監督の勝利への執念の差がモロに出て5連敗。森下で負けたらどれだけ連敗が続くのか!?

監督の勝利への執念の差がモロに出て5連敗。森下で負けたらどれだけ連敗が続くのか!?

 「広島2-3巨人」(3日、マツダスタジアム) 先発した広島の森下暢仁投手(23)は7回3失点、自己最多タイの12奪三振と力投したが、一発攻勢に泣いて3敗目(3勝)を喫した。

情報源: 広島・森下プロ初の1試合3被弾で3敗目「もったいない点を与えてしまった」

123456789R
読売ジャイアンツ
1
0
0
0
0
1
1
0
0
3
広島東洋カープ
0
0
2
0
0
0
0
0
0
2

よく、昔から「カープは鯉のぼりの季節まで」なんてぇ言われたものよ。3連覇時代はそんなことを忘れていたけど、連続でBクラスが続いて再びこのフレーズが頭によぎるようになってきた。昨日も巨人との接戦を落として5連敗。この連戦もちょうど5月5日まで続く。ここまで連敗が伸びれば7連敗で借金も6。そう簡単に返せないところまで膨れ上がってくる。佐々岡カープ、踏ん張りどころだよな。
対する巨人も踏ん張りどころだった。中日に連敗して広島に乗り込んできた。この日は首位の阪神はゲームなし。負けてさらにゲーム差を広げるわけにはいかないし、カープと同様にズルズルと連敗する可能性もある。今季巨人はカープには分が悪い。前回の対戦も6点差を追いつきながらも敗戦。この日のゲームでも9回1点リードをひっくり返されそうな場面に直面した。ここで逆転サヨナラを食らうとかなりムードが悪くなる。その辺の見立てから原監督の采配には投手を何人使っても1点を守り抜く執念を感じた。このゲームで勝利への執念に対する「監督の差」の縮図を見せらた。そう感じた同志も多かったんじゃねぇかねぇ??

絶対に勝つという執念は原監督に軍配

今日はゲームを遡って書くとしよう。9回裏の攻撃ね、なんだろう??巨人ファンよりカープファンの方が手に汗握っちゃたんじゃぁないか??(笑)。そらそうよ、開幕からずっとここまで「あと1本が出ない」と佐々岡監督の嘆き節を何度聞いたことか。そして2死満塁で出てきた代打が広輔。巨人ベンチは左の高梨を送るもすでにカープベンチに残っているのは三好だけ。三好の打撃と広輔の打撃。左対左よりもこの二人の打撃、どちらに期待できるかという判断だったのだろう。広輔も打撃は少し上向きという話も聞く。広輔に賭けたベンチの判断は間違えてはいないと思う。
それ以上に感じたのは勝つ為にはなりふり構わない監督の選手起用ね。アタクシは最後はここの差、だったように思う。
巨人は抑えのデラロサが不在。取り合えずビエイラを抑えに座らせているけど、おっかなくて使えない。ましてや点差は1点。9回先頭の安部が左ということで8回に投げた中川を回またぎさせて安部を仕留めた。9回1点差。先頭打者を出すか出さないかで大きく違うよな。終わってみれば、この中川の回またぎで取ったアウトひとつが効いたように思う。しかし1アウトを取ってあげてもビエイラがピリっとしない。松ちゃん、小園に連続ヒットが生まれた。ここで原監督はビエイラを諦めた。この判断ね、同じ状況をカープに置き換えた時、佐々岡監督はここでスパッと代えられただろうか??アタクシは原監督がここでビエイラをバッサリと代えた時点で巨人ベンチに「今日は何がなんでも勝つ」という原監督の意思が一気に伝わったように思う。代わった桜井が石原を何とか三振に打ち取った。ボールは力が入ってシュート回転していたからな、打てそうな感じもした。これを見て原監督は桜井も危ない。そう感じたのだろう。一番危険な菊池と勝負せずに満塁策。代打広輔を告げたところで高梨をコールした。9回を4人の投手で守り切る。これ、サヨナラ食らってもファンは納得するんじゃないかねぇ??やるだけのことはやった。それでダメなら仕方ない。ん~カープベンチはこういう野球はきっとできないだろうねぇ。

