2番羽月、いいじゃねぇか!?連夜の猛打で3連勝!!打線爆発のきっかけは何だったのだろうか??

2番羽月、いいじゃねぇか!?連夜の猛打で3連勝!!打線爆発のきっかけは何だったのだろうか??

 「広島10-1DeNA」(27日、マツダスタジアム) 広島がいずれも今季初となる先発全員安打、2桁得点で大勝。引き分けを挟んだ本拠地での連敗を3で止め、今季2度目の3連勝で貯金を「1」とした。

情報源: 広島・佐々岡監督が2番・羽月を称賛「本当にいろんな攻撃ができる」

123456789R
横浜DeNAベイスターズ
0
0
0
1
0
0
0
0
0
1
広島東洋カープ
0
0
7
0
1
0
0
2
X
10

【DeNA】 ●大貫(1勝2敗) 国吉 中川 石田
【広島】 ○森下(3勝2敗) 高橋樹
[本塁打] 佐野2号(D) 西川5号(広)

何かを始める時って、かならず「きっかけ」というものがある。例えばアタクシがウクレレを始めたのは娘が小さい時に楽器屋さんで興味本位で触ったウクレレを落としてしまい、それを買い取って家に持ち帰ってきたのがきっかけだし、カープファンになったのも昭和50年のあの初優勝の盛り上がり。この時日本全国に赤ヘル旋風を巻き起こしたカープの強さに憧れ、リーグ優勝を決めた後楽園球場のスタンドからたくさんのファンがなだれ込み涙、涙の優勝シーンをみて「あぁプロ野球で優勝するって、こんなにうれしいことなんだ」と興味をもったのがきっかけ。うちがもし野球に興味のない家庭だったら今ごろ、こんなブログをせっせと書いていないだろう(笑)。「きっかけ」って本当に面白いし、人生において大事なんだなぁとつくづく思う。

カープ打線に火がついた「きっかけ」は何だろう??

さて、カープは昨日のゲームも猛打爆発。今季最多の16安打10得点で序盤から元気のないベイスターズに圧勝した。前の巨人戦でビッグイングを作り9得点。「あと1本が出ない」と得点力不足に泣いた1週間前がウソのような打線爆発ね、これも何か「きっかけ」があったのだろうと思う。
この日のDeNAの先発は大貫。昨シーズンはコテンパンにやられた投手だよな。そういった相性もあって、このカープとの初戦にぶつけてきた感じだよな。しかしこの日の大貫は良くなかった。球の走りはイマイチだし、コントロールも厳しいところをつけなかった。打って当たり前なのかもしれない。それでもカープ打線というのは苦手投手が相手だと調子云々よりも「名前負け」してしまう悪い癖がある。自分たちで勝手に焦ってミスを繰り返したり、走塁なんかでチョンボやらかして相手を助けてしまったりするのは毎度おなじみの光景だよな。この日もその気配はあった。初回無死1,2塁の、2回2死1,2塁のチャンスを生かすことができなかった。この辺を見るとカープ打線が「大貫」という名前に押されているのでは??そんなうがった見方をしていた。
大貫を攻略した「きっかけ」は3度目のチャンスに坂倉がしっかりタイムリーを打ってくれたことだろう。これで堰を切ったように打線がつながりだしたよな。この回も無死1,2塁のチャンスで4番の龍馬が凡退。仮にここでも無得点となると流れがベイスターズに行きそうな感じもあった。それだけに坂倉の打球がセンター前に落ちた時、あの瞬間に着火したように思う。「きっかけ」を作った大きな一打だったよな。

2番・羽月がビッグイニングの起点⇒仕上げ

3番誠也、4番龍馬と3,4番を組み替えたのも「きっかけ」かもしれん。でも恐らくだけど、これは絶好調の菊池を1番にすえたために起こった副作用のようなものだと思う。1番の菊池が右。1番からジグザグで組むとすれば2番は左。となれば3番は右で誠也、4番左で龍馬。まぁこういう流れに自然に変化して言ったように思う。そしてこの3,4番にあたりが出てくればそら、点は入るよな。ただ、この2番に羽月を入れてから打線が非常に活気づいているように思う。もちろん安部も2番に入る時もあるしな、1,2番の打率を見ればそら点が入るだろう。特に羽月に関しては本当に2番打者の役割をしっかりこなしつつ自分の個性を主張できている。いいよな。バントしてもよし、エンドランにしてもしっかり右方向に打てるテクニックがある。大事な場面でも盗塁を決められる。羽月がスタメンに入ることで打線だけではなくチームにも思いきりが出てきたように思う。ムードメーカーだしな、頑張っているよな。アタクシはこの羽月のスタメン起用も打線爆発の「きっかけ」になっているような気がするねぇ。

8番小園の起用も打線のつながりを作る「きっかけ」に??

