保っさんが燃えた!!バティスタの「おかわり」を呼び込んだ中継ぎ陣の踏ん張りに拍手を。

保っさんが燃えた!!バティスタの「おかわり」を呼び込んだ中継ぎ陣の踏ん張りに拍手を。

野球情報満載デイリースポーツ/菊池保、2回1安打無失点で逆転呼び込む 7試合連続無失点

情報源: 菊池保、2回1安打無失点で逆転呼び込む 7試合連続無失点/デイリースポーツ online

しかし野球というのは面白い。内容は圧倒的に巨人が押せ押せだった。2-10くらいで負けてもおかしくない。先発床田は本当に苦しいマウンドだったよな。真っすぐも行っていないし、コントロールにも苦しんだ。追い込んでも決め球に苦労した印象だったよな。フルカウントや満塁の場面が目立ったのもそのせいだろうねぇ。

でも、野球というのはホームベースを踏まん限りは点が入らん。もちろん先発投手の投球内容やリズムっちゅうのは攻撃にも影響が出る。守る時間が長ければやはり攻撃にも集中力を欠いてしまう。この試合の前半というのはそんな感じだよな。

内容的に床田の投球というのは勝利投手に値しないけど、この粘りというのが結果、逆転勝ちにつながった訳で、今後この経験というのは床田にはプラスになるだろう。よく言われる「悪いなら悪いなりに」ってのを身をもって経験できたわけだからな。

解説の谷繁さんがこの調子だと8回裏にカープが点を取って勝つみてぇなコメントをしていたよな。まぁさすが中日の黄金時代、ホームベースを守り続けた人の発言だけだあって、興味深かった。

まぁ アタクシのような口が達者なだけのファンの話なら、話半分以下で聞かれるだろうけど、やはり数々の勝利を経験した捕手ってのは試合の流れの中で勝機や敗因ってのを感じ取れる触覚ってのがあるんだろうねぇ。結果その通りになったよな。

打のヒーローはバティスタ。上位打線が機能する中、結構淡白な打撃が目立った。迷っている感じだよな。

交流戦時にメヒアと入れ替えられた時も外の見極めができなかった。これが不振の原因だろう。最近またその悪癖が顔を出し始めた。

恐らくバティスタ本人もよーくわかっていたんだろう。1本目のホームランは外に何でもかんでも手を出さないっていう強い意志が打席で感じられたよな。

この打席を振り返ると外角攻めで迷いのある初球にインコース低めの落ちる球を迷わずスイングした。よく見りゃボール球。巨人バッテリーの餌にまんまと食いついちまった感じだよな。バッテリーからすればあとは外の出し入れで簡単に料理できる。そう感じた初球だよな。次は真ん中高めのボール球。これもバティスタは食いついた(笑)。バットに当たるわけがない球に手を出す当たり、迷いがあることは手に取るようにわかったよな。

追い込んだわけだからここでもう外角攻めのオンパレード。ここをバティスタは見極め始める。外のスライダーに引っかからず、フォークも冷静にカット。簡単に料理できると踏んだ巨人バッテリーに焦りが生じる。結局フルカウントまで粘った挙句、8球目の甘くなった真っすぐをしっかりバティスタが仕留めた。これは立派だよな。

今のバティスタなら3球目や4球目のボール球に手を出していてもおかしくない。それを見極めた。これまでの2ストライクはボール球に手を出していたにも関わらずだ。この辺ってのは會澤じゃねぇけど、心は熱く頭は冷静にを地で行くようなプレーだよな。もともとバティスタは頭がいいっていう話はよく聞く。このクレバーさとあの状況になっても冷静さを持っていたってのが結局こっちに流れを引き込めた要因でもあるだろうねぇ。

そういえば西武のおかわりくんが400号打ったんだってねぇ。そら、1試合で何本もホームランをおかわりすれば、この記録はうなずけるよな。

助っ人選手も1試合で何本もおかわりする選手は多い。エルドレッドもそうだったし、ヤクルトのバレンティンなんかもそうだよな。

アタクシはこのバティスタのおかわりが試合を決めるかもしれん。出れば勝てるし、出なきゃ負ける。あとは中継ぎがどれだけ踏ん張れるか?そう感じた一発だった。

まぁ結果、8回の打席におかわりするわけだけど、あれは完全にバティスタが真っすぐ一本に絞った感じだった。剛腕デラロサの3球目を叩いたというよりはバットをぶつけた印象(笑)。あの球を投げる前に巨人バッテリーはなかなかサインが決まらんかった。まぁデラロサは恐らくカープ戦は初めてだろうし、今のバティスタの状態というのは頭に入っていなかったんだろう。キャッチャーの方がよくわかっているんだけど、真っすぐで行きたかった。そんな感じだよな。

投手が首を振るってのは大体真っすぐを投げたい、逃げたくないって意思表示の方が多いような気がする。アタクシも真っすぐを予想した。

投じた球はアウトコース高め。これもう少しボールゾーンだとバットを空を切っていただろう。また引っかけていたら内野ゴロの可能性が高い。コースに逆らわずに素直に逆方向のバットをぶつけていった。パワーとパワーのぶつかり合いであれだけ飛ぶんだからな、すげぇよな。

