ルーキー森翔平が初先発・初勝利で5連勝!!苦手バンテリン、苦手松葉も克服で勢いづく!?

ルーキー森翔平が初先発・初勝利で5連勝!!苦手バンテリン、苦手松葉も克服で勢いづく!?

 「中日1-3広島」(7日、バンテリンドーム) 広島のドラフト2位・森翔平投手(24)=三菱重工West=がプロ初先発初勝利を挙げた。5回を3安打1失点に抑え、ルーキーの初先発初勝利は球団で2017年・加藤(現・矢崎)拓也以来、5年ぶりとなった。即戦力として期待された左腕が、逆転CS進出へ負けられない中、チームを5連勝へと導いた。

情報源: 広島ドラ2森「祈りが通じた」プロ初先発初星 5年ぶり快挙でチーム5連勝

もうこの9月はこれでもか、これでもかと「勝負の9月」を連呼していく(笑)。これが優勝争いならもっといいんだろけどな、今カープが演じている3位争いね、これ、もし3位に滑り込めたら絶対今後に生きてくると思っている。だからアタクシも必死よ(笑)甲子園で3連敗して自力CSが一度消滅しながらも、やはり野球というのは何が起こるかわからないというけど、その1週間後には自力CSが復活。あきらめずに戦うことは本当に大事だけど、負けたら意味がない。その戦いに対してやはり「結果」は必要だよな。
そういう意味ではカープにとっても「勝負の9月」。日替わりでヒーローも出てきているし、今のところはいいムードだよな。

ドラ2・森翔平がプロ初先発初白星!!

佐々岡監督はこの勝負の9月にローテ再編で勝負をかけてきた。本来、この中日との3連戦の初戦の予定だった森下を3戦目にズラした。これは来週、そして再来週に3位阪神と直接対決がある。そこにカープで今、一番信頼できる森下をぶつけるためだろう。珍しく佐々岡監督も動いたよな。これが吉と出るか凶と出るか??見ものだよな。
そのために九里を中5日で、そして昨日の2戦目にポッカリとローテの谷間が出来た。ここで抜擢されたのがファームで結果を残してきたドラ2ルーキーの森翔平だよな。こういう谷間に新しい戦力がポッと出てきて勝っちゃうってのはね、結構勢いづくんだよな。

初回は緊張からか、先頭に四球、ワイルドピッチ、そしてタイムリーとあっさりと失点してしまった。かなり緊張していた様子だったよな。春先に見た森の姿を思い出した。このままズルズルと行って打ちのめされる若い投手を何人も見てきた。森もそのパターンかな??と思ったけど、ここからビシエド、マルチネスを連続三振に仕留めた。これが非常に大きかったよな、そこから回を追うごとに調子を上げていったよな。

4回、5回は本当に危なげないというか、素晴らしい投球だった。これが本来の森翔平の姿なのだろうし、この姿がカープのスカウトの目に留まったのだろう。

優しいところが欠点??

この森翔平の初勝利に関連した記事がネットに出ている。なんでも阪急(現オリックス)の黄金時代に剛球投手として鳴らした山口高志さんが大学時代の恩師だそうな。その山口さんは森翔平の優しさはプラスにならないと言い続けたそうな。

確かに森翔平はそのマスクからも優しさがにじみ出ているしな、プロに入って優しい性格が少しマイナスに作用していたように思う。その反面、負けん気もある。その両方の感情がぶつかり合って投球に影響してしまった感じがある。プロに入って森翔平自身が常にモヤモヤしていたように見えたんだよな。それがこの日1軍の初先発のマウンドで投げていきながらどんどん吹っ切れていったのが目に見えるように分かった。これも若さの特権なんだろうねぇ。5回を投げ切った森翔平の表情には自信がみなぎっていたよな。

これでプロの投手として一歩前進することができた。佐々岡監督も次もあると明言しているし、投げるたびに自信を深めてね、マウンドでは優しさを封印して、カープを代表する左腕になってほしいよな。プロ初勝利、おめでとう!!だよな。

苦手松葉を攻略??いやいや中日ベンチが下げてくれた

まぁどの世界にもあるんだろうけど、内側と外側では見えるものが違うというかね、外から見ると凄いなと思っても、内側の人間からすると「でもね…」となる話はよく聞く。この日はCS放送で観戦したんだけど、地元名古屋の放送局のアナと中日OBの牛島さんの解説だった。先発の松葉に関しては「魔の6回」という言い方を盛んにしていた。

西川龍馬のタイムリーで同点に追いついき1-1のスコアでその6回を迎えた。これまで好投していた松葉に異変が起こった。好投した森翔平の代打・磯村がヒットで出た。続く堂林も追い込まれながらも見事なピッチャー返しでセンター前。これで無死、1,2塁となった。マウンドの松葉もこれまではお得意様カープ相手に自信満々で投げ込んでいたけど、この場面では明らかに表情が強張っていた。恐らく周りから6回が課題といろんな形でいわれているのだろう。「またか…」といった感じだった。

