好投手相手に「攻撃的オーダー」「守備軽視」で挑んで完封負け。ベンチは反省を。

好投手相手に「攻撃的オーダー」「守備軽視」で挑んで完封負け。ベンチは反省を。

 広島先発のクリス・ジョンソン投手(34)が5回3失点で7敗目(8勝)を喫した。

情報源: 【広島】ジョンソン久々失点で判定や無援に恨み節「もっと点を取らないと!」

野球ってのは球審の判定でゲームの流れが変わる。特にストライク、ボールの判定は投手の調子に非常に影響してくるし、攻撃する方も球審の傾向というのをつかんで、配球を読んだり、待つボールを決める。だからさっきストライクと言っていた球をボールと言われれば投手はリズムを崩す。さっきボールだったのが今度はストライクと言われれば打者は疑心暗鬼になって何でも振りに行ってしまう。

野球を経験した人なら、練習試合や紅白戦なんかで球審やった経験はあるだろうねぇ。アタクシは草野球で一番下っ端だったときに結構やらされた。

草野球、それも大してレベルの高くねぇ同好会レベルのチーム。野球は好きだけど、これまで経験がなかった人たち、まぁどちらかというとガリ勉(死語?)タイプの集まりのチームだったからね、審判やれって言われてもみんな自信がない。だから多少経験のあるアタクシにお鉢が回ってくるってわけよ。

中にはプロレベルくらい厳しい判定をする人がいて、みんな下手クソだからな、試合が進まない。みんなフォアボールなんだよ(笑)。低学年の少年野球みてぇなもんよ。

アタクシが球審するときはまず大きな声で「ストライクゾーン甘めに取ります!そのつもりでお願いします」と一声かける。

すると打者が多少ボールでも振ってくるから試合の進行が早い。やはり野球は試合が進むとみんな集中する。信じられないファインプレーが出たりな、やっぱり球審ってのはある意味オーケストラの指揮者みてぇな部分もある。大事だよな。

初めに行っておくけど、アタクシは審判の判定が仮に間違えていてもそれも野球だと思う。だからあの審判だから負けたというのは好きではない。逆にあの審判で勝ったなんてぇのは相手に対してのリスペクトに欠ける。まぁもっというならスポーツマンシップに反するということ。まぁ人間のやることだからな。腹の虫は収まらんかもしれんけど、切り替えも必要よ。

うちのクリス君は何年野球やってても、そこがわからないんだよな。まぁ選手の性格によるけど、この試合の球審とは相性が悪かったということだよな。ならば、それなりにやればいいし、ジョンソンはそれなりの投球をやってくれていたと思う。これは評価していいと思うわけよ。クリス君、がんばった!

そうなると守備で足を引っ張られるってのが、普通の試合以上にダメージがデカい。暑さもイライラの要因だし、球審とも戦っている分、心のスタミナの消費ってのは半端ないと思う。

そこで、ポロっとやられるとな、まぁミスはつきものだけど、「そんなら もっと打てや!!点取れや!」と。気持ちはわからんでもない(笑)。

しかし、気が付くとカープの内野陣、1年前に比べると大幅にメンバーが変わったよな。ショートに小園、ファーストにバティスタ。サードあたりに安部がいるとそんな感じはないけど、内野陣にドミニカン二人入るとやはり大きく変わるよな。去年なら大事な試合ならファーストに新井さんもいただろうしな、そういう意味での安心感ってのはあったよな。

まぁ 恐らくだけど、ベンチは守備<攻撃の考えがベースでのスタメンだったんだろうねぇ。まぁメヒアも助っ人枠の絡みもあるから、結果を残せば投手2、野手2ってのも選択肢として持ちたいと考えてたんだろうねぇ。

ところがDeNAにバント攻めで内野の綻びを突かれた。まぁそれにまんまと引っかかったわけで、内野の乱れを誘ったよな。

それと本来なら左投手なら三好のサードもあったはず。守備ではこっちの方がはるかに上だもんな。

プロ野球ニュースでデーブ大久保さんが楽天の2軍監督時代に三好が入団。その時の印象としては守備は2軍の中でも群を抜いていたそうな。ただ、その時はショートで、逆シングルで取る打球に難があった。今、サードで使われているけど、正解だと思うなんてぇことを言っていたからな、「投手を中心とした守りの野球」をやるなら、三好なのかなぁと。

