DeNAの勢いを跳ね返せずに4連敗…勝負の9月を前にこのまま終わってしまうのか??

DeNAの勢いを跳ね返せずに4連敗…勝負の9月を前にこのまま終わってしまうのか??

 「DeNA3-0広島」(21日、横浜スタジアム) 広島は今季11度目の完封負けで4連敗。DeNA戦は1分けを挟んで7連敗した2001年以来21年ぶりの6連敗となった。先発の大道が序盤にソロ本塁打3本で3失点し、攻撃陣も6安打無得点。借金は今季ワーストタイの6に膨らみ、3位・阪神とは2・5ゲーム差に開いた。Aクラス争いに踏みとどまるためにもここが正念場だ。

情報源: カープ Aクラス入り正念場もまだまだ諦めない! 3連勝中の燕戦で巻き返せ!

土曜日のゲームは負けはしたけど非常にいい戦いを見せてくれたと思う。ノッてるベイに食らいつくも惜敗…それでもこういう野球ができるのならば、未来は決して暗くない…かな??3戦目もカープの粘りを期待していたんだけど、結果は今季11度目の完封負け。最後の最後までこちらに流れを持ってこれなかった。これもDeNAの勢いなのか??いやいや、アタクシはこのゲームにカープの問題点というかねぇ??このブログでも言い続けてきたことがちりばめられていたように思うねぇ。

大道に「自信」が感じられない

両チームの先発は大道と京山。カープ打線自体は京山をそれほど苦手にはしていないし、ゲーム開始前は大道が何とか粘り、2巡目くらいで打線が京山を捕らえられれば、という展開を予想していた。しかし先手をDeNAにとられ、1~3回まで3イニング連続被弾と大道がピリッとしなかったよな。

特にガックリきたのは2回。先頭の柴田にヒットを許すも続く伊藤光のところで三振ゲッツー。ここを0で抜ければという場面。打者は9番、投手の京山。今季はヒットも打っていない「打者」だから誰もが安パイだと思っていた。ところがこの京山に一発を打たれた。打たれた大道もそうだけど、この一発でベンチも野手も、そしてカープファン同志も「ガクン」と来たことだろう。この一発が非常に痛かったよな。

大道はこのゲームで3発打たれたんだけど、全部ストレート。大道ってこんな投手だったっけ??。そんな風に見ていた。入団当初はもっと生きた、意思を持った真っすぐを投げていたような気がしていたんだけど、かなりおとなしくなった印象だよな。

もちろんあの時はリリーフでの登板が多かったし先発に回ってからは力を抜いて投げているのだろう。それと入団当初の課題であったコントロールね、この改善のためにフォームを落ち着かせたというか、力感がなくなったよな。

マウンドでも入団当初は「打てるもんなら打ってみろ」と自信に満ち溢れていたけど、少なくとも昨日の登板からはそういった自信の欠片も感じられなかった。「なんか、しっくりいかない」そんな感じに見えたのはアタクシだけだろうかねぇ??

相次ぐ先発陣の脱落でおそらく次の登板もあるだろうけど、せっかくのチャンスだからな、ギラギラしていて初めて大道の良さが出ると思う。頑張ってほしいよな。

韮澤がプロ初ヒットをマーク!!

そんな寂しい内容だったこのゲームの中で唯一といってもいい明るい話題は韮澤のプロ初ヒット。うれしいよな。外よりのスプリット系の球を逆らわずに鋭く振りぬくと打球はあっという間のサードの横を抜けていった。この日CS放送の解説・佐伯さんも素晴らしい打撃と唸っていた。

1塁ベース上、これまで見たことのない角度からの1軍の風景を嬉しそうに眺めていた韮澤の表情が印象的だった。これでようやくプロの1歩目を踏み出した。守備では菊池かよ!?と思わさせるプレーも見せてくれている。菊地、小園、上本の離脱で回ってきたチャンスだけど、ベンチに韮澤はもう少し見たいと思わせるようにどんどんアピールしてほしいよな。

DeNAに7連敗…

開幕からカープは6連勝と開幕ダッシュに成功した。開幕の相手はこのDeNA。続くカードは阪神だった。その後もこの2チームからカープは貯金をして、交流戦で吐き出した(笑)。残り試合も少なくなった今、対阪神に対してはそうでもないけど、DeNAにはこれで7連敗。どうもカープは同じ相手にやられ続ける傾向にあるよな。