ただ、カープサイドからすれば、この松場に対してはこれまでもチャンスは作りながらもあと1本が出ないという対戦がずっと続いてきていたわけで、そう簡単に点が取れるとは思っていないのが正直なところだろう。

続く菊池は送りバント。松葉の前に転がり3塁は投げたらアウトかも??というタイミングだったけど、1塁に送球した。この辺、松葉は少し弱気になっているのかなぁと感じた。

カープ打線はここからクリーンアップ。3人左が続くよな。ここで中日ベンチが動いた。左の松葉から左の福に代えた。この辺、松葉も左打者の方が被打率が高いというデータもあるし、その辺を考慮しての交代かなぁと思ったんだけど、実況アナは松葉の6回に打たれる説を盛んに強調していた(笑)もちろんマスコミの言うことだから半信半疑だけど、松葉の表情やちょっと中日ベンチの動きの早さをみると松葉の悪い癖というかね、その辺の考慮も交代の意味の中に含まれているように感じたねぇ。

結果は代わった福が秋山を三振に仕留めるも龍馬に四球、坂倉に2点タイムリーと勝ち越しに成功した。継投策は裏目に出たよな。これ、カープサイドから見たら福よりも松葉の方がイヤだったと思うし、抑えられていたような気もする。本当に内と外では見方や評価が違うというのは面白いよな。

秋山は自分の打撃に徹して欲しい

話は前後してしまうんだけど、勝ち越した6回のチャンスに最初に登場した秋山ね、三振に終わった。粘って粘って12球目を空振りした。少し左肩が下がってね、明らかにフライを打とうとするスイングだったけど、球が少し高すぎたよな。
前日、天敵・柳から3ランを打った秋山もこの日は4タコ2三振。なかなか調子が上がらないよな。この場面の三振のスイングは明らかにフォアザチーム。外野フライを打とうとする意図が見えて取れたし、「チームのために」という気持ちが十分伝わってきた。

カープファンから見ると、「ありがとう 秋山翔吾」タオルを見てもわかるように、カープを選んでくれて秋山には感謝している。アタクシも、よくぞカープを選んでくれたと。その秋山には是非とも思う存分暴れてほしいと思っている。恐らくカープファンのほとんどが秋山の打棒を堪能したいと思っているだろう。だからね、秋山には思いきりやってほしいのよ。チームバッティングもうれしい。うれしいけど、200安打を記録した打撃ね、生涯打率3割の打撃ね、これが観たいのよ。だからチャンスには思い切って自分の打撃をしてほしい。そしてね、勝負の9月、調子を上げてほしいよな。

阪神も巨人も勝ったけど、カープの勝ち方が一番いい

さて、気になるのはライバルチームの動向だけど、3位の阪神はヤクルトに大勝で連敗を止めた。巨人もDeNA相手に18点取った。まぁ取りすぎだろうねぇ(笑)。

やはり9月に来てDeNAにヘバリが見える。特に打線がカープに3試合連続で完封負けたしたように、この巨人戦も2点、3点と得点力が落ちているよな。ここも踏ん張りどころだろう。

阪神、巨人共に結構派手に勝った。対するカープは投手陣が踏ん張ってここ5試合で平均失点が0.5点と1点取られていない計算になる。先発陣が揃っていい投球をしてくれているし、この日に限ってはカープが一番地味な勝ち方だけど、野球としては一番いい勝ち方だと思う。これを勝負の9月にどれだけ継続できるか??だろねぇ。

それとこれは内側の話になるけど、これまで負け越している中日に、それも苦手な柳、松葉相手に連勝した。大きいよな。それと夏場までカープはドームで勝てないという状況もあった。東京ドームでも3試合連続満塁弾で3連勝する前は勝てなかったし、このバンテリンでも3タテを食らっているし、今季はカード勝ち越しがない。それもこの連勝で勝ち越すことができた。これは何気に大きいと思うねぇ。

そして今日は森下。満を持しての登場だよな。登板間隔が変わったのが少し心配だけど、この森下も好投となれば、カープは勢いがつくような気がしている。今日勝つと阪神はゲームがないので0.5差になる。下からの追い上げの勢いをさらに感じることになるだろうねぇ。

とにかくカープは勝ち続けること。どんな形でもいいからね。昨日の巨人みたいに派手に打たんでいい。佐々岡監督が目指す投手を中心とした守りの野球をこの勝負の9月だけでも徹底することが一番大事。何とか今日も勝ってね、勢いを増していきたよな。

(Visited 306 times, 1 visits today)
にほんブログ村、ブログランキング参加中です!ポチっとやってくれるとありがたいです!
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