森下暢仁

スポンサーリンク
V奪回のキーマン

森下もいい。韮澤もいい。でも一番大きく化けそうなルーキーは…!?

広島のドラフト2位・宇草孔基外野手(22)=法大=が8日、廿日市市の大野練習場での新人合同自主トレ初日に参加した。ひときわ大きい声が目立った元気印は、一日も無駄にしないよう“無休”で戦い抜く姿勢を示した。 足を使って投げるというルーティンを全うしながらキャッチボールをするなど、終始笑顔で行った全体練習。その後の個別練習では、マシンを相手にフォームを確認しながら一球一球、黙々とバットを振り続けた。初日は合同練習を含めて約5時間、汗を流した。 情報源: ドラ2・宇草 無休で戦い抜く「0ではなく、1でもやることは大事」 年が明けて最初に飛び込んでくるのが、昨秋ドラフトで指名された選手の入寮の話題。毎年初々しい若鯉たちが緊張した面持ちで入寮するシーンを見ると「がんばれよ!」と自分の息子を見るかのような気持ちになる。歳かねぇ(笑)。 佐々木や奥川と言った高校生の大物ではなくカープは森下という、恐らくこの年のアマNO.1投手を一本釣りで来た。佐々岡監督も希望していたそうだから、森下を獲れただけでもこのドラフトは成功と言っていいだろう。 森下を見ていると将来プロで活躍する絵が容易に想像できる。なかな...
Magetter

森下入団で高まる時期「エース」の期待。緒方ドラフト弱体化した投手陣を立て直せるか!?

広島は9日、広島市内のホテルで育成を含む新人9選手の入団発表会見を開き、ドラフト1位・森下暢仁投手(22)=明大=が初めて背番号「18」のユニホームに袖を通した。佐々岡監督が現役時代に付け、その後は前田健太(現ドジャース)が背負ったエース番号。ルーキーイヤーの目標に開幕ローテ入りや新人王を掲げた右腕が、エース道を突き進む。 まばゆい光を浴びながら、森下は背番号「18」のユニホームに袖を通した。丁寧にボタンを留める、真っ赤な帽子をかぶる。2015年シーズンまで背負ったマエケン以来となるエース番号復活の瞬間だった。 情報源: ドラ1森下、背番号「18」でエース道!佐々岡監督マエケンから継承「重みある」  ここの所、本業の方が色々あってね、記事更新はちょっと後回しになってしまった。読者の方から「生存確認」の便りをいただいてね、いや~申し訳ないですと。だいぶ落ち着いてきたのでここらで短文が続くけど、再開していこうかと思います。またお付き合いよろしくお願いしますな。  昨日、新入団選手の入団発表が行われた。なんでも今回のドラフトは欲しいと思っていた選手が採れたそうで、投打の即戦力、将来性という部...
Magetter

 大学NO.1森下を一本釣り!!でも投手補強が今一つ。これで来季は大丈夫なのか?

「プロ野球ドラフト会議」(17日、グランドプリンスホテル新高輪) 広島は1位で森下暢仁投手(22)=明大=を単独指名した。最速155キロ右腕は1年目の目標に先発ローテ入りと新人王を掲げた。大学ナンバーワン投手の一本釣りに成功した佐々岡真司新監督(52)は、自身も現役時代に背負った背番号「18」を贈るプランを明かした。 情報源: 広島・佐々岡監督 ドラ1森下に「18」継承プラン!いきなりべたぼれ「いい男」 DeNAの1位指名。「森…」と来た時にドキッとしたのはアタクシだけじゃないだろうねぇ。「森下」じゃなくてただの「森」でホッとした。 最後の最後に巨人あたりが横やり入れてくるかと思ったけど奥川の「お」を聞いた瞬間に一本釣り決定。思わずガッツポーズをした同志も多かったんじゃねぇかねぇ? 大学No.1投手を一本釣りできたわけだから、今季のドラフトはそれで70%は成功といえよう。まずはよかったよな。 アマチュア野球はあまり詳しくない。なので森下くんの動画を漁って投球スタイルを確認してみた。真っすぐはいいものを持っているし、変化球も多彩。コントロールもバラつきが見られない。典型的な先発タイプだよ...