菊池はいったいどんな「打者」を目指しているのか?飲んだらいっぺん聞いてみたい。

菊池はいったいどんな「打者」を目指しているのか?飲んだらいっぺん聞いてみたい。

 「巨人-広島」(31日、東京ドーム) 広島が初回に1、2番コンビの一発で先制点を奪った。

情報源: 初回先頭打者から2者連続本塁打、西川10号、菊池涼7号 球団では27年ぶり

昨夜は外出していて試合が観れたのは本当に最後の最後だけ。フランスワが火消し+クローザーで締めた。どうだろう?フランスワの使い方ってのは今後もこういう場面が増えそうだよな。

あまり使いすぎて勝負の9月にバテるなんてぇことにならんといいけどな。

試合はプレーボールからいきなりの2連発で主導権を握った。龍馬はこれで月間4本の先頭打者ホームラン。たいしたもんだよ。続く菊池もレフトスタンドへ。あの体からあぁいう打球が行くってのが本当に不思議というかね、まぁそれはあとで書くとしよう。

3回の誠也のタイムリーが結局は巨人に重く圧し掛かった。さすが4番の仕事だよな。ただ、あのイニングにもっと引き離せなかったかと少々悔いが残る。

この日の5番はメヒア。まぁレグナルトが休養から戻ってくるまでの期間限定だろうけど、結局メヒアがブレーキになっちまった。試合後映像で見たけどこの回のゲッツーも紙一重だった。でもアウトはアウトだしな、ここに前の試合で久々の一発を打った松ちゃんだったら…!?と思わず考えてしまう同志も多かったんじゃねぇかねぇ?

ジョンソンは序盤、球数が多かったけどさすがに安定している。6回を無失点。本音を言えばもう1イニングいけたら、もう少し楽に勝てたかもしれん。まぁ贅沢は言わんよ(笑)。

期待の若手、遠藤は勝ちゲームの7回に組み込まれた。出世だよな。まぁただツーラン食らってしまった。一発の怖さというかねぇ?このポジションで投げるなら一発は厳禁。まぁいい薬になったろう。これも経験よ。

試合を見ていないんで細かい寸評はなし。なので今日は菊池のことについて。

昨日は打ったホームランの打球ってのは、何度も言うけど決して大きくない体からは想像できない。よく飛ぶんだよな。

2番という打順、そして菊池の選手としてのイメージと実際の菊池のプレーぶりのギャップというかねぇ?そういうのを感じる同志も多いんじゃねぇかねぇ?

2番打者としてはバントもうまい、右打ちもうまい、バットに当てるのもうまい。まぁ最高の2番打者だろうねぇ。どの球団もこの2番という打順には結構苦労しているし、巨人も坂本にやらせたり、DeNAは筒香に打たせたり、昨日は宮崎と日替わりだよな。

長きにわたって2番打者を務めているわけだけど、最多安打のタイトルを取った後ってのは打率が.250前後。なんかもっと打ってもおかしくない。そう思ったこと、ないかい?(笑)

たしかに2番打者ってのは色んな役割があって、チームのために打席を犠牲にすることは多いのは確か。でもあの右打ちだったりってのをもっとやれば率は上がると思うんだよな。

それでもチャンスの場面で大振りが目立つ。ポップフライとか三振もやらかす。でも昨日のように一発を打ったり、今年の得点圏打率はリーグトップ。なのに打率は.265。もう2,3分高くてもおかしくないよな。

アタクシはこの菊池の「二面性」に喜ばせてもらったり、怒らせてもらったりしている(笑)。一体、菊池という選手は打者として何を目指しているのだろう?飲んだ勢いでいっぺん、聞いてみたいもんよ。

今オフ、菊池はポスティングでメジャー行きを表明している。向こうで通用するか否かは別として、そっちの野球を追及しているのだろうか?確かにメジャーではバントやエンドランの技術ってのは宝の持ち腐れになるかもしれん。そればかり追求していたらメジャーのパワーやスピードについていけない。これはすごくよくわかるわけよ。

まぁそういったものに対応できるようにという部分もあるのかねぇ?

確かにプロ野球選手というのは4番でエースの集まりだから、大きいのを打ちたいというのはわかる。でも、プロで生き抜くために選手たちは自分の長所を磨いたり、チームがどんな役割を期待しているのかを察知して技術を磨く。「4番でエース」だった自分に別れを告げるわけだよな。

2番という役割を全うするほどの技術を磨いてきた。でも「2番打者」として打席に立たない菊池は「強打者」を意識してるんだろう。

昨日のホームランや巨人戦初戦のタイムリーツーベースヒットをみてもわかるように、菊池は体の前で打球を捉え、押し込むような打撃を意識しているように思う。これはタイミングが合えば長打を期待できる反面、タイミングが崩されるとにっちもさっちも行かなくなる。ある意味一か八かって感じだよな。だから打率が安定しない。その反面、長打は増える。

追い込まれてもおっつけて食らいつこうという意識はあまりないんだろうねぇ。それをやればいいのに打法を変えんから物凄く淡白に見えることもあるよな。

ファンはどうしても「2番菊池」「曲者」というイメージで菊池を見てしまう。でも菊池は遠くへ飛ばすことを意識している。そら、ギャップが生まれて当然だよな。

その打法がメジャーを意識してのことなのか、もともと菊池という打者はそういう打者なのか?まぁこの辺は謎だけどな、いっぺん、菊池と飲めるならぜひ聞いてみたいよ(笑)。

さて、巨人との3連戦は2戦目を取れた。まぁペナントってのは中盤以降は勝った後の試合の重要性というのがどんどん増してくる。今日の試合も大事だよな。まぁ 今日は地元の花火大会なんでまた試合は見れんのよ(泣)

今日の先発は野村。個人的にはとても心配(笑)。どれだけ巨人打線を少ない球数で料理できるかだろう。打たせて取る本来のピッチングができればいいけどな、慎重になりすぎて球数が増えるようだと早々にKO、試合が壊れることも十分に考えられるよな。

対する、巨人は左のメルセデス。パワーピッチャーだよな。今日も松ちゃんのスタメンはないのかねぇ?

DeNAが非常にいい勝ち方で追い上げてきている。まぁ巨人からしてみればDeNAもカープもおっかねぇだろう。カープはDeNAの後ろに隠れて追いかけていけばいい。巨人がこっちに落ちてきてくれれば面白い展開になるからな。

にほんブログ村・ブログランキング参加中!ポチッとお願いします!
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
このエントリーをはてなブックマークに追加