最後の最後に響いた會澤のベンチ外

マウンドに高梨が上がっても広輔がそのまま打席に立った。「會澤がおるじゃろ!?」思わず叫んでしまった。昨夜は夕食後に仕事の資料を作りながらの観戦だったのでテレビの音は消していた。放送中に會澤がベンチ外という情報があったのかもしれんけど、アタクシは知らなかった。「なんで、會澤使わんのじゃ!?カープベンチはヘボじゃのう」なんてひどいことを言ってしまった。後でTwitterでベンチから外れていることを知った。暴言に反省しているよ(笑)。
まぁ仮に會澤がベンチに入っていたら、9回を待たずして代打で出していたかもしれん。でも會澤が入っていれば、広輔の場面で右打者、中村奨当たり残っていたかもしれん。この辺ね、どうやら會澤は足の具合がよくないらしい。もちろん休むことも必要だし、ベンチの判断を批判するつもりはない。ただ、このゲームに限って言えば會澤がいたらなぁというのはあるよな。

それでもカープベンチは代打の代打を使ってほしかった

広輔の打球が力なくファースト方向へ転がっていった。これで敗戦。原巨人の執念の継投の前に敗れ去った形になった。唇を噛んで球場を後にした同志も多かっただろう。悔しい負け方だよな。最後は原監督の継投策に佐々岡カープが押し切られた。この構図が出来上がってしまったからなおさらなんだと思うのよ。ここは結果はどうあれ、ベンチに残っていた三好を代打でコールしてもよかったのでは??どうしてもアタクシはそう思ってしまうんだよな。別に広輔が悪いわけではないし、三好だって打てる保証はない。ただ、原監督の繰り出す継投策に対して佐々岡カープが「受けて立つ」というファイティングポーズを取ってほしかった。まさか、ここで高梨をぶつけてくるなんて想定外だったのだろう。
カープベンチは広輔をそのまま立たせたところで高梨は慣れ親しんだ左打者との対戦で本来の力を出し切れたのだろう。簡単に広輔を追い込んだよな。2死満塁。押し出しで同点のケース。少しでも気持ち的に優位に立った方が有利に決まっている。まぁ佐々岡監督のやさしさというかねぇ??広輔なら何とかしてくれるだろうとね、最後は執念の差のように思った。原巨人はやるだけやった。カープは最後は広輔に賭けたとういうよりは広輔の顔や実績に任せたような形に感じた。やるだけやった巨人がこのゲームを取ったことでベンチの差が際立った印象がかなり残ったように思うねぇ。

森下でも負けた!!連敗地獄はいつまで続くのか??

この連敗中は先発投手が打ち込まれる場面が多かっただけにこの日の先発森下に連敗ストップを託した同志も多かっただろう。投球は素晴らしかったように思うけど、3発打たれたんじゃぁ勝てないよな。球は非常によかったように思う。ただ、森下の場合は球数がどうしても多くなる。この辺は多彩な球種を持っている器用な部分が災いしているように思うけど、森下ほどの投手ならもっと球数を少なくしていけないかなぁといつも思うんだよな。それと長打を食らうケースというのは大体球が捕手の要求通り行っていない球が多い。こういう球というのは逆球だったりシュート回転して長打を食らうパターンになり勝ち。数少ないそういった失投をとらえられたわけで、悔しさもあるだろう。森下でも連敗を止められなかった。中5日の登板も実らなかった。残念だよな。

追加点を奪えなかった打線にも責任が

しかしカープ打線は効率が悪いよな。調子もいい打者とそうでない打者がはっきりしているように思う。菊池や誠也はいいけど、下位打線につながりがないし、羽月もここに来てヒットが出ていないし、持ち前の粘りも影を潜めているように思う。まぁ連敗中というのはこういうものだけどな、巨人打線に打たれた気はしないけど、結局は3発のソロを食らっての敗戦。あと1本が出ないチームは何もカープだけではない。その状況を一発長打で補っている部分はどこにだってある。しかしカープの場合はその1発を期待できる選手が正直誠也くらいしかいないってこと。ここなんだよな。クロンにその期待がかかっていたけど、どうやらその目論見は外れたようだし、球団はその場合のことを想定していたのかいなかったのかわからんけど、クロンがダメなら…という場面での代えがいないのが現状だよな。これはアタクシは佐々岡監督の責任ではなく球団の編成の問題だと思う。この戦力で秋までやっていけるのか??そろそろ「名前」だけでスタメンを組まずにどんどん抜擢していった方が夏から秋に戦力が上がるように思う。まぁとにかく連敗は早く止めたいよな。じゃないと交流戦でシーズン終了なんてことになりかねないからねぇ。

(Visited 740 times, 1 visits today)
にほんブログ村、ブログランキング参加中です!ポチっとやってくれるとありがたいです!
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