投手は何人いてもいい。ネバラスカスとバードで更なる投手強化になるのか??森浦・大道の「打たれた次のマウンド」に注目

投手は何人いてもいい。ネバラスカスとバードで更なる投手強化になるのか??森浦・大道の「打たれた次のマウンド」に注目

 広島の新外国人、ドビーダス・ネバラスカス投手(28)=前パイレーツ=と、カイル・バード投手(28)=前レンジャーズ=が26日、広島市内の球団事務所で入団会見に臨んだ。先発として期待されるネバラスカスはリトアニア出身の初のメジャーリーガーで、NPB選手としても初。同国で野球はマイナースポーツだが、逆転Vの使者となって母国の野球熱を高める。 喜びを感じていた。青いスーツに身を包んで会見に臨んだネバラスカスは、笑顔を浮かべて言葉を紡いだ。「興奮しているよ。一日でも早くグラウンドに立って、みんなと一緒にプレーしたい」。広島で始まる新たな野球人生。全力で駆ける意気込みだ。

情報源: 広島・新助っ投ネバラスカス 大瀬良不在の先発陣救う 157キロ右腕が闘志

日曜日の巨人戦を勝ちきった意味は非常に大きい

先週の日曜日の巨人戦ね、あぁいう乱打戦や大量リードを追いつかれたゲームを「勝ちきった」というのはね、近年のカープのゲームでは見たことがない。3連覇時代は大量のビハインドを追いつき、ひっくり返すゲームはあった。「逆転のカープ」と恐れられたのはそういうゲームを何度となく演じてきたからに他ならん。しかし大量リードを追いつかれる展開ではドローだったり、そのままひっくり返されるのがオチでね、この辺は短期決戦の日本シリーズなんかも一度流れを渡すと引き戻せない弱さね、アタクシはこういうゲーム展開に勝ちきれない物足りなさをずっとずっと3連覇の時代から感じてきた。
巨人に対しても、特に「原・巨人」に対しては本当に勝てない時期があった。大量リードしてもひっくり返されたりね、一体どうやったら巨人に勝てるのか??万年Bクラス時代はそんな弱さを露呈してたように思う。
このゲームも安仁屋さんを代表するように追いつかれた時点で胃に穴が開いた同志は多かっただろう。これまでも何度も見せられた「弱いカープ」の姿。あの展開なら最終回にクローザーが打たれてサヨナラ負けってのがお決まりのコースだっただけに6点差を「同点」にされただけで「今日は負け」を確信していしまった同志は多かっただろう。ところが若い中村奨が「そんなの知らん」とばかりにツーベースで出塁。続く三好も「そんなの知らん」としっかり送りバントを決めた。キャンプの時から河田ヘッドにその役目を仰せつかっていた三好はいとも簡単に、そしていいバントを決めてくれたよな。こういう場面できっちり仕事をしてくれる選手をどれだけ抱えているかが「強さ」につながるよな。
そのチャンスを菊池がしっかりと外野フライ。開幕から好調を続けているけど、少し疲れも出ているようだねぇ??早く貯金を作ってリフレッシュできる環境に持って行けるといいよな。
勝越した後、最後の締めに出てきた栗林。「ぼくもそんなの知りません」とばかりにアタクシはあのマウンドは「三者三振」を狙っていったように思う。一つの隙も見せずに完膚なきまでに抑え込む。そんな闘志あふれた投球だったよな。
こうした選手の頑張りであの乱戦を制することができた。流れが完全に巨人に行きはじめた展開の中、弱いカープを知らない選手がチャンスを作り、そして巨人の反撃を完璧に封じ込んだ。立派だねぇ。こういう勝ち方を経験しておくと、後々生きてくる。力がついたゲームだったように思うねぇ。ゲーム終了と同時に胃に開いた穴が完全にふさがった同志も多かっただろう(笑)

