森下、絶不調ながらも試合を作る力あり。三連覇時代の勝ちパターン投手の凋落を見るのはつらいよね。

森下、絶不調ながらも試合を作る力あり。三連覇時代の勝ちパターン投手の凋落を見るのはつらいよね。

広島中崎翔太投手(27)の2軍降格が決まった。8回に4番手で登板。1死一塁からオースティンに3号2ランを浴びるなど、1/3回を投げ4安打3失点。佐々岡監督は「… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

情報源: 広島中崎被弾3失点2軍降格 佐々岡監督「厳しい」 – プロ野球写真ニュース : 日刊スポーツ

なんだろうねぇ?昨日はつかみどころのない、なんとも言えないゲームだった。負けたからな、なおさらよ。

天気とにらめっこの展開。先発の森下は間隔があいたってのが影響したのかねぇ?とにかくコントロールが定まらず、球の走りも悪かった。初勝利をあげたゲームに比べればかなり悪かったよな。

先頭打者を毎回出して、常にランナーを背負っている展開。おまけに森下が投げる時だけ雨が強くなる(笑)。アマチュアなら中断、中止のような状況下でもプロは投げなきゃいかん。まぁいい経験だよな。

ただ、このルーキーは並みじゃないなと感じたのは2回以降もピンチの連続ながら得点を与えなかった。粘って粘って気持ちを切らさずに5回を2失点で切り抜けた。投じた球数は100球以上だったけどな、この粘りというのは「勝てる投手」の条件だと思う。こういう投球をすれば、白星は後からついてくる。今後も楽しみな投手であることは間違いないよな。

本来なら、このルーキーの粘りに打線が応えてあげなきゃいかんところだが、DeNA先発・井納を捕まえることができなかった。森下とは対照的に先頭打者を出さない丁寧な投球。4回以外は攻略の糸口さえつかめなかったよな。

まぁ 森下が悪いというわけではないけど、守る時間が長いとな、攻撃も難しい。なかなか波に乗れないというのはある。そういうところがこのゲームをつまらなくした要因ではある。でも、やはりルーキーが粘ってるんだからな、打ってやらんとな。

このゲームのポイントはその前半ではなく、7回裏と8回表。ここなんだろうと思う。7回裏はベンチの采配の問題点というかね、やはり無難な方へ無難な方へとチームを導いているような気がするし、8回裏はカープの弱点というか、弱さがモロに出た。こうなるとやはり負けるよな。

7回裏1死1,3塁で代打に長野を送った。投手は左の石田。同点を防ぐためにここは右投手にスイッチしてもおかしくない。ところがラミちゃんは長野が今季左投手を打てていないデータをもとにそのまま石田を続投させた。

結果は三振ゲッツーだった。三振に取った球の後、広輔が少し遅れ気味にスタート。挟まれている間に3塁ランナーがホームインするディレードスチールを仕掛けた。これがサインだったのかどうかはわからんけど、サードランナーの堂林が中途半端に飛び出したため感づかれた(笑)。まぁ中途半端な作戦だったよな。練習しとけ!と(笑)

この攻撃を仕掛けようとしたのは悪くない。いや、もしからしたらファーストランナーの広輔のアイデアだったのかもしれない。それはそれでいいし、失敗したのは仕方ない。もったいないという意見もあるかもしれんけど、それは紙一重よ。成功すれば称賛されるしな、まぁ点を取りに行ってのことだから、しょうがないよな。

それよりもその前に、長野が追い込まれる前に何とかしたかったっていう悔いはある。広輔が早いカウントでスチールを仕掛けた方が、むしろ成功した確率が高かったように思う。まぁ石田も牽制が上手いのでスタート切りづらかったてのはあったかもしれんけど。

