってか勝ち越したのは6カードぶりだってな。まぁ今日の九里が前回のようなピッチングをするとまた逆戻りの可能性もあるけど、チーム状態としては底を抜けた感じはあるよな。

やっぱり野球ってのはピッチャーよ。そういう意味では状態の悪い楽天には申し訳ないけど、もう一つ叩いて乗っていきたいよな。

楽天の先発は美馬。去年は完封か完投された気がするんだけど、今シーズンはまだ勝ち星に恵まれていない。チャンスは十分あるよな。天気が心配だけど勝っているうちは何とか試合やりたいよな。さぁ3タテ目指してみんなで応援しよう!

スポンサーリンク
にほんブログ村・ブログランキング参加中!ポチッとお願いします!
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
このエントリーをはてなブックマークに追加