遠藤、一発攻勢に沈んで4連敗。悔やまれる西への四球。

遠藤、一発攻勢に沈んで4連敗。悔やまれる西への四球。

 「阪神8-3広島」(5日、マツダスタジアム) 広島の遠藤淳志投手が5回6安打8失点で今季初黒星を喫した。ボーア、大山、サンズに本塁打を浴びた。

情報源: 広島・遠藤が猛省 ボーアに満塁被弾「まだまだ気持ちが甘い」

泥沼にドップリつかりそうなムードになってきたよな。これで4連敗。先週は一つも勝てんかったよな。まぁどれも先発が試合を作れない。開幕当初は先発が試合を作っていい流れでゲームができていた。この連敗を脱出するにはやはり先発の踏ん張りにかかっている。そんな感じだよな。

昨日も試合を全く見ることができなかった。たまたま夜にJsportsで再放送をやっていたんで、3回の5失点の場面だけ確認することができた。この場面を振り返ってみようと思う。結構ポイントが散りばめられていて遠藤にとっては反省材料の多いイニングになった。

結果は6安打7四死球失点8。やはり四球をこれだけ出せば球数も増えるし、打たれるわな。

さて、ではその3回の場面を振り返ってみるけど、その前の2回のカープの攻撃ね、この場面でやはりもっと点を取っておかなきゃいかんと思う。若い先発投手なんだから。序盤で引き離してあげられれば、遠藤の投球も変わっていたかもしれん。

場面は坂倉の内野ゴロで1点先取。メヒアが繋いでその後も1死1,3塁の場面。ここで広輔が一番やっちゃいけねぇ三振。ここ内野ゴロでも広輔の足ならゲッツー崩れでも点が入る場面でね、広輔レベルの選手がこういうことをやってしまうと若い先発投手に妙なプレッシャーがかかる。

この攻撃の後、遠藤は崩れる。

先頭の木浪は打ち取ったあたりながらも内野安打。こういうのを切り替えられるかってのは重要だよな。「打ち取ったのに…」と引きずるのは良くない。

次打者は打撃にも定評がある西。まぁ阪神ベンチからするとここは送りバントのサインだよな。

下位打線から始まるこの回は得点圏にランナーを置いて上位で同点狙い。相手はこういう策をとってくるのはほぼ100%。それなら、初球からやらせてしまえばいいのよ。一つアウトを稼げばいい。それなのに初球、2球目とはっきりとわかるボールだったよな。一体何を警戒していたのか?

結局カウントを悪くして西に四球を与えてしまった。この辺、少し遠藤の表情がカリカリしてきているように思えた。自分に腹が立ったんだろうねぇ。

それと先制した1点を何とか守ろうという気持ちが強かったのかもしれん。何としてでもバントはさせない。その力みも感じられた。この辺も「若さ」が出たのかもしれん。

弁護するわけじゃないけど、最後のボールはストライクのような気がする。まぁ西がバットを引いたんで審判もつられた印象がある。西の方が色んな部分で1枚も2枚も上手よ。

これで少し頭に血が上った遠藤。変化球がより一層暴れはじめた。この辺、坂倉のリードも若さが出たように思う。

この日の遠藤はまずスライダーのコントロールが非常に悪かった。チェンジアップもカーブも不安定。悪いにもかかわらずカウントを取りに行く球として要求し続けた印象がある。

もちろん安易に真っすぐでストライクを取り行ったのを狙われるのイヤだったってのはわかる。でも、ストライクはコースや空振りだけじゃない。ファールだってカウントを稼げる。

実際にこの試合で遠藤の真っすぐをはじき返した阪神の打者はいない。ならば真っすぐ主体でカウントを整えるリードでもよかったように思う。まぁ試合をしながら変化球のコントロールを何とかしたいという気持ちもわかるし、同じ球種を続ける怖さもあっただろう。