逆に開幕から勝てなかったヤクルトには前回はマツダで3つ勝ったし、その前も2勝1敗と勝ち越した。本当に不思議だよな。

8月に入ってからのカープは連勝、連敗を繰り返している。連勝は悪くないけど、連敗が多いのはやはり、切り替えだったり、立て直しが遅いということだろう。確かにコロナや先発投手の不振でベストな状態ではないけど、一度マイナス方向を向くとなかなか立て直せないでいる。ベンチの力量もあると思うけど、プレーするのは選手だからな、戦う姿勢は常に見せてほしいよな。そういう角度から見るとこの日の先発の大道には少しがっかりしたし、京山の一発という予期せぬ衝撃から、ゲーム中に立ち直れなかった。そんなカープのひ弱さ、打たれ弱さを感じさせたゲームだったよな。残りDeNAとは5試合ある。やり返す気持ちを持って戦ってほしいよな。

コロナ離脱選手の復帰は来週から??

こうなるとコロナで離脱した選手の復帰が待ち遠しいよな。今日でちょうど1週間たったけど、どうやら早い選手でも来週からの復帰になりそうだと。と、なると明日からのヤクルト、巨人との6連戦ね、まだまだ我慢が続くよな。とはいってもこの6連戦も大きく負け越せば今季は終わってしまうだろう。9月から消化試合になりかねない。本当に正念場だよな。

カープがDeNAにやられまくっている間に阪神が巨人を3タテ。2.5ゲーム差と差を広げられた。カープはこの3連敗で借金6。巨人が7。両チームとも試合の消化が早いので、今のDeNAみたいに勝ち続けていかないと脱落ということになる。ただ、この2チームに関してはプラス材料があまりない。かなり厳しいだろうねぇ。やはり野球は投手。投手のいいところが上に行くってのは今も昔も変わらんよな。

主力が抜けて気づかされるカープの選手層の薄さ

コロナで選手の離脱があり、そのタイミングでどのチームも連敗したりと、本当に難しいシーズンだよな。カープも野手を中心に離脱しているけど、投手陣も床田の負傷から相次いで先発が離脱。これを機に苦しい戦いが続いているよな。

しかしこうしてみるとカープは主力が抜けると途端に選手がいなくなる(笑)。いったいどうなってるんだと嘆くカープファン同志も多いだろうねぇ。

特に先発陣は床田、大瀬良、アンダーソンと抜けてね、若い投手には大チャンスなのに、ギラギラした若手が全然出てこない。野手も内野陣に関しては小粒な走攻守のバランス型ばかり。大型内野手の期待がかかる若手がいないってのもどうなのかなぁと思うねぇ。林はどこへ行ったんだ??この辺にカープ球団の編成の偏りというかねぇ??つまらないチームになってきているなぁと感じるのはアタクシだけじゃないだろうねぇ。

今季のドラフトでは1,3塁と外野手。野手を上位で行くようなことが報じられている。それはそれでいいんだろうけど、今回はぜひ、一芸に秀でた野手を獲得してほしいよな。遠くへ飛ばす力、並外れた俊足、守備のスペシャリスト、勝負強さなどなど、バランスもいいんだけど、どうしても似たような選手が多くなってしまう。もっともっと個性を持った選手をどんどん集めてね、魅力のあるチームにしてほしいよな。例えはよくないけど、ネコ科の動物ばかりの動物園はつまらんし、魚だけの水族館もつまらない。それと同じだと思う。

それと助っ人ね、やはり野手一人は少ないよ。マクブルームはよくやっているけど、もう一人くらいマクブルームがいれば、もっと点が入る打線になるだろう。球団の編成ね、しっかりやってほしいよな。

さて、これで4連敗。明日から神宮でヤクルト戦だ。両チームとも状態は良くない。特にヤクルトは独走態勢でマジックがどうだと言っていたのが振り返ればDeNAが4ゲーム差に迫ってきた。こうなると追われる身はつらいよな。カープもかなり昔だけど、巨人にメークドラマやられているしな、気持ちはよ~くわかる(笑)。とはいってもカープも崖っぷち。まずは一つ勝ちたいよな。先発は森下が濃厚。2試合連続完封とカープの先発陣で今、勝てる唯一の投手といっていいだろう。これで負けるとかなり長い連敗が続く可能性が高まる、森下もプレッシャーだけど、頑張ってほしいよな。
野手では龍馬が少し打撃が崩れているような気がしている。故障から十分な調整が出来ずに1軍に上がってきて疲れも出てきているのかもしれん。それでも今が踏ん張りどころ。頑張ってほしいよな。

(Visited 519 times, 1 visits today)
にほんブログ村、ブログランキング参加中です!ポチっとやってくれるとありがたいです!
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