緒方監督の野間への行為は暴行?愛のムチ? それは当人同士が決めることで「時代」が決めることではない

緒方監督の野間への行為は暴行?愛のムチ? それは当人同士が決めることで「時代」が決めることではない

 広島は24日、今月15日付で緒方孝市監督(50)に厳重注意処分を科したと発表した。6月30日に行われたDeNA戦(横浜)の試合後、全力疾走を怠った野間峻祥外野手(26)を平手で複数回たたいたという。同監督は20年ぶりの11連敗が止まった7月15日DeNA戦(横浜)の試合前に野間を含む選手、スタッフに謝罪したとしている。球団の調査では常習性はないと確認した。

情報源: 広島 野間を複数回たたいた緒方監督を厳重注意 謝罪したその日に20年ぶり11連敗ストップ – スポニチ Sponichi Annex 野球

カープはジョンソンの完封劇で5連勝。まぁこうなると連勝が止まった時、また連敗するんじゃねぇか?そんな心配も出てくる。

今度の日曜日は亡くなった父の海洋散骨。どうやら台風が発生したらしく雲行きが怪しい。

今季のカープは夏空に似ている。激しい雨が長く続き、その後梅雨が明けて連勝街道。でもまた台風なんかが接近してくると、なかなか青空が戻らない。まぁ こんなことをやっているチームは絶対に優勝はできん。ここらでいい加減にジェットコースターみてぇなペナントには終止符を打たんといかんよな。

ジョンソンは危なげない投球だったよな。石原のリードも冴えていたよな。最後は球数は微妙だったけど、中日打線が合ってなかったからな、変わった方が相手は喜んだだろう。2点差、ワンチャンスで追いつかれる可能性を考えればジョンソン続投は正解だよな。

カープファンの背筋が凍った(笑)のは安部の連続エラー。ここでジョンソンがヘソ曲げちまうんじゃねぇかとヤキモキした同志も多かったんじゃねぇかねぇ?

それをいとも簡単にジョンソンは切り抜けた。詫びにきた安部の尻を「気にすんな」って感じでポンと叩いた。カッコいいじゃねぇか(笑)。

まぁここまでジョンソンが気持ちよく投げられたってのは石原のリードもさることながら、もう一人強力な「味方」がいたからなんだよな。それは誰か。

答えは球審の笠原さん。ジョンソンとの相性がバッチリだったよな。これを石原が試合早々に見極めて、笠原さんがストライクと言ってくれそうなところを要求した。まぁ具体的に言えば左右の打者のアウトコース高めね。ちょっと高いかな?ってのもストライクと言ってくれた(笑)。だから常にストライク先行できた。ここが一番大きい。

この辺は石原だけじゃなく、ジョンソンも気づいていたと思う。だから投球の組み立てが楽になったよな。

じゃ、球審が笠原さんだったら必ず勝てるかといえばそうじゃない。恐らくだけど、あのアウトコース高めを昨日はストライクといっちゃったから、少なくともこの試合はストライクだけど、じゃ次はどうかといえばわからない(笑)。「あ、今日ここ、ストライクなの?」最初は半信半疑だったけど、同じコースをもう一度行くとストライク。じゃ、「今日は」ここストライクなのねと。ここを最初にボールとコールされれば「今日は」ボールなのよ。

これをさっきストライクと言ったけど次はボールとなれば、ジョンソンも安部の連続エラーにキレていたと思う。まぁ人間がやるもんだもん、そんなもんよ。

人間がやるもんと言えば、昨日から降って沸いた緒方監督の「暴行事件?」。カープ球団から厳重注意。そして緒方監督は選手、コーチ達に謝罪したそうな。

くしも事件が起きたのが交流戦開けのハマスタ3連戦中。野間の怠慢走塁に対してとのこと。まぁこの後、7月15日に緒方監督が謝罪するまで連敗が続いたそうな。まぁ謝罪したから連敗が止まったわけでもないし、殴ったから連敗したわけでもあるまい。まぁただ、チームのムードはどことなく落ち着きがなかったってのは想像できるよな。

記事を書く前にSNSを覗いてみた(笑)。いわゆるアンチ緒方のファンはそれ見たことか!と辞任すべしとの声が圧倒的。まぁなんかどっかの国の野党みてぇに政権の綻びを見つけては裏も取れていないのに、ぎゃぁぎゃぁ騒ぎ立てる。なんかそれに似ていて滑稽だよな。

アタクシ世代、特に古葉監督の時代を知っている同志は、それは愛のムチ。お互いの信頼関係から成り立っているもの。とある程度一定の理解を示す。ただ、それならファームに落とすとか方法があったんじゃねぇか?そんな意見も見られたな。

一番気になるのが「今の時代、アウトでしょ」というご意見。あぁ時代だなぁと感じるよな。一体何だよ?「今の時代」ってさ。

どんなことがあっても暴力はいかん。手をあげたらダメ。地位の優位性を利用しているなど、まぁ今世間を騒がせている問題だよな。教師が暴力振るってケガをさせた、体罰した生徒が自殺したなんてぇニュースがあるから「今の時代」という表現なんだと思う。

教師に暴力をふるってもニュースにならん。わざと怒らせて教師に手をあげさせて、それを動画サイトにアップする最低な人間もいる。それでも先生が悪いという。先生のビンタに目覚めて成長する選手だってたくさんいる。むしろそういった生徒が多いから、そういうやり方を「今の時代」まで続けてきている側面もあるだろう。そういう人たちは当然ながら取り上げられないよな。

