森下暢仁

スポンサーリンク
強いカープがみたい!

「1番野間」4安打!!龍馬は宇宙から帰還の一発で連勝!!こういう勝ち方を敵地で、上位に、そして天敵・柳にできるようになれば…!?

「広島10-1中日」(21日、マツダスタジアム) 広島が連日の猛打爆発で2連勝を飾った。 情報源: 広島 連日の2桁得点で大勝 野間が4安打の大暴れ 4連敗の中日は根尾登板 しかし不思議なもんだよな。前カードの巨人戦は3試合で5点しか取れんかった。3戦目の菅野の出来は非常によかったんで仕方ない部分はあるけど、巨人投手陣だって決していい状態ではなかったよな。それが、この中日戦では2試合21点。素晴らしいよな。 1番・野間が4安打!!生還率.666はスゴイ!! じゃ、巨人戦と何が違うのか??そら、やっぱり「1番・野間」だよな。昨日も4安打の固め打ち。何よりも初回の出塁ね、初戦は泥臭い内野安打。この日はライト線に鋭い打球を疾走してツーベースにした。菊池のファーストゴロをビシエドが大きくはじく間にホームを陥れた。足も健在だよな。やはり初回先頭打者がこういう出塁の仕方や走塁をするとチーム全体が攻撃的なムードになる。まさに野間の足、走塁、そしてそれが点になるというのはチームを前向きにさせる、勢いを出させる効果があるよな。1番に座って得点がすでに4。6度出塁して4得点だから生還率は6割を超える。まぁ...
Mageちゃんが斬る!

魔の8回!?というよりは大事なところでど真ん中投げればそら、打たれる。一発で仕留めたヤクルト村上・山田を褒めるしかない??人選よりももっと大事なことを見落としていないだろうか??

魔の8回だ。広島がヤクルトとの首位攻防戦に敗れ、セ界トップを明け渡した。1点リードの8回、2番手ニック・ターリー投手(32)が村上に同点ソロを浴びるなど、2失… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com) 情報源: 【広島】イニング別最多32失点「魔の8回」逆転許し首位転落…4年ぶりV奪回へ勝利の方程式急務 - プロ野球写真ニュース : 日刊スポーツ 昨日は土曜日のデーゲームということでなかなかゲームを観戦するのが困難だった。ほとんどがスマホの速報でね、ちょうど逆転された時間は妻と買い物中。それまでいろいろと楽しく今晩何食べようか??なんて話していたんだけど、速報を受けたとたん、アタクシの態度が変わったのに気づいたのだろう。「あ、カープ、負けた??」と言われてね、いくつになってもカープが負けるとムスくれて顔に出ちまうんだねぇ(笑) カープ投手陣の「弱さ」が出た ゲームをみていないので詳しく書くことはできないけど、中盤で逆転してから同点、勝ち越しダメ押しとね、一発攻勢を食らっちまったわけだけど、それぞれにアタクシは打たれる理由がある...
強いカープがみたい!

森下どうした!?恐竜打線につかまり2回8失点。追い上げムードに水を差したプリンスのゲッツーが悔やまれる…

「広島4-10中日」(17日、マツダスタジアム) 広島は森下がまさかの2回8失点KO。そこから4点はかえしたが、ひっくり返すところまでは届かなかった。 情報源: 広島・佐々岡監督、2回KOの森下について「今までこういうことはなかった」 今季は中日に苦しめられる!? 今季は開幕6連勝した後にバンテリンドームでまさかの3連敗を喫し、この土日にマツダでその中日を迎え撃った。初戦は大瀬良が好投し、1点差をブルペン陣が守り切った。いい勝ち方だったよな。そして昨日、先発は森下だし、この日もいただき!!と思っていたカープファン同志も多かっただろうねぇ。ところが森下が立ち上がりから中日打線の餌食になった。この辺、近年にはない中日打線の力強さも感じたし、中日の勝ちパターンである清水⇒ロドリゲス⇒マルチネスの流れが強力だよな。立浪新監督のもと、主力と若手、そして助っ人も含めてがっちりかみ合っている印象がある。今季のカープは中日戦は苦労しそうだよな。 森下、2回で先発全員安打で火ダルマに…原因はいったい…?? このゲームはカープ先発の森下の乱調??が終わってみれば全てだったように思うねぇ。これがうまく立ち上...
スポンサーリンク
2022年シーズン

