開幕ローテ争い激化!ありがたみを改めて感じるノムスケの存在

開幕ローテ争い激化!ありがたみを改めて感じるノムスケの存在

 「2軍練習試合、広島2-5中日」(18日、由宇球場) 広島の野村祐輔投手(30)が18日、2軍練習試合・中日戦(由宇)に七回から登板し、2回を無安打無失点に抑えた。春季キャンプ中の右ふくらはぎ肉離れで大きく出遅れたが、11日の三菱重工広島戦以来、2度目の対外試合は3三振を奪うなど上々の内容。早期1軍復帰へ、さらに調整を続けていく。

情報源: 広島開幕ローテ 野村もいるぞ!2度目対外試合で2回無安打 完成度「5割」も上々

 どうやら4月5日までの練習試合の日程が決まったようだねぇ?というよりはところどころ欠けてはいるけど、ペナントの日程とほぼ同じ。今季は各球団、経費が掛かりそうだよな。

 昨日、今日あたりから学生服姿のお客さんもチラホラ見かける。聞くと卒業式だったり、荷物を取りに行くといった感じ。それでも店の朝の風景が戻ってきたことにやはりうれしさだったり、明るい兆しを感じることができる。

 政府は今日にも今後の指針について発表するとのことで、この発表を待っておおよその開幕の日程などが詰められそうだよな。

 ヨーロッパでは感染拡大が止まらんけど、発祥地である東アジアは少し落ち着いてきた。入国制限をかけて落ち着けば終息に向かいそうだよな。

 世の中自粛ムードが漂っている。我が家も4月2日~4日に広島旅行を企画しているけどな、「中止」という言葉は誰からも出ない。楽しみにしているのはもちろんのこと、聞くところによると旅行自粛や外食の自粛などでそういった仕事に携わる人の影響が大きくなってきている。行きつけのお店の店主もため息ばかりよ。少しでもこうした人たちのためになるべく出歩くようにしている。やはり商売人はお客が来てなんぼだよな。顔を出すと本当に嬉しそうにしてくれる。最後は「頑張りましょうね」と。まぁアタクシにできることはこんなもんしかねぇけどな。

 昨日、バイトの面接に来た子もアルバイトをしていた居酒屋が急に店をたたむことになったそうで、こうした個人・零細企業やお店をやっている人は日々の売上・現金が止まったらおしまい。政府はサラリーマン家庭に目を向けがちだけど、世の中支えているのは毎日綱渡りながらも知恵を出して頑張っている小商いの人たち。救いの手を差し伸べてほしいもんよ。

 さて、その練習試合でキャンプ・オープン戦で故障や体調不良で出てこなかった選手がボチボチ出始めてきたよな。

 まぁ開幕ローテが決まらない、方程式が決まらないってのははっきり言ってコイツらのせい(笑)ここからぜひ巻き返してほしいもんだよな。

 フランスワに続いて、キャンプ中にふくらはぎを痛めたノムスケが2度目の登板。持ち前の打たせて取る投球を披露してくれた。開幕が延期になったぶん、どうやら間に合いそうだよな。

 オープン戦終わってローテが固まらない様子を見てね、改めて野村祐輔の存在のありがたみというかね、やはりカープに必要な投手なんだなぁと感じる。

 普段はやれスタミナがねぇとか、粘りがねぇとか言いたいこと言っているけどな、こうして開幕ローテが決まらないさまを見せつけられると、ある意味先発しかできない野村祐輔の存在感というを感じる。現金なもんだよな、ファンてよ。

 ノムスケが戻ってくるとなれば残りの先発のイスは二つ。いままでモタモタしていた連中にこれで尻に火がつけばいいよな。

 今日の二軍戦に先発候補の遠藤と九里が登板するようだねえ。まぁ相手は2軍だからな、ビシッと一発回答してほしいもんだよな。

 遠藤に関して言えば、とにかく結果が欲しいということなんだろうねぇ。その結果ってのは4,5イニングを無失点ないしは最少失点で抑えること。球が素直なだけに一発を浴びやすい。前回も1イニングで3本打たれている。

 先発というのはランナーを出しながらも少ない失点で切り抜け試合を作るのが仕事。だから四球でランナー貯めるのはもちろんだけど、一発を浴びるというのもあまり印象が良くない。これまでの遠藤の印象はこういう感じよ。

 だからこそ、完封する実績が欲しい。この結果を出せば先発ローテに大いに前進するだろうねぇ。

 九里の課題はコントロールかねぇ?まぁ気持ちで投げるタイプなだけに、シーズンで真剣勝負をしながら調子を上げてくるだろうとアタクシは勝手に思っているんだけどな、先発スタートか中継ぎスタートかって問題だけでね、与えらえた仕事場で力は発揮してくれるとは思う。むしろ、中継ぎが不安なだけに開幕は中継ぎ待機でも十分戦力になると思うし、いずれは先発ローテに入ってくるだろうとも思っているのであまり心配していないのが本音だけどな。

 他の候補としては薮田がいる。なんでも先日の練習試合では4回まで好投しながらも突如崩れたそうで、この辺の崩れ方ってのは相変わらずって印象だよな。

 1本のヒットや四球で大きく崩れる。1点、2点でとどめられればまた評価も変わってくるんだろうけど、一度負のスパイラルに片足突っ込むともう抜けられない。この辺は同じように苦しんでいる岡田と似ているよな。

 まぁこの辺はやはり技術面よりもメンタル面なんだろう。

 一つの塁を与えたことで、場合によっては1点くらいくれてやるくらいの大胆さが欲しい。まぁある意味、野球をもっと勉強して知るってことだろうねぇ。今は自分のことで精いっぱい。いつも精いっぱいだからすぐにキャパオーバーしてしまう。

 入り込んできた水をそのままため込んだらすぐにいっぱいになっちまうけど、少しずつでも入ってきた水を取り除くことをすれば、それだけいっぱいになる時間を稼げる。その間にピンチを切り抜けるという発想というかねぇ、その辺はマエケンや黒田さんなどエースと呼ばれた人は若いころからできていた。今なら森下はそういった発想ができる投手だろうねぇ。

 なんだろう?「余裕」ということかねぇ?薮田も岡田も途端に「余裕」がなくなる。同志からも「メンタル」を指摘されるのはこの部分なんだろうねぇ。

 これは中継ぎで好投し、昨季先発のチャンスをたくさんもらいながらも定着できなかったアドゥワにも同じことが言えるかもしれない。

 こういった先発候補の投手たちが今一つピリっとしないのは、ある意味先発の椅子がガラ空き(笑)のお陰で緊張感がなかったのかもしれない。

 ここにノムスケが帰ってきたことによって、一つ席が減った。ここらでみんな目を覚まして、先発の椅子をもぎとってほしいもんだよな。

 ノムスケの存在価値ってが、こういう部分でも感じられるよな。

にほんブログ村・ブログランキング参加中!ポチッとお願いします!
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
このエントリーをはてなブックマークに追加