出る人もいれば入る人もいる。待ち遠しい人的補償リスト。大物が載っていれば絶対に報復せよ!

出る人もいれば入る人もいる。待ち遠しい人的補償リスト。大物が載っていれば絶対に報復せよ!

野球情報満載デイリースポーツ/ドラ1・小園、憧れの広輔先輩と初対面 最高の手本最高の壁!スピードで勝負

情報源: ドラ1・小園、憧れの広輔先輩と初対面 最高の手本最高の壁!スピードで勝負/デイリースポーツ online

「丸の巨人入団会見、見ましたか?」なんてぇ声を昨日からかけられている。もう、巨人の選手。巨人以外なら見る気にもなるがね、アタクシには関係ない話よ。

出ていくものあれば入ってくるものもいる。そう、ドラフトで指名した新戦力の入団発表があったよな。アタクシはこっちのが何万倍も興味がある。

競合の末、引き当てた小園クン。高校ナンバーワンショートの呼び声が高いよな。なんでも1軍キャンプ抜擢なんてぇ話。その素材の良さがうかがえるよな。

高卒内野手で1軍といえばさかのぼれば東出現1軍打撃コーチ以来かねぇ?まぁあの時は二遊間の人材不足でね、仕方なくという側面は否めないけどな、菊池・広輔と鉄壁の二遊間がいるにも関わらず1軍抜擢となると非常に興味深いよな。それに庄司や桒原といった若手にも危機感が出てくる。いい刺激になるといいよな。

小園クンの課題はやはり打撃だろうねぇ。なんでも木製バット持参で入寮というニュースを聞いた時には感心したよ。これまでは金属バットだったわけで、木製に切り替えて、これまでの技術や考え方が180度変わっちまう選手もいるからな、まずは早く慣れてバットを操れるように自主トレは頑張ってほしいよな。

本当に道具が変わるってことで、それぞれの選手が持っている「感覚」がずれて調子を崩すことが多い。例えば何年か前の「低反発球」ね。あれで打撃が不調になった選手は何人もいたよな。WBCなんかでもボールが日本と違うだけで本来の変化球が影を潜めたり、思った以上に変化したりするわけでね、小園クンも木製バットの克服が一番最初の仕事だろうねぇ。

守備に関してはプロの打球のスピードやサインプレーに慣れれば、あとは大したことはない。即レギュラーという事はないだろうけど、守備で試合に出る機会があればいい経験の場になるだろうねぇ。

2位の即戦力投手、島内投手。少しおとなしい印象を受けたのはアタクシだけかねぇ?控えめなところが気にかかる。プロはオレがやってやるくらいの投手が大成する。1年目から1軍で投げるくらいの心意気と高い目標をもってやってもらいたいねぇ。

3位の林クンは長打力が魅力の内野手だよな。今回は高校生の内野手が3人と10年後の内野陣がこの顔ぶれって可能性もある。楽しみだよな。

6位の正髄クンも楽しみな素材。イヤな言い方かもしれんけどある意味「地元枠」の意味合いが強いとは思うけど、大阪桐蔭の4番で全国制覇しているわけで、ポテンシャルはあるよな。新井のように練習を重ねれば中心を打つ打者に成長するかもな。

そのほかの選手も書きたいんだけどな、そろそろ本題に移りますかな。まぁ新人選手はこれからの頑張りで自分の将来はなんとでもなる。ドラフトの順位が低くても名球会に入ったいい見本が身近にいるしな、カープは面倒見のいい球団だから、とにかく野球に集中してケガだけには気をつけて頑張ってほしよな。

さて、入ってくる選手といえばもう一人。そう、丸のFA移籍に伴って人的補償でカープにやってくる選手がいる。人材の宝庫と言われる巨人から一人いただけるわけで、その選手が誰かによっては結局トレードだったんじゃね?的結果になる場合もあるよな。

昨日丸の入団発表があったから、2週間以内にカープにリストが届く。西武の方が先にリストを手にしているわけだけども、いずれにしても投手が欲しい事情があるからな、個人的には投手をかなりプロテクトしてくるんじゃねぇかなぁと。

カープの場合は捕手の駒が揃っているから、捕手のプロテクトを外してくる可能性が高い。人数的にはここでプラマイゼロになるから、やはり野手が多くリストに含まれて来る可能性は大いにあるよな。

その野手が若手なのか?それともカープの足元をみて高年俸の選手をプロテクトから外してくるのか?当然リストは門外不出なので獲得した選手以外の名前は公にならんけど、大竹の時は結構高年俸の名前がリストにあったことも十分に考えられる。それはなぜか?

注目したいのが鈴木本部長のコメント。

「それなりの選手がいれば獲りに行く。年齢の高い選手であっても、1年だけ使ってみるかということになるかも」

つまり、仮に阿部や長野クラスの野手がプロテクトから外れていたら獲るよ。というメッセージだよな。

仮に阿部や長野をカープが獲得したら巨人ファンが今度は球団批判に走る可能性はあるよな。冒頭に結局トレード?と書いたのはこういう結果になった場合のことなんだよな。

もっと掘り下げてみると、数年前の大竹のFAで一岡を獲得したときのリストには恐らく、カープが絶対に手が届かないであろう選手がプロテクトから外れていたことが想像できる。

鈴木本部長のコメントから「あの時は出来なかったけど、今回はやるよ」と受け取れる。つまり報復だよな。

これを巨人サイドがどう受け止めるのか?恐らく丸に17億出すって言ってるんだから、阿部を1年位雇うのは難しくねぇよな。となれば、これまでの生え抜きのベテランたちはプロテクトしてくるだろう。そうなれば若手が漏れてくることになるよな。

それと、外様。FAで獲得した選手をプロテクトから外してくる可能性もある。陽岱鋼がそうだよな。丸が来て、長野・亀井の生え抜きと若手の有望株をプロテクトすれば漏れる可能性はある。陽にするか若手にするか迷うところだろうねぇ。

陽はもともと福岡第一高校時代にカープが高校生ドラフト1位指名を最後まで検討した選手。あの時は左腕の片山投手を指名したけど抽選で楽天に敗れた。陽も日ハムとソフトバンクの抽選だった。目をつけていた選手ではあったんだよな。

ただ陽のキャラがカープに合わねぇだろうという声は相当数あるだろうねぇ。故障が多いし、練習もあまり好きではなさそうだよな。まぁアタクシはそれでも「報復」の意味で獲得してもいいと思うよ。

仮に阿部、長野、亀井あたりの生え抜きが外れていたら絶対に取るべき。そういう実績じゃねぇけど、カープは取られるばかりじゃねぇよとファンに知らしめるためにも、長きに渡り辛酸をなめさせられたFAというものに対して一つの答えを出すいいチャンスだと思うんだけどな。

ただ鈴木本部長のコメントの真意は牽制の意味合いが強いのだろう。それをある程度巨人側が汲んでくれたら若い選手がプロテクトから漏れてくる。選び甲斐があるってもんよ。巨人もその方がダメージは少ないだろうしねぇ。

陽と同じく日ハム出身の吉川光も漏れてくれたらと期待できる選手。マツダスタジアムのマウンドがしっくり来ているみてぇで、CSでの好投は印象に残っているよな。この辺の外様が外される可能性は結構高いと思うんだよな。

今からのタイミングだと本当に年末になりそうだよな。この人的補償で獲得できた選手が誰なのか?個人的にはクリスマスや正月より待ち遠しいよ。

にほんブログ村・ブログランキング参加中!ポチッとお願いします!
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
このエントリーをはてなブックマークに追加