古葉監督の時代。まぁあの監督も手が出る監督さんだったし、あの時代はヘマした選手がコーチに鉄拳制裁なんてどのチームも当たり前だったし、それで辞めた選手や監督・コーチを訴えたなんてぇのは聞いたことがない。

鬼軍曹・大下さんも野村謙二郎さんが大学の後輩だからな、そら、かわいい反面一番厳しかったろう。野村謙二郎さんにビンタを喰らわすシーンなんてぇ平気でテレビで流れた。「広島伝統の厳しいキャンプ」なんて言ってたよ。

それをアタクシは肯定するつもりはないけど否定もしない。そこに両者が目指すもの、求めているものが合致していればそれもありだと思うし、外野がとやかく言うことでもないと思う。それが暴行なのか愛のムチなのか?それは当人同士が決めること。こと、スポーツの世界ではどこにでもあることだと思う。

どこにでもあることで思い出したけど、吉本興業の芸人さんたちの闇営業問題。反社の人たちからギャラもらって営業していたなんてぇのが問題になったよな。まぁ今は吉本興業内のいざこざに話が変わっちまっているけど。

昔から興行ってのは必ず街のその筋の人が絡んでいた。お笑いだけじゃない、ボクシングや相撲、地元の祭りにだって思いきり絡んでいた。コンプライアンスだとか、法律だとか整備されては来ているけど、結局は「人」の問題。だから未だにそういうことはあるだろうし無くならない。アタクシはそんなもんだと思う。

部活動での顧問の暴力?愛のムチ?も未だになくならないのも「そんなもの」だと思う。傍から見たら先生がビンタかましているのを見れば「暴力」ととらえるのは自然だけど、そら当人同士の関係や目指すものを全く分からんからだよな。わからんくせに正義をかざして「今の時代」はいかんといって焚きつけるのもどうかと思う。

逆にSNS上で仲間外れにしたり、悪口拡散させたりな、恥ずかしい写真撮って拡散したり、野球でいえば2軍に落として試合にも使わず、そのまま無視するのは暴力ではないかもしれんけど、そういうのは思いきり「心の暴力」だと思うし、外見の傷がないから周りから気づかれないだけで、人間の一番大事な「心」を外から見えないのをいいことにズタズタにすることは「暴力」じゃねぇのかと。

緒方やめろってのはプロの世界だからいいよ。批判があっても当然。でも「死ね」とかってのはどうなのか?そこまで公の場で言える方が怖い。ひどい。最低だと思う。「今の時代」ね。昔はなかったよ。そんなひどいこと。

カープファンならわかっている人の方が多いと思うけど、野間の入団の経緯からして、緒方監督と野間は子弟関係みてぇなもんだよな。

そして野間が今シーズン苦しんでいるのもよくわかっている。問題のシーンも野間の中では打って結果を出すことしか考えていなかったんだろう。内野フライを打った瞬間に「あ~」と思っちまったんだろう。走らなかったのはそういうこと。自分に失望した瞬間、何をすべきかってことがみんな飛んじゃったんだと思う。

野間は不調が原因でチームにとって何を求められているのかわからなくなっている。打てなくても守備や走塁でチームに貢献することを忘れている。チームで徹底していることも忘れている。あのチョンボを見て緒方監督がカリっと来たんだろう。

気合を入れた後、野間は2軍の試合にも出た。夜は1軍のベンチに。これを罰ゲームととらえるか、野間の調子を1日でも早く取り戻してほしい思いからなのか?アタクシは後者だと思う。それを「虐め」や「いやがらせ」と感じるか、監督の親心と思うかは野間次第だよな。他の人間がとやかく言うことじゃない。お互いがわかっていればそれでいいのよ。

このことが明るみになって野間は「監督に不平不満はないし、理解している」と。アタクシはそれでいいと思う。それほど大きな問題じゃないと思う。「今の時代」、暴力はいかんと思うけど、この件は暴力じゃないと思う。野間がそのことに関してムカついているのなら、そら「暴力」を振るわれたといえばいい。後は球団が決めること。野間が被害者だとなれば、それこそ監督の進退を考えなきゃならんだろう。

 その当時は決して密室ではなく、周りに何人かいたそうだ。その周りにいた人たちの目にはどのように映っただろうか?体罰?いじめ?暴行?いや、野間と監督の関係を考えれば、みんな「愛のムチ」だと思ったろう。

子供を例え「愛のムチ」でも叩いたらいかんという法律ができるんだってな。まぁ「しつけ」と称して暴力をふるう輩が多いからだろうし、子供を守る意味では必要なのかもしれん。でも、アタクシだって子供が悪さすればゲンコツするし、それは子供もなぜ、ゲンコツ喰らったかは理解している。だからその後は何食わぬ顔して一緒に遊ぶしな、大声で笑いながらジャレるよ。結局暴力か愛のムチか、わかるのは当人同士だけ。外野がどうこう言うことじゃない。たとえ「今の時代」だからとしても「人間」というものは時代なんか関係ないのよ。大事なのは時代ではなく信頼関係だと思うけどな。

 大事なことは野間がこれを受けてどうするのか?どうなるのか?緒方監督は見守ってくれていると思うよ。頑張れ!!

にほんブログ村・ブログランキング参加中!ポチッとお願いします!
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
このエントリーをはてなブックマークに追加