西川龍馬は何番打者?アナタは3番派?5番派?それとも…!?

西川龍馬は何番打者?アナタは3番派?5番派?それとも…!?

 広島の西川龍馬内野手(25)が29日からの紅白戦と6月2日からの練習試合に5番で起用されるプランがあることが27日、分かった。当初は3番での起用が有力視されていたが、5番候補だった松山がコンディション不良のため、現在は3軍調整中。4番・鈴木誠の後に勝負強い打者を置きたいとの狙いから「5番・西川」が試される。 打席で示す存在感が頼もしい。打線の浮沈を握る5番打者。その重要な打順を任せられるだけの器量が、西川にはある。朝山打撃コーチは「(打率)3割近く残せると、信頼している」と高い期待を寄せる。5番の筆頭候補だった松山はコンディション不良で25日から3軍調整中。松山がいる前提で開幕オーダーを算段することは現実的に難しくなった。

情報源: 広島・龍馬5番 松山不調で浮上…朝山コーチ「3割近く残せると信頼」

Advertisements

 広島の西川龍馬内野手(25)が29日からの紅白戦と6月2日からの練習試合に5番で起用されるプランがあることが27日、分かった。当初は3番での起用が有力視されていたが、5番候補だった松山がコンディション不良のため、現在は3軍調整中。4番・鈴木誠の後に勝負強い打者を置きたいとの狙いから「5番・西川」が試される。 打席で示す存在感が頼もしい。打線の浮沈を握る5番打者。その重要な打順を任せられるだけの器量が、西川にはある。朝山打撃コーチは「(打率)3割近く残せると、信頼している」と高い期待を寄せる。5番の筆頭候補だった松山はコンディション不良で25日から3軍調整中。松山がいる前提で開幕オーダーを算段することは現実的に難しくなった。

情報源: 広島・龍馬5番 松山不調で浮上…朝山コーチ「3割近く残せると信頼」

Advertisements

松ちゃんが折角開幕が決まったってところでリタイア。残念だよな。たしか今季のキャンプでも出遅れていたよな。

Advertisements

 一昨年、念願の1億円プレーヤーになりながらも昨季は不振で給料下げられた。そのまま下降線をたどってもおかしくないお年頃だしな、今季は相当な決意を持って取り組んできたことだろう。

Advertisements

 ベテランと言われてもおかしくない年齢になっても、秋季キャンプに参加して若手に混ざって体を鍛えなおしたのはその決意の表れだよな。もう一度初心に戻ってというね、それはとても素晴らしいと思うよ。

Advertisements

 それだけに今回の離脱というのは本当に悔しいだろうねぇ。でも焦らずにシーズン中に再発せんようにしっかり治してほしいよな。

Advertisements

 朝山打撃コーチの頭ん中で「5番松山」構想というのはかなり現実的で打線の核になると踏んでいただろう。4番誠也との勝負を避けられた場合に相手がどんな奴が出てきたらイヤか?と考えるとアンパンマンの顔が浮かんだんだろう。長打あり、勝負強さあり、そして松ちゃんが打つとベンチのムードがよくなる。適任だろうねえ。

Advertisements

 その松山がいないとなると当然「5番、どうするべか?」となる。朝山コーチは「5番西川」もアリとの見解を示したようだねぇ。

Advertisements

 もちろん、5番を誰にするかというのも重要なテーマなんだけど、ここでふと浮かんだのは西川龍馬は「いったい何番打者なのか?」ということ。ここを考えてみようと思うんだよな。

Advertisements

 個人的には「5番」もいいと思う。5番の場合ってのはさっきも書いたように4番が勝負を避けられた場面で真価が問われる。「4番代理」的な側面もある。

Advertisements

 「4番代理」という角度から見ると西川は線も細いし、「威圧感」という部分では物足りなさもあるように思う。走者を還すというよりは「つなぎの5番」というイメージがどうしても先行してしまうよな。

Advertisements

 ところが昨季の成績は.297 16本塁打。長打率も4割を超えている。打点も主に1番に座って64打点。昨季のような数字を残せば当然打点はもっと増えて来よう。

Advertisements

 昨季は広輔の不振で1番に座って居心地もよかったように思う。広輔の調子うんぬんに関わらず1番西川もアタクシは候補に残しておきたいような気もする。

Advertisements

 1番にしても5番にしても西川に向いているなぁと思うのはあれこれ考えずに自分のバッティングに集中しやすい打順ということだよな。西川の良さを引き出すにはこういう打順の方がいいと思う。

Advertisements

 松ちゃん離脱する前は「3番」候補だった。個人的にはこっちの方が西川が打撃を崩すような気がしていた。それはなぜか?

Advertisements

もちろんこれはアタクシの想像の域を出ないが「3番打者」というとカープの選手はどうしても「丸」という存在を追いかけてしまうのではないか?丸を目標に、丸を手本にという気持ちが前に出すぎてしまうのではないか?とね。

Advertisements

 昨季、ある意味、連敗連勝を繰り返してきたのは、3番に座った選手が丸の残像を追いかけてしまってなかなか結果が出なかった。結局は助っ人で丸の影響力が他の選手に比べて少ないバティスタが3番という形である程度、落ち着いたよな。

Advertisements

 アタクシはこのブログで「いい監督、コーチ、選手の影響力の賞味期限は1年」と持論を展開してきた。それに当てはめれば丸の残像は昨季に比べて少なくなっているだろう。

Advertisements

 それでも同じ左打者でセンターで3番となれば、丸の背中を追いかけて来た西川にとっては色んな意味で「特別な打順」のように思う。

Advertisements

 その特別な想いがいい方に出ればいいけど、悪い方に出てしまう可能性もある。もともと天才肌の選手だからね、思い通りに打たせてあげられる打順の方がいいかなぁと。

Advertisements

 なのでアタクシ的には「1番」>「5番」>「3番」といった感じかねぇ?じゃ、広輔は?という話も出てくるだろうし、機動力の部分で疑問とかいろいろ出てくるだろうけど、そこは置いておいて西川は何番打者?となるアタクシは「1番」で限りなく僅差で「5番」かなぁと。

Advertisements

 同志の皆さんはいかがですかな?

Advertisements
にほんブログ村、ブログランキング参加中です!ポチっとやってくれるとありがたいです!<
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
最新の記事を見逃さない読者登録はこちらへ↓<
ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!
Mageちゃんの鯉恋日記3 - にほんブログ村
にほんブログ村、ブログランキング参加中です!ポチっとやってくれるとありがたいです!<
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
最新の記事を見逃さない読者登録はこちらへ↓<
ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!
Mageちゃんの鯉恋日記3 - にほんブログ村