結果的には作戦失敗で後味が悪くなった。次に投げる中崎は投げづらかっただろうねぇ。

その中崎。試合を決める追加点をあっさり許してしまった。とにかく球に力がなかった。それに尽きる。

特にオースティンに一発食らった球は甘いのなんのって、あれは誰が打ってもホームランになる確率が高い。多分スライダーだと思うけど高めから真ん中に打ってくださいと言わんばかりの球。會澤も思わず目をつぶってしまったんじゃねぇかねぇ。

今季、復活を目指す中崎にとっては、非常に重たい結果になった。ファーム行きも命ぜられた。ルーキーが粘って粘って作ってきたゲームを壊してしまった。

リーグ優勝を決めたマウンドには必ず中崎がいた。球は速くないけど、コントロールとランナーを出しても粘れるクローザーだった。今、その面影もない。何だろう?何とも言い難い「哀れみ」を感じてしまったよ…

アタクシは以前から中崎が長くプロでやっていくためには先発に転向することをずっと主張してきた。ある意味、昨シーズンの中崎にクローザーとしてリリーフ投手としてなかなか険しいカベを感じたからなんだけどな、一度、リリーフから離れて、先発やってもう一度守護神でという方がいいのではないか?かつて阪神にいた遠藤のような感じでね。

ところがチームの台所事情は中崎のリリーフ投手としての復活を望んだ。まぁ実績がある分、そうなってしまうのは仕方ないけどな、この辺、佐々岡監督はどう考えていたんだろうか?もし、今後も中崎をリリーフでかつての活躍を期待しているのなら、厳しい結果が待っているような気がする。

もう、残念ながらかつての球の力、コントロールはない。連投もあるリリーフ投手としての調整では難しいだろう。間隔をあけて調整する先発の方が今の中崎にはあっているように思う。これまでのクローザーとしての経験は先発でも生きると思うしな、タイミング的には今だろうなぁと思っていた。とにかくファームで調整してこれからも頑張ってもらいたいよな。

なんで、こんなに中崎に対してセンチメンタルな気持ちになってしまうかというとその前に、中崎とともに3連覇の勝ちパターンを支えてきたジャクソンがロッテを退団するというニュースが飛び込んできた。その時点では退団理由は不明で家族の事情か、体調不良だと思っていた。ところが今朝になって大麻で逮捕されたとのこと。残念だよな。

ジャクソンスマイルは今でも頭に浮かぶ。でも、そのスマイルはメンタルの弱さを武装するものだというのを感じていた。ポストシーズンでは投げるたびに失点を重ねた。マウンドに上がる不安げな顔も印象に残っている。

カープ退団後もしばらく広島にとどまっていたようだねぇ。その後ブリュワーズと契約したというニュースやロッテ入団で日本球界復帰のニュースを聞いて安堵していた。

3連覇なんてつい2年前の話。その原動力となった選手たちがうつむいている顔を観たり想像したりするのはつらいよ。本当につらい。何と言っていいのやらといった感じよ。

中崎にはもう一度踏ん張って再起を賭けてほしいしな、ジャクソンも罪を償って出直してほしい。まだ若ぇんだからな。

さて、今夜からナゴドだよな。また、ナゴド(笑)鬼門を克服したかのように見えた前回とは違い、カープのチーム状態は決して良くない。中日も阪神を3タテ後は2カード連続で負け越している。今日からの対戦はある意味、取り残されないための最初のサバイバルかもしれんねぇ。

先発は大瀬良と大野。両方とも開幕投手だよな。大瀬良は前回スライド登板で散々だったけど、その影響を引きずっていないことを祈りたい。投手戦なのか?打撃戦なのか?ちょっと読みづらいゲームになりそうだよな。

にほんブログ村、ブログランキング参加中です!ポチっとやってくれるとありがたいです!<
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
最新の記事を見逃さない読者登録はこちらへ↓<
ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!
Mageちゃんの鯉恋日記3 - にほんブログ村
Advertisements
にほんブログ村、ブログランキング参加中です!ポチっとやってくれるとありがたいです!<
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
最新の記事を見逃さない読者登録はこちらへ↓<
ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!
Mageちゃんの鯉恋日記3 - にほんブログ村