個人的には8番に小園を入れたことも「きっかけ」になっているように思う。まぁ打撃不調の広輔を8番に置いたら、次は投手ということである程度「2死確定」みたいな感じになるよな。これはこれで相手の先発投手を楽にさせてしまっているように思う。広輔も自身の不調からなかなかバットが出ずに簡単に追い込まれてしまい、自分の打撃がなかなかできない。ますますバットが出なくなる。負のスパイラルに陥っているよな。小園が昇格してスタメンで出た最初のゲームでいきなりタイムリーヒットを打った。この日は2打点。8番とは言えこういう働きをしてくれると打線がつながるよな。こういう積極性なんかをみると現時点では広輔の8番よりも打線につながりを生んでいるように思う。小園も開幕1軍はならなかったけど、ようやくつかんだチャンス。しっかりモノにしてほしいよな。

クロンの打撃向上は故障、登録抹消が「きっかけ」??

ここの所のカープ打線のつながりを見ると6番安部、7番クロン、8番小園といった流れが非常にいいよな。すっかり7番打者が板についてしまったクロン。でもこの7番に腰をすえたことで打撃が上昇してきた。クロンで打線が切れることが以前よりもかなり減っているように思う。打率も.245まで上がってきた。1日1本ペースにヒットが出るようになった。これだけでも打線にとっては大きいよな。それと三振が減ってきたように思う。調べてみるとチーム三振王は変らないけど、開幕当初の三振のペースから見れば、今季、どれだけ三振するんだ!?といった驚異的なペースだったけど、現在の三振数は21。出場試合数は10試合ほど他の選手より少ないのでまだまだ三振の率は高いけど、個数は21個。ちなみにトップは阪神の佐藤輝で41。チーム内ではクロンがトップで21。続く堂林が20.安部や誠也が19だから、チームで突出して三振が多いという状況からは抜けつつあるよな。これから暑くなってきたら打ち出しそうな気がするよな。
上半身のコンディション不良で一時登録抹消になった。そこから帰って来てからだいぶ良くなったように思う。恐らくファームで一度自分を客観視できたのだろうし、様々なアドバイスを冷静に受け入れることができたのだろう。ある程度、これまでの自分の打撃を整理できたように思う。貴重な時間だったように思う。まぁ打率は何とか.260くらいまでは持ってきてくれれば中軸を担えるようになるだろう。期待したいよな。

打線が4,5点取れる安定感が出れば森下や九里の勝ち星も伸びる

何かをつかんだ打線。当面はこのスタメンで行くだろう。ベンチにはとにかく「昨日のヒーロー、今日ベンチ」はやめていただきたいねぇ。これで打線がある程度固まってコンスタントに4,5点取れるようになると先発投手の勝ち星も伸びてくるだろうねぇ。森下や九里も好投しながらも負け投手になっているし、ここを黒から白に変えられるようになればいいよな。
さて、先発の森下。3連敗はできないとかなり気合を入れてマウンドに上がったよな。この連敗中、さかんに体の開きを気にしていたようだねぇ。恐らくだけど、左打者ね、この対策だったように思う。右投手が投げる時に左打者から見ると球の出所がわかるのとわからないのとでは結構タイミングの取り方が変わってくる。早く見られればそれだけ、準備の時間ができるからねぇ。球の出所がわかりづらいと立ち遅れる。結構大事な部分だよな。投手が投げる時に体が早く開くとそれだけ球の出所が見やすくなる。ここを森下は何とか修正しようと取り組んで来たようだねぇ。
その結果、左足をホームベースの方向にひねって上げるフォームを取り入れた。打者にスパイクの裏側見せるイメージね、これをすることで体の開きを抑える工夫をしているようだねぇ。まぁこれがよかったか悪かったかは森下の感覚のみぞ知ることだけど、残念ながら左打者の佐野には一発を浴びた。それとベイスターズのスタメンには右打者が多かったってのも追い風になったように思う。新フォームの成否はまだ何とも言えん感じだねぇ。ただ、久々に白星がついて3勝目。これがいい「きっかけ」になってくれればいいよな。

さて、これでチームは3連勝。先週借金生活に片足突っ込んでどうなるかと思ったけど、連勝で持ち直した。連勝中はゲームをやりたいよな。しかしどうも天気予報が悪いねぇ。今日の先発は床田。前回登板は非常にいい内容だったが、打線の援護に恵まれなかった。開幕直後に勝ってから白星が伸びていないだけに、打線好調な時になんとか白星をゲットしたいよな。ベイスターズは前回カープ打線が火だるまにした京山。ここまで見ればカープに有利なように思えるけどね、さぁて今日はゲームできるかな??

(Visited 720 times, 1 visits today)
にほんブログ村、ブログランキング参加中です!ポチっとやってくれるとありがたいです!
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