まぁそれでもベンチはメヒアを選択した。調子がいいというのもあるだろうし、濱口に対して点を取るというテーマになれば確かにメヒアなのかもしれん。

まぁ結局、そういうミスで負けたのなら起用したベンチの責任ということだよな。これからもDeNAとの対戦もまだあるし、先へ行けば行くほどミスは洒落にならなくなってくる。今後に生かしてほしいよな。

逆に攻撃陣は濱口に圧倒されて14三振。濱口の速球とチェンジアップに翻弄された。そして真っすぐのアウトコースの判定。チェンジアップの判定というものにバラつきがあったのが濱口を後押しした感は否めんよな。まぁそこをウジウジ言ってもしょうがない。文字通り「脱帽」なんだろうねぇ。次にやり返してほしいよな。

さて、三つ巴の様相を呈してきたわけだけどな、昨日は巨人、DeNAが勝ってカープが負け。先週終了時に戻ったわけで、この8月の戦いってのはこういうのを繰り返しながら、いかに脱落しないかってにかかってくる。巨人が連敗を止めてどうかってのは注目なんだよな。

この三つ巴のうち直接対決が何度かあると思う。三つ巴だから直接対決があれば、1チームは下位チームとの対戦になる。脱落しないためにはそういう時にしっかり勝っていけばいい。それと直接対決での3連敗ね、これさえしなきゃいいので8月は1勝2敗でもいいのよ。むしろ下位チームとの対戦ってのが重要になってくる。

なので、昨日は「ハイ、濱口にやられました。明日、頑張ります」で許してやってほしいかな(笑)。

ジョンソンも決して調子が落ちてきているわけではないと思うからな、切り替えて次の登板も頑張ってほしいよな。

さぁ今日の試合はできることなら勝っておきたい。そんなこと言えるのは初戦取っているからに外ならん。負けてもそれほどではない。上位チームにプレッシャーを与えるためにもね。何度も言うけど、ここで首位にがんばって立つ必要なないのよ。あくまで勝負は9月。でも3位にピタッとカープがくっついているだけで、上の2チームは不気味なのよ。なんてったって3連覇しているチームなんだからなおっかないに決まっているのよ。慌てる必要はない。もっともっと苦しめてから…性格悪いかねぇ?アタクシは。(笑)

先発は野村。前回巨人戦は予想外?に好投してくれた。立ち上がりは不安だったけど立ち直ってくれたよな。

とにかくカウント負けしないことだろうねぇ。ボール先行になるとどうしてもDeNA打線の「圧」にやられてしまう傾向にある。本来の打たせて取る投球ができるかに注目だよな。

DeNAは京山。大貫と入れ替えだな。デビューした年はやられた記憶があるけどな、そんなに苦にしていない。打線は早めに点を取ってあげて野村のペースで試合を進めたいよな。

三つ巴ってのは面白い。普段は勝った負けただけだけどな、ここに順位も目まぐるしく変わってくる。ポイントは巨人が連敗止まってどんな野球をするのか?さほど変わっていなければ、案外巨人が先に脱落するかもしれん。

もちろん、カープだってその危険性はある。順位は一番下だし、置いてけぼりくらう可能性が一番あるわけだからな。

打って勝つのは楽なのよ。でも守って勝つ1勝というのはただ1勝よりも重いし価値がある。そういう意味では相手が濱口で打てそうにもないって気持ちもわからんわけではないけど、内野にドミニカンを二人配置し守備軽視をチョイスしたベンチで負けたという見方もできる。守備の乱れがなければ、もっと攻撃にもリズムができたかもしれんしな。なんか1試合を粗末にしたような気がしてならん。ま、切り替えて今日、頑張ってほしいよな。

にほんブログ村・ブログランキング参加中!ポチッとお願いします!
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
このエントリーをはてなブックマークに追加