11安打で1得点の拙攻は今季も相変わらず…監督がヒット1本で点を取るのは無理と考えているうちは変わらんね

「オープン戦、広島1-4日本ハム」(12日、マツダスタジアム) 広島打線は11安打を放ちながら1得点。9残塁の拙攻に2万人超を集めたスタンドからはため息が漏れた。 情報源: 広島1得点拙攻 2万人超からため息 佐々岡監督「試しながらやっていますし」 今季は広島に行く予定はないので、チケット争奪戦には加わらなかったんだけど、どうやらカープ球団の不手際でかなりのファンに迷惑かけたらしいねぇ??なんでもサーバーがダウンしてつながらなかったという話。まぁ一気に全日程を売り出すからこんなことになるってのは長い行列作ってた時から言われていることだしな、少しずつ進歩はしているんだろうけど、まだまだといった感じだよな。ファンの利便性とかよりもこちらの都合優先というかね、そういう部分にカープ球団の殿様商売的な考えが透けて見える。「カープ戦を見られるんだから少々のことは我慢せぇ」と誰かさんがほくそ笑んでいる顔が目に浮かんでくるよ(笑)これは補強策にも言えること。選手もそうだけど、コーチ陣もそう。昨季はあれだけ得点力不足と言われていたのに、そこの改善を何かやってきたのか??助っ人を入れ替えて、ドラフトで右の...
愛すべき赤ヘル戦士

森下、久々の白星で追撃態勢が整った??最後の最後まで3位巨人を追い詰められる野球を見せて欲しい!!

「広島3-1巨人」(10日、マツダスタジアム) 8試合連続で白星から遠ざかっていた広島・森下が7回無失点に抑え、7勝目を挙げた。デイリースポーツ評論家の安仁屋宗八氏(77)は「新人王に輝いた昨年の投球を取り戻した」と絶賛した。 情報源: 広島・森下が後半戦初勝利 安仁屋氏「新人王に輝いた昨年の投球を取り戻した」 普段は日曜日休みなんだけど、昨日はお店の店長を集めて勉強会を開いた。帰ってきたのが14時半すぎ。5回くらいから見ることができた。最後まで見ることはできなかったけど、巨人を3タテ。気持ちいいよな。それと今日はドラフト会議だよな。その辺も絡めて書いて行こうと思う。 森下、久々の白星!!真っすぐの威力が戻ってきた 連敗中と言うのは先発投手はプレッシャー掛かるもんだろうけど、連勝中ってのも結構なプレッシャーになるだろうねぇ。特に今季後半未勝利の森下にとってはむしろこの「連勝中」ってのが妙なプレッシャーになるのでは??自分が連勝をストップさせてしまうのでは??不安もあったかもしれん。 これまで同様毎回ランナーを背負いながらといった展開だった。まぁ巨人打線が元気がないというのもあったけど、...
Mageちゃんが斬る!

「情」を勝負に持ち込んでしまったら白星は逃げる。佐々岡監督の頭の中にあった「2-0」で勝つというこだわりが迷走のきっかけ??

「ヤクルト2-2広島」(20日、神宮球場) 広島の森下暢仁投手(24)が、復調の兆しを示した。2点リードの八回に4連打で同点とされ、8回7安打2失点で勝敗は付かなかった。ただ、七回までヤクルト打線を3安打に封じ、直近の登板からの変わり身を披露した。自身最長を更新する6試合連続勝ち星なしとなったが、次戦につながる内容。次こそ7勝目をもぎ取る。 情報源: カープ森下また勝てず 復調の兆しも後半戦初星ならず「本当に申し訳ない」 野球というスポーツは「監督」の色が濃く出るスポーツだよな。ラグビーなんかはゲーム中は監督が指示を出せないし、サッカーなんかもずっとプレーしていているから「間」がない。プレーしている選手たちにある程度任せていかなきゃいかんよな。野球の場合は1プレー1プレーに「間」があるから、その時の状況、例えば点差やイニング、打順、継投、相手の持ち駒などを考慮しながら攻撃のサインやどうやって勝ちに行くのかを考えていく。なのでやはり監督の「野球観」というのが色濃く出るんだろうねぇ。昨日のゲームはまさに佐々岡監督の「野球観」が出たゲームだと思うし、それも「投手への想い」から白星を逃してしま...
Mageちゃんが斬る!

森下も打線もDeNAの一発攻勢に完全に飲み込まれた「ハマスタの怖さ」このカードの主導権はDeNAに。何とか盛り返せ!!

「DeNA7-6広島」(31日、横浜スタジアム) 広島が今季2度目の5連勝を逃し、今季50敗目を喫しDeNAと並んで最下位(5位)に転落した。 情報源: 広島が5連勝逃し50敗 島内がリード守れず 5回4失点の森下 後半戦未勝利 関東の球場はセ・リーグの場合、どこも狭いんだよな。東京ドームに神宮、そしてハマスタ。一発が出やすく、その一発でゲームの流れがカラっと変わる。まぁ強いチームと言うのは流れが相手に行ってもグッとまた引き戻せる。それができずに劇的な逆転負けをしてしまうのはやはり「力がない」という証拠。先発森下、そして日替わりセットアッパー制のカープ中継ぎ陣が昨日はこのハマスタの圧力に屈してしまった。5点のリードを守れなかった。まぁ、課題だよな。 森下が2被弾6四球の乱調でリードを守れず 味方はゲーム序盤で6得点。これまでの打線の好調さを維持してくれていた。まぁこれだけ点が入って負けるということはやはり投手と言うことなんだろう。先発の森下。これまでは好投しながらも打線の援護に恵まれない展開が続いていた。この日は「珍しく」味方がどんどん点を取ってくれた。追加点が入るたびにベンチの森下が...
Mageちゃんが斬る!