話を戻そう。西に四球を与えてカリっと来た遠藤。ここで近本をファーストゴロに打ち取った。ここでランナーが入れ替わる。1死1,3塁。続く上本を真っすぐで三振に仕留めた。いい真っすぐだった。ただ、ここで近本に盗塁を許す。もうバッテリーは走者のことは頭になかった。打者にだけ集中していた印象だったよな。実はこの盗塁が結構効いた。

一打で逆転を許すケース。糸井を迎えてコントロールが乱れた。多分、遠藤は糸井に投げにくさを感じているように思えた。ここは無理せず1塁が空いているので歩かせた。

続くは大山。外に2球で1-1。3球目、坂倉がグッとインコース寄りに構えた。個人的には悪くないと思う。外一辺倒よりは一つインコースに投げるだけで打者は勝手に考えてくれるからな。

ただ、それが大山の体に「当たっちゃった」(笑)。結局押し出しで同点に追いつかれた。まぁこれはある意味仕方ないこと。遠藤も坂倉もこれからやっちゃいけないことは今後何度も遭遇するであろうこういう場面で怖がって外一辺倒にならないこと。これからも果敢に行ってほしいよな。

続くボーア。第一打席でも三振に仕留めた。この打席もポポーンと追い込んだ。

遠藤曰く「気を抜いてしまった」そうな(笑)。恐らくボーアは打ち取れる。そんな手ごたえを感じていたんだろうねぇ。

恐らく引っかかってくれれば儲けものと外角へのチェンジアップが真ん中に。まぁ打たれるわな。

この日、遠藤が被弾したのは全て変化球。甘い変化球をすべてスタンドに放り込まれた。いわゆる「一発で仕留められた」わけだ。この辺の配球というかリードね、若いバッテリーには勉強になったんじゃねぇかねぇ?

勉強と言えば、カープは若い先発投手の場合、主戦の會澤やベテランの石原でもなく、いわゆる「第3の捕手」と組ませる傾向にある。昨季もアドゥワや山口の時は磯村がマスクを被った。まぁファームでバッテリーを組んだ経験あるからなんだろうけどな、これってもちろんバッテリーをひとくくりにして「勉強」させてるんだろう。でも、それだけが勉強ではないと思う。

ベンチで遠藤が會澤からアドバイスをもらっているシーンがあった。こういう経験のある捕手と組ませる。逆に坂倉がマスクを被る時には大瀬良やジョンソン(やりづらいだろうけど…)と組むのも勉強になるんじゃねぇかねぇ?

困った時の配球やアウトの取り方、考え方ね、こういうのを経験豊富な選手と組むことで覚えることが沢山あるんだと思う。まぁ會澤と組むとちょっと若手は委縮するかもしれんけどな(笑)

さて、これで4連敗。なんでも金曜に中止になった分が今日に振り替えられるらしいねぇ。無観客ならではだよな。

ただ、このムードでやりたくないというのが正直なところかねぇ。流れを変えたいよな。

先週はエースと裏エースがそれぞれスライド登板という不運も重なった。守護神が不在も響いた。今、チーム状態は最悪だろうねぇ。

ここはまず先発が試合を作り、打線が序盤から相手先発を潰す。これに限る。

とはいえ、今日の先発は床田。前回不甲斐ない投球を見せてしまっただけに、名誉挽回できるかどうかだよな。

対するは中田。中日時代は苦手にしていた印象はあるけど、前回の登板でも打ち込まれていた。両投手とも背水の陣。打撃戦になるかな?

雨天中止で結局9連戦になっちまった中での連敗スタート。この9連戦が踏ん張りどころになる。ここで連敗が伸びれば、試合数が少ないだけに早くも「脱落」してしまう可能性もある。頑張ってほしいよな。

にほんブログ村、ブログランキング参加中です!ポチっとやってくれるとありがたいです!<
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
最新の記事を見逃さない読者登録はこちらへ↓<
ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!
Mageちゃんの鯉恋日記3 - にほんブログ村
Advertisements
にほんブログ村、ブログランキング参加中です!ポチっとやってくれるとありがたいです!<
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
最新の記事を見逃さない読者登録はこちらへ↓<
ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!
Mageちゃんの鯉恋日記3 - にほんブログ村