連夜の逆転劇に欠かせないのは中継ぎ陣の踏ん張りだよな。一昨日は菊池保、遠藤、昨日は菊池保、今村とね、先発の大瀬良や床田が苦労していた巨人の1~3番に連打を許さずしっかり抑えた。この好投があるからこそ終盤の逆転劇が生まれる。本当にいい仕事をしてくれているよな。

最初に謝っておくけど、昨日の菊池保の2イニング目には正直不安を感じた。連投だしな。特に同点に追いついた7回表に先頭の丸を四球で出した時は正直厳しいと思ったよな。2点負けてる場面と同点の場面じゃやはりプレッシャーが違うからねぇ。

でもその不安を菊池保は吹っ飛ばしてくれた。続く岡本を3球三振。圧巻だった。この3球三振というのは巨人ベンチは結構効いたんじゃねぇかねぇ?

交流戦のオリックス戦。菊池保は延長10回表に登板しボコられた。あの試合はあの場面での菊池保の登板ってのは本人が全く想定していなかった印象で力が出し切れなかったとアタクシはベンチを批判した。そして菊池保の評価も下がっちまったよな。

そういうものを経験した後、中崎が抜け、一岡が抜け、中村恭が抜けて苦しくなったブルペン陣の中、これまでビハインド専門だった菊池保に接戦での登板の役割が回ってきた。チャンスが回ってきた。このチャンスをしっかりつかんだわけで、本当によく頑張ってくれているよな。

何だろう?表情もいい。カープにはいない色んな苦労を重ねてきた渋みも感じられる。笑顔には人の好さも感じられるよな。

こうして菊池保、遠藤、今村が何とか頑張ってだ、中村、一岡、中崎が戻ってきたらさ、そら強力なブルペン陣になるよな。その辺「勝負の9月」に出揃うとなると面白い展開になりそうだよな。

これから夏本番、保っさんには頑張ってほしいよな。

昨日、一昨日の巨人の野球ってのは11連敗中のカープに似ている。チャンスはあれど点が入らず。前半点を重ねてもダメ押しが取れずにひっくり返される。まぁ負ける時ってのはそんなもんだよな。

カープはこの巨人戦で見せた粘りを他球団相手にできるかどうか?次の中日戦で見極めたいよな。

ただ、どうだろう?巨人もカープ同様下位打線をチョロチョロと動かしているよな。まぁそれが原監督の起用法なんだろうけど、そこで着目するのは阿部の代打のタイミングね。ここに原監督のカープ戦はやりづらいと感じている節がある。

初戦は4回で早々に出てきた。結果は犠牲フライで打点をあげたんだけど、原監督はそのつもりじゃなかったはず。阿部に一気に決めてほしい、それゆえの4回という早いイニングでの起用だったと思うわけよ。もうカープに反撃の気持ちさえ起こさせないように止めを刺すつもりの起用だったに違いない。

2戦目の昨日は前半の再三のチャンスを下位打線が潰しているのが目立った。5回の1死満塁のチャンスでビヤヌエバや小林のところでと原監督ならやりそうだけど結局出さなかった。それは恐らく初戦の反省があったのかもしれん。もつれた時のとっておきにと。ところが試合後半はカープの中継ぎの踏ん張りで出すに出せなかった。7回に代打で出てきたけど中途半端感は否めなかった。この辺、カープ戦のやりづらさってのが判断を鈍らせているのかもしれんねぇ。

恐らく首位を走る巨人や2位のDeNAもそう、次に対戦する中日もそうだけど、なんやかんや言って一番怖いのはカープ。今の順位表ってのはある意味カープが作っているといってもいいだろう。カープが普通の調子なら、巨人は走っていないし、DeNAや中日だってもう少し借金を抱えていただろう。他球団は願わくば、カープには眠っていてほしい。これが本音だろう。

多くの同志は巨人を3タテしてともくろんでいるだろうけど、そうは簡単にいかんだろう。そこは数々の実績を残す原監督だからな、最後の砦は何としてでも勝ちに来るだろう。非常に難しいと思う。

ただ、もし巨人を3タテできたら、なによりも選手に「その気」が湧き出てくる可能性がある。10日後にまた巨人戦がある。そこまでに貯金をという明確な目標をうまくベンチが立てて、チームがその方向に一つになり10日後の巨人戦の結果いかんではセリーグの勢力図が大きく変わる可能性もあるかもしれん。まぁ あくまでも願望だけどな。

勝てば勝ったで次の試合が大事。緒方監督が言う、一戦一戦というのはそういうことだと思う。もし、3タテできたら「あの巨人を3タテ!?」と他球団は身構えるに違いない。カープが目覚めた。あの、恐ろしいカープが目覚めた。そう思ってくれるならまだまだペナントは捨てたもんじゃぁなくなる。今日勝てばね、今日勝てばの話よ。

にほんブログ村・ブログランキング参加中!ポチッとお願いします!
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
このエントリーをはてなブックマークに追加