森下、またもや一発攻勢、援護なしで連敗。9回のチャンスも身動きできないベンチは勝つ気があるのだろうか??

「巨人3-1広島」(24日、東京ドーム) 先発した広島・森下暢仁投手(23)は5月3日の巨人戦(マツダ)以来となる自己ワーストタイの3被弾を浴び、7回6安打3失点でチームワーストタイの6敗目を喫した。 情報源: 広島・森下 一発攻勢に泣く「また一からやっていきます」 前回の記事で予告した、カープ佐々岡監督とヤクルト高津監督、両者とも投手出身の2年目の監督ということで、その違いを比べようという記事だけど、色々と資料を集めている間に時間がなくなっちまってね、書ききれなかった。途中までは書いてあるので、また移動日などゲームのなかった日にアップしようと思っております。もし、楽しみにしていた読者の方、そんなにいないと思うけど、万が一いらっしゃったら(しつこい)お詫び申し上げます。 さて、カープは今週、巨人⇒阪神と上位チームとの6連戦だよな。上位を叩いてペナントをかき回す存在になってほしいところだけどな、どうも元気がないよな。このゲームも先発森下を打線が援護できずに松ちゃんのゲッツー崩れの1点のみ。打線も不可思議なオーダーを組んでね、攻撃の采配も「勝つ気あんの??」という場面もあったよな。 2番打...
強いカープがみたい!

9連戦中の恵みの雨??前半ラスト3試合は3本柱の登板。今欲しいのは「攻めの姿勢」と「早めの仕掛け」そして3本柱での「連勝」

広島はヤクルト戦が雨天中止となり、12日からの前半戦最後の中日3連戦(マツダスタジアム)に3本柱をぶつける。先発は大瀬良、九里、そしてこの日先発予定だった森下… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com) 情報源: 広島前半戦最後の3連戦に3本柱ぶつける「いい形で終われるように」監督 - プロ野球写真ニュース : 日刊スポーツ 昨日は土曜の晩に酔った勢いで子供たちにボーリングに連れていく約束をしてしまってね、何でも午前中にチェックインすれば親子ペア一組につき2ゲームまで無料でできるという情報を妻がゲットしてね、朝も早よから車でボーリング場へ。10時についたんだけど、すでに順番待ちの状態だった。やはり「無料」というの言葉にはみんな飛びつくんだなぁと(笑)。そういった感じで昨日はブログ更新の時間が取れず、更新をサボリました。申し訳ございません。 夕方に関東を襲ったゲリラ豪雨。凄かったねぇ。ふりだしの時、落ちてきた雨粒のデカいのなんのってね、妻の首筋にボタっと落ちてきて一瞬鳥のフンでも落ちてきたくらいの「重さ」も感じた。アタクシの住んで...
強いカープがみたい!

リーグ戦再開!!若い力を前面に今日から開幕、新しいチームのつもりでガムシャラにやれば光も見える??

広島・玉村昇悟投手(20)、森下暢仁投手(23)、ドラフト3位・大道温貴投手(22)=八戸学院大=が17日、マツダスタジアムでの投手練習に参加し、リーグ戦再開と… 情報源: 広島・玉村、森下、大道が18日からDeNA3連戦へ調整 若き先発トリオで最下位から巻き返し 散々な結果に終わった交流戦も終わり、1日空いて今日からリーグ戦の再開だな。まぁ見たくはないけど、一ファンとして現在の首位とのゲーム差を確認してみよう(笑)。首位阪神が貯金20でダントツの首位。2位巨人、ヤクルトとのゲーム差は7。まぁもう決まりかねぇ??とはいえ阪神は過去に巨人にメークレジェンドをやられている。最大13ゲーム差を逆転された苦い経験があるだけに古い阪神ファンはまだまだ安心はしていないだろう。 首位・阪神とカープのゲーム差は16.5ゲーム差かな??まず、優勝は無理よ(笑)。CS圏内の3位までは9.5ゲーム。まだ80試合以上残っているとなれば、こっちは頑張れば可能性は残る。ただ、カープがこれまで通りの戦い方ならゲーム差はどんどん広がるばかり。ここは佐々岡監督を筆頭にベンチがガラリと考え方や選手起用など変えないとな。も...