ルーキー森浦・大道が初めて経験したプロの怖さ

さて、あの同点に追いつかれた場面、渦中にいたのはこれまで好投を続けてきたルーキー三銃士の森浦と大道だった。この回から登板した森浦はこれまでランナーは出すけどピンチを切り抜けてきた。そんな内容が多かったように思う。今回は残念ながら切り抜けるどころか、追いつかれるきっかけを作ってしまったよな。
大道も持ち前の投げっぷりの良さが、このピンチでの登板では影を潜めた。イニング頭からの登板とは全く違うマウンドからの風景にさすがの快速王子も少しビビッてしまったのかもしれない。これがプロの怖さなんだろう。誰もが通る道。決して恥ずかしいことではないよな。両投手とも同点にされたきっかけを作ってしまっただけに、プロでの難しさ、そして一度流れを渡したらなかなか止められない怖さを経験した。大事なのは次の登板だよな。しっかり切り替えてマウンドに上がってほしいよな。

新助っ人ネバラスカス&バードがやってきた!!

昨日はゲームがなかったわけだけど、新助っ人の入団会見が行われた。ネバラスカスとバード。ようやくといった感じだよな。もうカープファンならご存知だと思うけど、ネバラスカスは右の本格派、バードは速球派の左腕。本人も言うようにリリーフ向きの投手。大瀬良が離脱して先発の椅子が空いているし、塹江以外の勝ちパターンでの左投手というのはやはりどうしても欲しいところ。ピンポイントで補強ができた感じだよな。まぁ助っ人なんで投げてみないとわからん部分もあるけどな、期待せずにはいられないよな。二人ともアメリカで練習を積んできているので、1軍で投げるにはそれほど時間はかからないだろう。バードは中継ぎだから1,2週間で出てくるだろう。ネバラスカスは先発だから下である程度長いイニングを投げて適性を見極めたいだろう、2,3週間後くらいに1軍に加わってくれるといいよな。

2年目の玉村が28日DeNA戦に先発!?

さて、今週はDeNA、そして阪神との6連戦だよな。どうやら週末の阪神戦は西、秋山を回避できそうだ。まぁ藤波も調子がいいようだし、青柳には苦戦するだろう。決して楽な戦いにはならんだろうけどねぇ。
カープは遠藤がファームに落ちたのでDeNAの3戦目の先発がいない。ここでどうやら2年目の玉村がプロ初先発を果たしそうだよな。甲子園の経験はないものの、越前のドクターKと地元福井では騒がれた投手。左腕というのもいいよな。この玉村の生まれ育った福井県の越前町というのはアタクシの母親の故郷の近く。カープは福井県出身の選手が多いよな。横山コーチ、天谷さん、東出コーチ、赤いハンカチ王子齋藤もいた。母は巨人ファンなんだけど、巨人にはなかなか福井県出身がいない。福井の選手が多いからカープファンになれば??と誘ったがきっぱりと断られた(笑)。
まぁ若い投手が出てくるってのはいいよな。玉村の登板を心待ちにしているよ。

投手は何人いてもいい。調子のいい投手をどんどん繰り出そう!!

今季のカープは比較的投手・守りのチームと言っていいだろう。ルーキー三銃士が頑張っているし、先発も森下は連敗中だけど、力はある。九里は安定している。大瀬良の復帰が待たれるところだけど、先発投手も玉村や高橋昂といった若い投手ができてきた。玉村がハマればローテに左が3人入る。こんなの何年ぶりだろうか??
ルーキー三銃士、特に森浦と大道は今季完走できるとは思っていない。今ファームにいる、ケムナや島内もこのままでは終わらんだろう。どんどん調子の上がっている選手を使って、調子が落ちてきた選手は休ませる。そう。投手は何人いても足りないということはない。ましてや今季のカープは投手力で勝っていくのが最善策だろう。そうなればなおさらだよな。
まぁ野手でも中村奨が1軍で存在感を発揮しだした、この中村に続けと正髄や林といった選手も励みになるだろう。カープは今いる支配下の69人が全員で戦っていかなきゃいかん。今後もどんな選手が出てくるか楽しみだよな。

(Visited 599 times, 1 visits today)
にほんブログ村、ブログランキング参加中です!ポチっとやってくれるとありがたいです!
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